教員イメージ
NOZAWA Masafumi
准教授

野澤 昌文 ノザワ マサフミ のざわ まさふみ

プロフィール

所属

東京都立大学理学部 生命科学科
理学研究科 生命科学専攻

最終学歴・学位

東京都立大学理学研究科生物科学専攻・博士(理学)

専門・研究分野

分子進化学、進化遺伝学、ゲノム進化学

研究

研究テーマ

【性と性染色体の進化機構】
・遺伝子量補償の進化
・Y染色体の退化や消失
・性染色体の入れ替わり過程
・性決定/性関連遺伝子の進化

【低分子RNAを介した発現調節システムの進化機構】
・microRNAの進化
・microRNAと標的遺伝子の共進化

研究キーワード

Neo性染色体、ショウジョウバエ、ゲノム、トランスクリプトーム、エピゲノム、遺伝子量補償、性的拮抗、次世代シーケンス、大規模配列解析

研究イメージ

詳細情報

Nozawa, M.*, Minakuchi, Y., Satomura, K., Kondo, S., Toyoda, A., Tamura, K. 2021. Shared evolutionary trajectories of three independent neo-sex chromosomes in Drosophila. Genome Res. 31:2069-2079.

野澤昌文*(2020)性染色体獲得のジレンマ――性染色体は進化の袋小路か?日本の科学者 55:46-50.

野澤昌文*(2020)位置情報をもつトランスクリプトーム解析を用いた研究の新展開.実験医学 38: 1334-1335.

鈴木善幸,野澤昌文 訳(根井正利 監訳)(2019)突然変異主導進化論.丸善出版(416ページ)

野澤昌文*(2019)性染色体進化の謎を解く救世主となるか?1分子シークエンシング,オプティカルマッピング,Hi-C法の併用による超高精度Y染色体塩基配列の決定.実験医学 37:546-547.

Nozawa, M.*, Ikeo, K., Gojobori, T. 2018. Gene-by-gene or localized dosage compensation on the neo-X chromosome in Drosophila miranda. Genome Biol. Evol. 10:1875-1881.

Nozawa, M.*, Onizuka, K., Fujimi, M., Ikeo, K., and Gojobori, T. 2016. Accelerated pseudogenization on the neo-X chromosome in Drosophila miranda. Nat. Commun. 7:13659.

Nozawa, M.*, Fujimi, M., Iwamoto, C., Onizuka, K., Fukuda, N., Ikeo, K., and Gojobori, T. 2016. Evolutionary transitions of microRNA-target pairs. Genome Biol. Evol. 8:1621-1633.

Nozawa, M.*, and Kinjo, S. 2016. Origin and evolution of non-coding RNAs. Encyclopedia for Evol. Biol. 3:130-135. (Review)

Nozawa, M.*, Fukuda, N., Ikeo, K., and Gojobori, T. 2014. Tissue- and stage-dependent dosage compensation on the neo-X chromosome in Drosophila pseudoobscura. Mol. Biol. Evol. 31:614-624.

Nozawa, M.*, Miura, S., and Nei, M. 2012. Origins and evolution of microRNA genes in plant species. Genome Biol. Evol. 4:230-239.

Nei, M.*, and Nozawa, M. 2011. Roles of mutation and selection in speciation: from Hugo de Vries to the modern genomic era. Genome Biol. Evol. 3:812-829. (Review)

Nei, M.*, Suzuki, Y., and Nozawa, M. 2010. The neutral theory of molecular evolution in the genomic era. Annu. Rev. Genomics Hum. Genet. 11:265-289. (Review)

Nozawa, M., Suzuki, Y., and Nei, M.* 2010. Is positive selection responsible for the evolution of a duplicate UV-sensitive opsin gene in Heliconius butterflies? Proc. Natl. Acad. Sci. USA 107:E96. (Letter)

Nozawa, M.*, Miura, S., and Nei, M. 2010. Origins and evolution of microRNA genes in Drosophila species. Genome Biol. Evol. 2:180-189.

野澤 昌文*,根井 正利(2009)嗅覚受容体遺伝子ファミリーの進化:遺伝子数進化を中心に.生物科学 61:15-23.(総説)

Nozawa, M., Suzuki, Y., and Nei, M.* 2009. Response to Yang et al.: Problems with Bayesian methods of detecting positive selection at the DNA sequence level. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 106:E96. (Letter)

Nozawa, M., Suzuki, Y., and Nei, M.* 2009. Reliabilities of identifying positive selection by the branch-site and the site-prediction methods. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 106:6700-6705.

Nozawa, M.*, and Nei, M. 2008. Genomic drift and copy number variation of chemosensory receptor genes in humans and mice. Cytogenet. Genome Res. 123:263-269.

