本文へ移動します

久保田 直行

氏 名久保田 直行クボタ ナオユキくぼた なおゆき 
職 位教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 機械システム工学科
システムデザイン研究科 機械システム工学域
2018年再編前の所属
システムデザイン学部 知能機械システムコース
システムデザイン研究科 知能機械システム学域
 
専門・研究分野知能ロボット,計算的知能,知覚システム
最終学歴・学位名古屋大学大学院博士後期課程修了 博士(工学)(名大・1997年)
研究テーマ人間に優しいパートナーロボット、計算的知能に基づく構造化学習など
研究キーワード移動ロボット,ファジィ制御,進化的計算,ニューラルネットワーク,強化学習ロボットビジョン
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Azhar Aulia Saputra, Yuichiro Toda, Janos Botzheim, and Naoyuki Kubota, “Neuro-Activity-Based Dynamic Path Planner for 3-D Rough Terrain”, IEEE Transactions On Cognitive and Developmental Systems, online published, (DOI: 10.1109/TCDS.2017.2711013, IEEE), June 2017Naoki Masuyama, Chu Kiong Loo, Manjeevan Seera, Naoyuki Kubota, Quantum-Inspired Multidirectional Associative Memory With a Self-Convergent Iterative Learning, IEEE Transactions on Neural Networks and Learning Systems, Volume PP, Issue 99, pp.1-11,2017.
Honghai Liu, Shengyong Chen, N. Kubota, Intelligent Video Systems and Analytics: A Survey ,IEEE Trans. on Industrial Informatics, Vol. 9, no. 3, pp. 1222-1233 , Jul 2013.
Yuichiro Toda, and Naiyuki Kubota. Self-localization Based on Multi-resolution Map for Remote Control of Multiple Mobile Robots, Industrial Informatics, IEEE Transactions on, Vol. 9, No. 3, pp. 1772-1781, 2013.
Naoyuki Kubota, Yuichiro Toda, Multi-modal Communication for Human-friendly Robot Partners in Informationally Structured Space, IEEE Transaction on Systems, Man, and Cybernetics - Part C, Vol.42, No.6, pp.1142-1151, 2012
Naoyuki Kubota, Shiho Wakisaka, An Emotional Model Based on Location-Dependent Memory for Partner Robots, Journal of Robotics and Mechatronics, Vol.21 No.3, pp.317-323, 2009
Naoyuki Kubota, Toshiyuki Shimizu, Minoru Abe, Joint Attention Between a Human Being and a Partner Robot Based on Computational Intelligence, Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol.11, No.10, pp. 1275-1281, 2007.
Naoyuki Kubota, Kenichiro Nishida, Perceptual Control Based on Prediction for Natural Communication of A Partner Robot, IEEE Transactions on Industrial Electronics, Vol.54, No.2, pp.866-877, April, 2007.
Naoyuki Kubota, Yusuke Nojima, Fumio Kojima, Toshio Fukuda, Multiple fuzzy state-value functions for human evaluation through interactive trajectory planning of a partner robot, Soft Computing, Volume 10, Number 10, pp. 891-901, August 2006.
Naoyuki Kubota, Computational Intelligence for structured Learning of A Partner Robot Based on Imitation, Information Sciences, No.171,pp.403-429, 2005.5.
Kubota, N., Hisajima, D., Kojima, F., and Fukuda, T., Fuzzy and Neural Computing for Communication of a Partner Robot, J. of Multi-Valued Logic and Soft Computing, Vol.9, pp.221-239, 2003.35.
Fukuda, T. and Kubota, N., An Intelligent Robotic System Based on A Fuzzy Approach, Proceedings of The IEEE, Vol.87, No.9, pp.1448-1470, 1999.
受 賞学会賞(産業技術賞),大保武慶, 澤山智之, 澤山卓也, 久保田直行,超高感度振動センサを用いた浴槽内における生体情報計測システム
システム制御情報学会論文誌,第30巻,第7号, pp.263-272(2017年10月)
The Best Paper Awards (IEEE IES, IECON'96, 1996.8, IEEE RAS, CIRA'97, 1997.7, WAC 2012, 2012.6, 2013 Second International Conference on Robot, Vision & Signal Processing, 2013, HSI2016, 2016)
日本ファジィ学会奨励賞 (日本ファジィ学会,1998.6)
学会賞奨励賞(システム制御情報学会, 2000.5)
Recognition Award(SOFT, ISCIII'03, 2003.5). など
主な学会活動IEEE Transactions on Fuzzy Systems Associate Editor(1999.1〜)
The International Journal of Knowledge-Based Intelligent Engineering Systems Editorial Advisory Board (2002.12〜)
日本ファジィ学会誌編集委員会委員(1999年〜2001年)
電気学会,認知機能を持つエージェント技術に関する調査専門委員会,委員長(2006〜2009)
IEEE Computational Intelligence Society, Robotics Task Force Chair (2007)
計測自動制御学会システムインテグレーション部門相互作用と賢さ部会主査(2004-2005)・同部会委員(2006〜2007)
日本機械学会,ロボティクス・メカトロニクス部門,運営委員会,2015〜
自動車技術会 エレクトロニクス部門委員会委員2016〜
IEEE SMC Japan Chapter, Chair 2018〜
他国際会議実行委員会委員多数
社会等との関わり東京都高齢者支援技術活用促進研究会委員
東京都ICT先進都市・東京のあり方懇談会構成員
東京都都庁舎サービスロボット実証実験アドバイザー
個人のURL
担当科目
  • 知能機械概論
  • 創造的ロボティクス演習
  • 知能ロボット
  • ロボットセンシング
  • 知能機械システム工場見学1
  • 知能機械システム工場見学2
  • 知能機械システム基礎実験
  • ロボット知能特論
  • ロボット知能特論
  • インターンシップ(平成24年度以降入学生用)
オフィスアワー水 16:20-17:50
研究室1号館259号室
内線番号内線8441
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