本文へ移動します

システムデザイン研究科

 世界はすでに、「第4次産業革命」に突入しました。ものづくりや様々なサービスに関わる世界中の企業・組織がインターネットや衛星通信で結ばれ、人工知能を援用して、個人の嗜好を重視した今までにない価値が生み出され、生産性や利便性の大幅な向上が図られています。大学院システムデザイン研究科では、このような産業構造のダイナミックな変化に対応するために、従来の工学において普遍的に必要とされる要素技術の分析・解析能力に加え、全体をシステムとして捉え、機能と感性の融和を重視した総合的で分野横断的なシステム設計・開発能力を有する国際的な研究者・技術者を育成します。そのために本研究科の5つの学域は、お互いの連携を重視しながら、専門分野の高度な知識と応用力・創造力、そしてそれらを基礎として涵養される問題発見・解決力を付与すべく研究教育を行っています。この教育目的に沿って自己研鑽し、最先端の研究開発・表現に情熱を持って取り組むことのできる人を求めます。

INDEX

情報科学域

【博士前期課程】
1 理念

 情報科学域では、現代の高度情報化社会を支える情報科学の諸技術を幅広く修得することを通して、情報科学に関する深い知識と広い視野を備え、国際的に通用するコミュニケーション力を持つと共に、絶えざる技術革新が進む情報技術に対応できる人材の育成を目指しています。

2 求める学生像
  1. 先進的な情報科学分野の知識・技術に幅広く興味を持っている人
  2. 情報処理技術、情報通信技術、それらの基盤となるシステム技術における新しい創造に対して主体的に取り組む意欲を持っている人
  3. 情報技術の基礎理論系、アーキテクチャ系、コンテンツ系に関する専門的基礎知識をしっかりと身につけている人
3 入学者に求める能力
  1. 情報科学に関する基礎的な学力・技術と情報科学全般に関する幅広い知識
  2. 自らが主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
  3. 国際的な視野から情報科学の研究や技術開発を進めるために必要な語学力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。

<一般選抜>
 筆記試験、英語外部共通試験スコア、面接及びその他の提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し、第二次試験(筆記試験、英語外部共通試験スコア及び面接)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

【博士後期課程】
1 理念

 情報科学域では、情報科学に関する高度な専門知識・技術と国際的に通用するコミュニケーション力を基盤として、情報科学の進展に貢献する新たな理論や情報化社会を支える技術を開拓できる人材の育成を目指しています。

2 求める学生像
  1. 先進的な情報科学の専門知識・技術をしっかりと身に着けている人
  2. 情報処理技術、情報通信技術、それらの基盤となるシステム技術における新しい創造に対して主体的に取り組む意欲を持っている人
  3. 国際的に通用するコミュニケーション力を有している人
3 入学者に求める能力
  1. 情報科学に関する深い専門的知識と高度な技術
  2. 自らが主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
  3. 国際的な視野から情報科学の研究や技術開発を進めるために必要な語学力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は、4月入学が夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。また、10月入学者の夏季選抜試験も実施します。
なお、海外在住の志願者に対しては、インターネットを用いた口頭試問を認めることがあります。

<一般選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し第二次試験(口頭試問)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

電子情報システム工学域

【博士前期課程】
1 理念

 電子情報システム工学分野の高度な専門教育と課題研究を通して、情報システム技術及び電気電子通信システム技術に関する総合的知識の基盤を形成し、課題解決や課題発見能力、高い倫理観及び使命感を兼ね備えた創造的な技術者並びに研究者の育成を行っていきます。

2 求める学生像

 電子情報システム工学域では、情報システム技術及び電気電子通信システム技術に関する先駆的な研究を通して人材育成を行うことを目指しており、以下のような学生を求めます。

  1. 電子情報システム工学を基盤とした幅広い分野に興味を持っている人
  2. 情報システム技術及び電気電子通信システム技術における高度な専門知識の修得と新たな創造に対して主体的に取り組む意欲を持っている人
3 入学者に求める能力
  1. 志望分野に関する十分な専門的知識
  2. 情報システム技術及び電気電子通信システム技術に関する専門的知識並びに専門分野のみならず広い分野の知識
  3. 情報を正確に理解し、考えをまとめて表現するための語学力
  4. 状況に応じてより的確な判断を下す論理的思考能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。

<一般選抜>
 筆記試験、英語外部共通試験スコア、面接及びその他の提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し、第二次試験(筆記試験、英語外部共通試験スコア及び面接)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

【博士後期課程】
1 理念

 電子情報システム工学分野の高度で先端的な専門教育と課題研究を通して、情報システム技術及び電気電子通信システム技術に関する総合的知識を実践的に形成し、高度な課題解決や課題発見能力、高い倫理観及び使命感を兼ね備えた創造的な研究者並びに技術者の育成を行っていきます。