Nei, M.*, Niimura, Y., and Nozawa, M. 2008. The evolution of animal chemosensory receptor gene repertoires: roles of chance and necessity. Nat. Rev. Genet. 9:951-963. (Review)

Nozawa, M.*, Kawahara, Y., and Nei, M. 2007. From the Cover: Genomic drift and copy number variation of sensory receptor genes in humans. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 104:20421-20426.

Nozawa, M.*, and Nei, M. 2007. Evolutionary dynamics of olfactory receptor genes in Drosophila species. Proc. Natl. Acad. Sci. USA 104:7122-7127.

Nozawa, M., Kumagai, M., Aotsuka, T., and Tamura, K.* 2006. Unusual evolution of interspersed repeat sequences in the Drosophila ananassae subgroup. Mol. Biol. Evol. 23:981-987.

Nozawa, M., Aotsuka, T., and Tamura, K.* 2005. A novel chimeric gene, siren, with retroposed promoter sequence in the Drosophila bipectinata complex. Genetics 171:1719-1727.
2017.7 Child Care Travel Award, Society for Molecular Biology and Evolution, Austin, USA
2015.9 日本遺伝学会 ベストペーパー賞
2015.7 Child Care Travel Award, Society for Molecular Biology and Evolution, Vienna, Austria
2015.6 日本進化学会 研究奨励賞
2014.8 日本進化学会第16回大会 優秀口頭発表賞
2010.9 Postdoc Travel Award, The Pennsylvania State University
2007.6 Postdoctoral Student Poster Award, Society for Molecular Biology and Evolution, Halifax, Canada
日本進化学会 代議員(2018.7-2020.6)
日本進化学会 評議員(2017.1-2018.6)
日本遺伝学会 中部地区評議員(2015.1-2016.3)
日本進化学会 役員 ウェブ担当(2014.1-現在)
埼玉県立熊谷高等学校 スーパーサイエンスハイスクール運営委員(2015.6-現在)(2019.4より副委員長)
文部科学省科学技術動向研究センター 専門調査員(2015.4-現在)
Frontiers in Evolutionary and Population Genetics, Reviewing Editor(2013.1-2021.1)
Frontiers in Evolutionary and Population Genetics, Associate Editor(2021.2-現在)
iDarwin, Associate Editor(2021.1-現在)
  • 一般生物学II
  • 生物学概説IA
  • 生物学基礎演習2
  • 進化生物学実験(進化遺伝)
  • 生物学学外体験実習
  • 生物学学外体験実習
  • インターンシップ
  • インターンシップ
  • 生物学特別研究1
  • 生物学特別研究2
  • Evolutionary Biology/進化生物学各論
  • 進化生物学特別講義
  • 生物学概説ⅠA(物理学科用)
  • 生物学概説ⅠA(化学科用)
  • 進化生物学概論
  • 生物学基礎演習2
  • 進化生物学実験(進化遺伝)
  • 生物学学外体験実習
  • 生物学学外体験実習
  • インターンシップ
  • インターンシップ
  • 生物学特別研究1
  • 生物学特別研究2
  • Evolutionary Biology/進化生物学各論
  • 生物学特別講義(進化生物学)
  • 生物学概説ⅠA(物理学コース用)
  • 生物学概説ⅠA(化学コース用)
  • 系統分類学概論
  • 生物学概説ⅠAG
  • 生物学概説ⅠAG
  • 遺伝情報特別講義
  • 遺伝情報特別講義
  • 生命科学特別演習Ⅰ(コンピュータ活用 基礎編)
  • 生命科学特別演習Ⅰ(コンピュータ活用 基礎編)
  • 生命科学セミナー1(進化遺伝1)
  • 生命科学セミナー1(進化遺伝1)
  • 生命科学セミナー2(進化遺伝1)
  • 生命科学セミナー2(進化遺伝1)
  • 生命科学セミナー1(進化遺伝2)
  • 生命科学セミナー1(進化遺伝2)
  • 生命科学セミナー2(進化遺伝2)
  • 生命科学セミナー2(進化遺伝2)
  • 生命科学実験1(進化遺伝)
  • 生命科学実験1(進化遺伝)
  • 生命科学実験2(進化遺伝)
  • 生命科学実験2(進化遺伝)
  • 生命科学特別講義
  • 生命科学特別講義
  • 遺伝情報特別講義
  • 生命科学特別演習Ⅰ(コンピュータ活用 基礎編)
  • 生命科学セミナー1(進化遺伝1)
  • 生命科学セミナー2(進化遺伝1)
  • 生命科学セミナー1(進化遺伝2)
  • 生命科学セミナー2(進化遺伝2)
  • 生命科学実験1(進化遺伝)
  • 生命科学実験2(進化遺伝)
  • 生命科学特別講義

関連ニュース

すべて見る

連絡先

研究室

進化遺伝学研究室

オフィスアワー

平日9-17時(事前にEメールにてご連絡ください)

内線番号

内線3726

メールアドレス

manozawa●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)