本文へ移動します

山登 正文

氏 名山登 正文ヤマト マサフミやまと まさふみ 
職 位准教授
所 属首都大学東京都市環境学部 環境応用化学科
都市環境科学研究科 環境応用化学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 分子応用化学コース
都市環境科学研究科 分子応用化学域
 
専門・研究分野高分子構造、高分子物性、磁気科学
最終学歴・学位東京都立大学工学部卒・博士(工学)(東京工業大学)
研究テーマ高分子材料の磁気プロセッシング
1:磁場配向を利用した複合材料の開発
2:磁気モジュレータを用いた微結晶の空間配置制御
3:造核剤の磁場配向を利用した結晶性高分子の機能制御
4:磁気プロセスによる相分離構造制御
5:磁場配向を利用した異方性ゲルの創生
研究キーワード磁場配向、磁気力、異方性材料、真球、パターニング、高分子高次構造制御,ナノコンポジットゲル
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Masanari Nakayama, Satoshi Kajiyama, Akihito Kumamoto, Tatsuya Nishimura, Yuichi Ikuhara, Masafumi Yamato, Takashi Kato, Nature Communications, 9, 568.1-9 (2018), Stimuli-responsive hydroxyapatite liquid crystal with macroscopically controllable ordering and magneto-optical functions.
Yu Nabetani, Akino Uchikoshi, Souki Miyajima, Syed Zahid Hassan, Vivek Ramakrishnan, Hiroshi Tachibana, Masafumi Yamato, Haruo Inoue, Physical Chemistry Chemical Physics, 18, 12108-12114 (2016) Synthesis of double-wall nanoscrolls intercalated with polyfluorinated cationic surfactant into layered niobate and their magnetic alignment.
Naofumi Naga, Yoshie Saito, Keiichi Noguchi, Kohki Takahashi, Kazuo Watanabe and Masafumi Yamato, Polymer Journal, 48, 709-714 (2016), Magnetic-field-induced alignment of syndiotactic polystyrene.
Masafumi Yamato, Shuhei Obayashi, Takashi Nishiyama, Hideo Horibe, Kohki Takahashi, Kazuo Watanabe, Polymer, 55, 6546-6551 (2014), The effect of the structural order of isotactic polypropylene containing magnetically aligned nickel particles on its electrical resistivity.
Atsushi Mori, Takamasa Kaito, Hidemitsu Furukawa, Masafumi Yamato and Kohki Takahashi, Mater. Res. Express, 1, 045202 (2014), Birefringence of silica hydrogels prepared under high magnetic fields reinvestigated.
鈴木健誠, 山登正文, 廣田憲之,高分子論文集,71(3),112-118(2014), 磁場内溶融結晶化によるナイロン6の配向.
Shunsuke Kitajima, Masahiro Matsuda, Masafumi Yamato, Yoichi Tominaga, Polymer Journal, 45(7), 738-743 (2013), Anisotropic ionic conduction in composite polymer electrolytes filled with clays oriented by a strong magnetic field
Naofumi Naga, Gaku Ishikawa, Keiichi Noguchi, Kohki Takahashi, Kazuo Watanabe, Masafumi Yamato, Polymer, 54, 784-790 (2013), Magnetic-field induced alignment of low molecular weight polyethylene.
山登正文,金丸昌司,渕田泰司,高橋 敦,北原清志,色材協会誌,85,403-407 (2012), 磁気モジュレーターによるパール顔料の配向分布制御.
Masafumi Yamato, Yuki Kudo, Kohki Takahashi, Kazuo Watanabe, and Naoshi Kawamoto, Chemistry Letters, 40, 765-767 (2011), Magnetic Alignment of Poly(L-lactic acid) Containing a Nucleating Agent.
Masafumi Yamato, Tsunehisa Kimura, Science and Technology of Advanced Materials, 7(4), 337-341 (2006), Relationship between magnetic alignment and the crystallization condition of isotactic polystyrene.
Tsunehisa,Kimura, Masahumi,Yamato, Akihiro Nara, Langmuir, 20, 572-574 (2004), Particle Trapping and Undulation of a liquid Surface Using a Microscopically Modulated Magnetic Field.
Masafumi Yamato, Haruka Nakazawa, Tsunehisa Kimura, Langmuir, 18(24), 9609-9610 (2002), Levitation Polymerization to Fabricate a Large Polymer Sphere.
Masafumi Yamato, Tsunehisa Kimura, Chemistry Letters (11), 1296-1297 (2000), Graded alignment of polymer liquid crystalline film prepared under magnetic field.
Hiroaki Sata, Tsunehisa Kimura, Shintaro Ogawa, Masafumi Yamato and Eiko Ito, Polymer, 37, 1879-1882 (1996), Magnetic orientation of poly(ethylene-2,6-naphthalate).
受 賞2009年度 日本印刷学会 論文賞
2019年度 日本液晶学会 学会賞 論文賞A部門[b分野]
主な学会活動高分子学会、応用物理学会、日本磁気科学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 工学倫理
  • 材料熱力学1
  • 高分子マテリアル化学
  • 工学倫理
  • 材料熱力学1
  • 分子応用化学特別研究Ⅰ
  • 分子応用化学特別研究Ⅱ
  • 分子応用化学ゼミナールⅠ
  • 分子応用化学ゼミナールⅡ
  • コンピューターケミストリー
  • 分子応用化学アドバンスゼミナールA
  • 分子応用化学アドバンスゼミナールB
  • 工業概説
  • 高分子化学特論B
  • 環境応用化学特別セミナーⅠ
  • 環境応用化学特別セミナーⅡ
  • 環境応用化学特別セミナーⅢ
  • 環境応用化学特別セミナーⅣ
  • 環境応用化学特別実験Ⅰ
  • 環境応用化学特別実験Ⅱ
  • 環境応用化学特別実験Ⅲ
  • 環境応用化学特別実験Ⅳ
  • 環境応用化学実験Ⅰ
  • 環境応用化学実験Ⅱ
  • 環境応用化学実験Ⅲ
  • 環境応用化学実験Ⅳ
  • 環境応用化学セミナーⅠ
  • 環境応用化学セミナーⅡ
  • 環境応用化学セミナーⅢ
  • 環境応用化学セミナーⅣ
  • 先端機能物質化学講究Ⅰ
  • 先端機能物質化学講究Ⅱ
  • Instrumental Techniques for Material Chemistry
  • インターンシップ
  • インターンシップ
  • 海外インターンシップ
  • 海外インターンシップ
  • 高分子化学特論B
  • 分子応用化学特別セミナーⅢ
  • 分子応用化学特別セミナーⅣ
  • 分子応用化学特別実験Ⅲ
  • 分子応用化学特別実験Ⅳ
  • 先端機能物質化学講究Ⅰ
  • 先端機能物質化学講究Ⅱ
  • Instrumental Techniques for Material Chemistry
オフィスアワー月 15:00-17:00
研究室9号館137号室
内線番号内線4837
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果平成30年度~平成30年度
ページトップへ