2 求める学生像
  1. 電子情報システム工学分野の研究の一翼を担う使命感を持ち、電子情報システム工学分野で卓越した知を創出することのできる人。
3 入学者に求める能力
  1. 志望分野に関する深い専門的知識
  2. 情報システム技術及び電気電子通信システム技術に関する専門的知識並びに専門分野のみならず広い分野の知識
  3. 先駆的な研究課題を自ら設定することができ、課題を解決する能力
  4. 使命感を持って研究に取り組み、技術開発を通して社会や環境へ貢献する意欲
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は、4月入学が夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。また、10月入学者の夏季選抜試験も実施します。
 なお、海外在住の志願者に対しては、インターネットを用いた口頭試問を認めることがあります。

<一般選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し第二次試験(口頭試問)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

機械システム工学域

【博士前期課程】
1 理念

 機械システム工学域では、都市生活における人間の安全性と快適性及び地球環境や社会の持続可能性に配慮した先進の機械システム工学の教育を基盤とし、学際分野、未開拓分野にも対応可能な創造性や応用展開力を有する技術者・研究者を育成することを目的としています。

2 求める学生像

 機械システム工学に関する先駆的な研究を通して人材育成を行うことを目指しており、次のような学生を求めます。

  1. 機械制御・メカトロニクス、サービス情報・ロボット工学等の知能機械システムの研究分野を探求したい人
  2. ナノマイクロテクノロジ、設計工学・加工学・材料工学等の機械創成の研究分野を探求したい人
  3. 再生医工学・医用生体工学・生体材料、人間工学・福祉工学等の生体機械システムの研究分野を探求したい人
  4. 上記の専門分野を習得するために必要な基礎学力を十分に有する人
3 入学者に求める能力
  1. 志望分野に関する専門的知識
  2. 機械システム工学全般にわたる基礎学力
  3. 志望分野において(分野を横断して)自らが主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。

<一般選抜>
 筆記試験、英語外部共通試験スコア、面接及びその他の提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し、第二次試験(筆記試験、英語外部共通試験スコア及び面接)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

【博士後期課程】
1 理念

 機械システム工学域では、都市生活における人間の安全性と快適性及び地球環境や社会の持続可能性に配慮した先進の機械システム工学の教育を基盤とし、学際分野、未開拓分野にも対応可能な高度な創造性や卓越した応用展開力を有する技術者・研究者を育成することを目的としています。

2 求める学生像

 機械システム工学分野の研究の一翼を担う使命感を持ち、本分野で卓越した知を創出することのできる次のような学生を求めます。

  1. 機械制御・メカトロニクス、サービス情報・ロボット工学等の知能機械システムの研究分野をより深く探求したい人
  2. ナノマイクロテクノロジ、設計工学・加工学・材料工学等の機械創成の研究分野をより深く探求したい人
  3. 再生医工学・医用生体工学・生体材料、人間工学・福祉工学等の生体機械システムの研究分野をより深く探求したい人
3 入学者に求める能力
  1. 志望分野に関する深い専門的知識
  2. 機械システム工学の研究を通じて学術の高度化に寄与する能力
  3. 志望分野において(分野を横断して)、先駆的な研究課題を自ら設定することができ、課題を解決する能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は、4月入学が夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。また、10月入学者の夏季選抜試験も実施します。
 なお、海外在住の志願者に対しては、インターネットを用いた口頭試問を認めることがあります。

<一般選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し第二次試験(口頭試問)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

航空宇宙システム工学域

【博士前期課程】
1 理念

 最先端の総合工学の結晶である航空機、ロケット及び人工衛星等の航空宇宙システムは、今日では移動手段・情報通信・気象予報等、現代社会を支える基盤技術となっています。航空宇宙システム工学域では、航空宇宙分野はもとより次世代科学技術の発展を担うことができるような応用能力に富み、広い視野を持った優れた技術者・研究者を育成することを目的としています。

2 求める学生像

 航空宇宙システム工学域では、総合工学としての航空宇宙工学である航空機、ロケット、人工衛星等の航空宇宙機の空気力学、推進工学、構造・材料工学、誘導制御工学に関する要素技術やシステム技術、更にはその開発手法や宇宙利用に関する研究を行っており、次のような学生を求めます。

  1. 先進的な航空宇宙工学を習得するに十分な学部相当の基礎学力を有する人
  2. 自然科学に関する論理的な思考力・表現力を有する人
  3. 多様な考えを持つ人たちと主体的に協働する力を有する人
3 入学者に求める能力
  1. 航空宇宙工学を学ぶ上で必須の流体力学、熱力学、材料力学、制御工学等に関する十分な知識・学力
  2. 工学全般にわたって積極的に学修する好奇心
  3. 志望分野においても、分野を横断する幅広い視野から自らが主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。

