外部英語検定試験の利用について(2025年度以降一般選抜)

東京都立大学では2025年度一般選抜の個別学力検査において、国際的に活躍できる人材を育てるため、一部の学部・学科・試験日程の個別学力検査において、高校時における4技能の習得状況を評価可能な外部英語検定試験を利用します。
対象の学部・学科・試験日程は以下のとおりです。

学部 学科 試験日程
都市環境学部 地理環境学科、都市基盤環境学科、建築学科、
環境応用化学科
前期・後期
システムデザイン学部 情報科学科、航空宇宙システム工学科、
インダストリアルアート学科
前期・後期
健康福祉学部 全学科 前期
概要

出願時に外部英語検定試験のスコアを提出した方は、「外部英語検定試験の換算得点」と「大学入学共通テストの外国語の得点」のうち、いずれか高得点の方を合否判定に利用します
外部英語換算得点については、本学が定めた換算表(以下参照)に基づいて200点満点に換算し、共通テスト英語得点(リーディング・リスニング)については、各学部・学科のR:Lの比率に基づいて200点満点に換算します。
これらのうち高得点の方を、各学部・学科の個別学力検査における外国語(外部英語検定試験/共テ併用方式)の配点に応じて再換算し、付与します。
外部英語検定試験スコアは有効なものであれば、全て(複数)提出可能です。
また、外部英語検定試験のスコアを未提出の方については、「大学入学共通テストの外国語の得点」を利用します。

外部英語検定試験の換算について

2022年4月1日以降に受験した外部英語検定試験のスコアを有効とし、提出されたスコアを本学の定めた換算表に基づき算定し、個々のスコアに応じた換算得点を付与します。

【参考】換算表のイメージ
共通テスト
英語
(200点満点)
英検
CSE
GTEC TEAP TEAP
CBT
ケンブリッジ英検 IELTS TOEFL TOEIC
L&R
S&W
200 2450 1265 342 700 170 6.5 83 1705
185 2375 1222 326 650 165 78
170 2300 1180 309 600 160 5.5 72 1560
※1 英検・ケンブリッジ英検について、換算はスコアのみに準拠して行い、合否及び級は考慮しません。
※2 TOEIC L&R/ TOEIC S&Wについては、TOEIC S&Wのスコアを2.5倍にして合算したスコアで判定します。
※3 必ずしも記載の数値通り換算するものではなく、調整が生じる場合があります。
利用可能な外部英語検定試験について

外部英語検定試験を利用する入試単位における2025年度一般選抜では、2022年4月1日以降に受験した下記のいずれかの外部英語検定試験のスコアを利用することが可能です。
利用する際に満たすべき最低スコア基準はなく、有効となる全ての外部英語検定試験のスコアを提出することが可能です。
なお、スコアの提出方法に関する詳細は募集要項等で示します。

利用可能な検定試験名 備考
ケンブリッジ英語検定

A2 Key, B1 Preliminary, B2 First,C1 Advanced,C2 Proficiency,リンガスキルを有効とし、
受験した級の合否は問わない(スケールスコアのみを本学の合否判定に採用)。

実用英語技能検定 従来型・S-CBT・S-Interviewを有効とする。IBA・プレテストは不可。
受験した級の合否は問わない(CSEスコアのみを本学の合否判定に採用)。
但し、各級のCEFR算出外のCSEスコアは不可*とする。
*3級1400未満、準2級1400未満、2級1728未満、準1級1980未満及び1級2304未満は不可。
GTEC Core,Basic,Advanced, CBTを有効とするが、いずれもオフィシャルスコアに限る。
アセスメント版は不可。
IELTS アカデミック・モジュールによるスコアに限る。
TEAP 4技能パターンに限る。2技能パターンは不可。
TEAP CBT (特になし)
TOEFL iBT Test Date Scoresを有効とし、MyBest™ scoresは利用不可。
TOEIC L&R S&W L&R/S&Wは、S&Wのスコアを2.5倍にして、L&Rのスコアと合算する。
L&R/S&Wともに公開テストに限る。いずれもIPテストは不可。
*1 自宅受験版(IELTS Online、TOEFL iBT HOME Edition等)は、全て不可とする。
*2 ケンブリッジ英語検定のリンガスキルについて、自宅受験で獲得したスコアは不可とする。
外部英語検定試験を利用する入試に係るQ&A

Q1 外部英語検定試験のスコアを持っていなくても一般入試に出願ができますか?
A1 できます。共通テストの『外国語』のいずれかの得点があれば出願できます。

Q2 外部英語検定試験のスコアを提出すれば共通テスト外国語は免除されるのですか?
A2 いいえ、本学の一般選抜では第一次試験における共通テスト外国語の受験が必須となっており、
        当該スコアの提出をもって免除されることはありません。

Q3 英検やケンブリッジ英検を利用する場合、不合格でも提出してもいいですか?
A3 英検、ケンブリッジ英検ともに級・試験種別の合格・不合格は問いません。
        利用可能な検定試験の4技能のスコアがあれば提出できます。

Q4 外部英語検定試験のスコアを出すことで不利になることはありますか?
A4 ありません。
        「大学入学共通テストの外国語の得点」と「外部英語検定試験の換算得点」のいずれか高得点の方が
        合否判定に利用されるため、不利になることはありません。

Q5 外部英語検定試験のスコアの最低基準はありますか?
A5 ありません。利用可能な検定試験の4技能のスコアがあれば提出できます。

Q6 外部英語検定試験のスコアを複数持っている場合、複数の証明書を提出してもいいですか?
A6 はい。複数の外部英語検定試験のスコアを持っている人は、複数のスコアを出願時に提出することができます。
        この場合は、最も高得点に換算されるスコア(または共通テスト『外国語』の得点のうち高得点の方)を
        合否判定に自動的に採用します。

Q7 外部英語検定試験のスコアの有効期限を過ぎていても提出することはできますか?
A7 はい。2025年度一般選抜では2022年4月1日以降に受験したスコアであれば提出できます。

Q8 自分の外部英語検定試験のスコアが何点に換算されるのか教えてもらえますか?
A8 一般選抜では、提出された外部英語検定試験のスコアを本学独自の方法により換算し、
        大学入学共通テストの「外国語」の得点と比較した上で、いずれか高い方を採用します。
        状況によっては調整が生じる場合があり、事前に換算得点をお伝えすることはできません。

Q9 『英語』以外の外国語を利用し、外部英語検定試験のスコアを提出することはできますか?
A9 『英語』以外の言語を選択できるかどうかは学部・学科・日程により異なりますので、必ず選抜要項でご確認ください。
        『英語』以外の言語を選択できる学部・学科・日程においては、『英語』以外の外国語を利用し、
        外部英語検定試験のスコアを提出できます。
        提出された場合、受験した『外国語』(英語以外の選択可能な外国語も含む)の得点と、
        外部英語検定試験の換算得点のうち、いずれか高い方を採用します。