Aeronautics and Astronautics

システムデザイン学部

航空宇宙システム工学科

最先端の知識と技術+未来志向の冒険心で航空宇宙の扉を開きます

航空宇宙システム工学科 キービジュアル

航空宇宙システム工学科について

航空宇宙システム工学は、航空機・ロケット・人工衛星といった航空宇宙システムを創造し、性能良く機能するよう設計・製造し、人類社会で利活用することを探求する総合工学です。本学科は豊富な実験装置を所有しており、幅広い学問分野を俯瞰する教員陣がそれらを活用し、工学的な諸問題を総合的に捉え解決する能力を学生が修得できるよう教授します。また、宇宙航空研究開発機構、情報通信研究機構、海上・港湾・航空技術研究所と連携し、学外研究者による講義を開講、希望すればこれらの研究所で指導を受けることができます。

求める学生像
  1. 宇宙の開発利用、航空機やロケットなどの航空宇宙輸送システムに興味を持っている人
  2. 航空宇宙工学において、新技術の研究・開発に取り組む積極性を有する人
  3. 国内外の研究機関との研究交流・共同研究に興味を持っている人
学びのキーワード
  • 物理学
  • 情報科学
  • 都市工学・社会工学
  • 金属工学
  • 機械工学・精密工学
  • 航空工学
  • 電気・電子工学
  • 通信工学
  • 情報工学・情報科学
  • 応用物理学
  • 環境工学
  • 数理工学
  • 宇宙工学
  • 管理工学
  • 制御工学
  • エネルギー工学
  • 地球環境工学
  • 物質工学
  • 総合科学
  • 宇宙
  • ロケット・人工衛星
  • 分子が拓く物質科学
  • 都市問題・地方自治
  • スマートシティ・インフラ
  • カーボンニュートラル
  • 水素エネルギー
  • エネルギーの変換・制御
  • 暗号の仕組み
  • AI(人工知能)
  • データサイエンス
  • ビックデータ
  • 通信
  • 情報ネットワーク
  • 制御理論
  • ロボットシステム
  • 環境問題
  • 自然環境の持続可能な利用
  • 気候変動
  • 地震・自然災害
カリキュラム

数学や物理学、化学などの専門基礎をベースに、空気力学、推進工学、材料構造力学、飛行力学、制御工学を中心とした科目を学びます。これらに宇宙情報通信や宇宙環境利用などの応用科目を加え、幅広い分野で活躍できる人材育成のための教育プログラムを用意。1年次から3年次に、講義・演習・実験をバランス良く修得できるカリキュラムで、4年次になると研究室に配属され、教員1名当たり3〜4名程度の少人数指導体制のもと、特別研究(卒業研究)に臨みます。

Real Voice
衛星の設計過程を学び、製作について理解を深める
学生イメージ
システムデザイン学部 航空宇宙システム工学科 4年
静岡県立 浜松西高等学校 出身
井上 元さん

教育の方針

航空宇宙システム工学科の教員

進路・就職

進学先実績

東京都立大学大学院/東京大学大学院/東北大学大学院/東京工業大学大学院/名古屋大学大学院/総合研究大学院大学/Georgia Institute of Technology/横浜国立大学大学院/九州大学大学院/奈良先端科学技術大学院大学

就職先実績

本田技研工業/日産自動車/日野自動車/スズキ/ヤマハ発動機/川崎重工業/三菱電機/キヤノン/エヌ・ティ・ティ・データ/シャープ/三菱プレシジョン/日本電気航空宇宙システム/日本製鉄/住友精密工業/YKK/オリンパス/全日本空輸/日本航空/日本貨物航空/ジェットスター・ジャパン/ソラシドエア/スカイマーク/スターフライヤー/双日エアロスペース/東海旅客鉄道/国土交通省/防衛省/新和電工/不二越/山洋電気/Minoriソリューションズ/伊藤忠丸紅住商テクノスチール/三井金属エンジニアリング/クボタシステムズ/三井E&Sマシナリー/ジャムコ/日本アイ・ビー・エムデジタルサービス/三菱電機特機システム/PCIソリューションズ/日立ソリューションズ・クリエイト

業種別就職情報

学科HOT TOPICS

航空宇宙システム工学科に関連する、今話題の研究や人を紹介します。

すべて見る