<一般選抜>
 筆記試験、英語外部共通試験スコア、面接及びその他の提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し、第二次試験(筆記試験、英語外部共通試験スコア及び面接)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

【博士後期課程】
1 理念

 最先端の総合工学の結晶である航空機、ロケット及び人工衛星等の航空宇宙システムは、今日では移動手段・情報通信・気象予報等、現代社会を支える基盤技術となっています。航空宇宙システム工学域では、航空宇宙分野はもとより次世代科学技術の発展を担うことができるような応用能力に富み、広い視野を持った卓越した研究者・技術者を育成することを目的としています。

2 求める学生像

 航空宇宙工学における各専門分野の研究の一翼を担う使命感を持ち、当該分野で卓越した知を創出することのできる次のような学生を求めます。

  1. 先進的な航空宇宙工学を習得し、優れた研究成果をあげることができる十分な博士前期課程相当の学力・研究能力を有する人
  2. 自然科学に関する論理的な思考力・表現力、新たな理論を構築できる柔軟な洞察力を有する人
  3. 多様な考えを持つ人たちと主体的に協働する力を有する人
3 入学者に求める能力
  1. 志望分野に関する深い専門的知識
  2. 航空宇宙工学の研究活動を通じて学術の高度化に寄与する卓越した能力
  3. 志望分野において、分野を横断する広い視野から先駆的な研究課題を自ら設定し、課題を解決する卓越した能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は、4月入学が夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。また、10月入学者の夏季選抜試験も実施します。
 なお、海外在住の志願者に対しては、インターネットを用いた口頭試問を認めることがあります。

<一般選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し第二次試験(口頭試問)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

インダストリアルアート学域

【博士前期課程】
1 理念

 現代の激しい社会の変化、価値観の変化、技術の革新の波の中で、これらの変化に迅速に対応し時代を先導できる柔軟で革新的な発想力を持ったクリエイターが強く望まれており、本学域では、この社会の要請にこたえるため、国際的視野を持って、新しいアプローチ、コンセプト、枠組みのデザインを創造・研究・実践するデザイナー、エンジニアの育成を目指しています。

2 求める学生像
  1. プロダクトデザイン、メディアアートの分野に関わる世界の先端的課題に創造的に挑もうとする人
  2. 人間・環境・もの・情報・システムに関わる意味や感覚に鋭敏に感応し、それらに新しい形を与える洞察力や総合力を培い高め磨くことに真摯である人
  3. 上記の意欲や姿勢を実らせるための専門的基礎力量を備えている人
3 入学者に求める能力
  1. 志望分野に関する専門的知識
  2. デザイン学全般にわたる広い知識
  3. 志望分野において自らが主体的に問題を発見し、課題を解決する能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。

<一般選抜>
 筆記試験、英語外部共通試験スコア、面接及びその他の提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し、第二次試験(筆記試験、英語外部共通試験スコア及び面接)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

【博士後期課程】
1 理念

 現代の激しい社会の変化、価値観の変化、技術の革新の波の中で、これらの変化に迅速に対応し時代を先導できる柔軟で革新的な発想力を持ったクリエイターが強く望まれており、本学域では、この社会の要請にこたえるため、国際的視野を持って、新しいアプローチ、コンセプト、枠組みのデザインを創造・研究・実践するとともに、社会の枠組みの変化さえ先導しようと発想するパイオニアの育成を目指しています。

2 求める学生像
  1. プロダクトデザイン、メディアアートの分野に関わる世界の先端的課題に創造的に挑む使命感を持っている人
  2. 人間・環境・もの・情報・システムに関わる意味や感覚に鋭敏に感応し、それらに新しい形を与える洞察力や総合力を培い高め磨くことに卓越している人
3 入学者に求める能力
  1. 志望分野に関する深い専門的知識
  2. デザイン学の研究を通じて学術の高度化に寄与する能力
  3. 志望分野において先駆的な研究課題を自ら設定することができ、課題を解決する能力
4 入学者に求める能力の評価方法

(夏季試験及び冬季試験)
 一般選抜、社会人特別選抜、外国人留学生特別選抜の三種類の選抜方法を実施し、専門能力、発想力、論理的な思考力を総合的に判定します。実施時期は、4月入学が夏季及び冬季の二回で、評価方法は両者で基本的に同じです。また、10月入学者の夏季選抜試験も実施します。
 なお、海外在住の志願者に対しては、インターネットを用いた口頭試問を認めることがあります。

<一般選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<社会人特別選抜>
 口頭試問及び提出書類によって、総合的に判定します。
<外国人留学生特別選抜>
 第一次試験(書類選考)後、その合格者に対し第二次試験(口頭試問)を行い、その結果及び提出書類によって総合的に判定します。

ページトップへ