Behavioral Social Sciences

人文科学研究科

社会行動学専攻

グローバル化と高度情報ネットワーク化のもとでの現代社会の構造と動態を多角的かつ理論的に捉えると同時に、その現実の社会問題への還元を追求します。

社会行動学専攻 キービジュアル

社会行動学専攻について

現代社会、とりわけ都市のグローバル化と高度情報ネットワーク化という新たな状況の下で、産業、交通、文化の諸領域において、社会構造とその変動を歴史的・理論的に解明するとともに、他文化・社会との比較研究を行い、国際化や少子高齢化に伴う様々な社会的課題に対応し得る政策的研究への期待と要請はますます高まっています。そのような情勢にあって、現場のフィールドワークを中心とする調査研究とそれを裏付ける理論的・歴史的研究の融合・調和は今日急務の課題といえます。本専攻は、それらの課題に学際的に取り組む人材の養成を目標とし、〈社会学分野〉、〈社会人類学分野〉、〈社会福祉学分野〉の3分野において学生を募集します。

設置分野・コース・研究領域
社会学分野

現代の社会変動の動向や社会の諸問題に理論的かつ実証的にアプローチし、知識を問題の解決・改善に活用できる研究教育者を養成します。

社会人類学分野

社会(文化)人類学の教育研究者の育成に加え、世界各地域の実情に精通し開発・援助、国際交流分野で活躍できる専門的職業人も育成します。

社会福祉学分野

社会福祉の各領域で制度・理念、政策形成、援助技術、研究・調査方法論等の高度専門知識と技能を持つ研究教育者、実務家を育てます。

教育の方針

社会行動学専攻の教員

すべて見る

入学定員

博士前期課程/14名、博士後期課程/10名

就職先実績

博士前期課程

東京都立大学大学院/Q'sfix

博士後期課程

コーエイリサーチ&コンサルティング

専攻HOT TOPICS

社会行動学専攻に関連する、今話題の研究や人を紹介します。

すべて見る

専攻ニュース

すべて見る