本文へ移動します

伏木田 稚子

氏 名伏木田 稚子フシキダ ワカコふしきだ わかこ 
職 位准教授
所 属東京都立大学大学教育センター
2018年再編前の所属
大学教育センター
 
専門・研究分野教育工学, 教育心理学
最終学歴・学位東京大学大学院学際情報学府文化・人間情報学コース修了
博士(学際情報学)
研究テーマ「かかわりの中で問いながら学ぶ」をテーマに、学習環境が人々に与える心理的な影響を研究。ゼミナールでの学びを調査する一方、知の探究を目的とする反転授業、初年次教育でのレポートライティング、大学生や市民を対象とした情報リテラシー教育などの実践・評価に携わっている。
研究キーワード学習環境, 大学教育, ゼミナール, 質問紙調査, インタビュー調査
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
■書籍■
・伏木田稚子 (2021) ゼミナールにおける汎用的技能の習得-探究に基づく共同体的な学習環境の価値-. 風間書房, 東京
・伏木田稚子 (2020) 第6章 ゼミナール教育. 村上正行, 田口真奈 (編) 教育工学における大学教育研究 . ミネルヴァ書房, 京都
・伏木田稚子 (2017) 13 大学1・2 年生を対象とした高次能力学習型の反転授業の実践:東京大学 集中講義「Visualizing Tokyo」を事例として. 森朋子, 溝上慎一 (編) アクティブラーニング型授業としての反転授業[実践編]. ナカニシヤ出版, 京都
・山内祐平, 大浦弘樹, 安斎勇樹, 伏木田稚子 (2015) 序文.ジョナサン・バーグマン・アーロン・サムズ (著) 反転学習. オデッセイコミュニケーションズ, 東京, p.3-12

■学術雑誌論文(査読あり)■
・伏木田稚子 (in press) 教員からみた学部ゼミナールの授業外活動が有する価値の検討-人文学・社会科学・総合科学に着目して-. 日本教育工学会論文誌, Vol.44, Suppl., pp.XXX-XXX.
・伏木田稚子, 大浦弘樹, 吉川遼 (2020) 認識的準備活動を導入した統計の基礎を扱う反転授業の実践と評価. 日本教育工学会論文誌, Vol.44, No.2, pp.237-251.
・伏木田稚子 (2020) 学部ゼミナールの授業外活動における他者とのかかわりと苦労や困難に関する一考察. 日本教育工学会論文誌, Vol.43, Suppl., pp.165-168.
・Fushikida, W., Oura, H., Yamamoto, R. & Yamauchi, Y. (2018). Role of Video Lectures in A Flipped Classroom: How Is Knowledge Applied in Collaborative Learning?. In T. Bastiaens, J. Van Braak, M. Brown, L. Cantoni, M. Castro, R. Christensen, G. Davidson-Shivers, K. DePryck, M. Ebner, M. Fominykh, C. Fulford, S. Hatzipanagos, G. Knezek, K. Kreijns, G. Marks, E. Sointu, E. Korsgaard Sorensen, J. Viteli, J. Voogt, P. Weber, E. Weippl & O. Zawacki-Richter (Eds.), Proceedings of EdMedia: World Conference on Educational Media and Technology (pp. 985-997). Amsterdam, Netherlands: Association for the Advancement of Computing in Education (AACE). Retrieved December 14, 2018 from https://www.learntechlib.org/primary/p/184303/.
・伏木田稚子, 安斎勇樹, 伊藤奈央, 山内祐平 (2016) 問いの生成を起点とする論証型レポート作成の支援-初年次教育を事例として-. 京都大学高等教育研究, Vol.22, pp.107-110.
・伏木田稚子, 北村 智, 山内祐平 (2014) 学部ゼミナールの授業構成が学生の汎用的技能の成長実感に与える影響. 日本教育工学会論文誌, Vol.37, No.4, pp.419-433.
・伏木田稚子, 北村 智, 山内祐平 (2013) 教員による学部ゼミナールの授業構成-学生の特性把握・目標の設定・活動と指導-. 名古屋高等教育研究, 第13号. pp.143-162.
・伏木田稚子, 北村 智, 山内祐平 (2013) テキストマイニングによる学部ゼミナールの魅力・不満の検討. 日本教育工学会論文誌, Vol.36, Suppl., pp.165-168.
・伏木田稚子, 北村 智, 山内祐平 (2011) 学部3,4年生を対象としたゼミナールにおける学習者要因・学習環境・学習成果の関係. 日本教育工学会論文誌, Vol.35, No.3, pp.157-168.

■国際学会での発表(査読あり)■
・Fushikida, W. (2019) An Expliratory Study of Trial and Error in The Design and Practice of Undergraduate Seminars in Japan. Short Paper presented at 16th International Conference on Cognition and Exploratory Learning in Digital Age: Cagliari, 2019.11.7 - 2019.11.10
・Fushikida, W., Oura, H. & Yoshikawa, R. (2019) Effects of Epistemic Preparative Activities on Students' Understanding in A Flipped Classroom. Short Paper presented at 13th Multi Conference on Computer Science and Information Systems,
Conference Sessions: e-Learning 2019: Porto, 2019.07.16 – 2019.07.19
・Fushikida, W. (2018). Effects of Online Tool Usage on Sense of Community in Undergraduate Seminars. In Proceedings of E-Learn: World Conference on E-Learning in Corporate, Government, Healthcare, and Higher Education (pp. 773-776). Las Vegas, NV, United States: Association for the Advancement of Computing in Education (AACE). Retrieved December 14, 2018 from https://www.learntechlib.org/primary/p/185031/.
・Fushikida, W., Oura, H., Yamamoto, R. & Yamauchi, Y. (2018). Role of Video Lectures in A Flipped Classroom: How Is Knowledge Applied in Collaborative Learning?. In T. Bastiaens, J. Van Braak, M. Brown, L. Cantoni, M. Castro, R. Christensen, G. Davidson-Shivers, K. DePryck, M. Ebner, M. Fominykh, C. Fulford, S. Hatzipanagos, G. Knezek, K. Kreijns, G. Marks, E. Sointu, E. Korsgaard Sorensen, J. Viteli, J. Voogt, P. Weber, E. Weippl & O. Zawacki-Richter (Eds.), Proceedings of EdMedia: World Conference on Educational Media and Technology (pp. 985-997). Amsterdam, Netherlands: Association for the Advancement of Computing in Education (AACE). Retrieved December 14, 2018 from https://www.learntechlib.org/primary/p/184303/.
・Fushikida, W. (2018) Analyzing Faculty Members Mindset in Higher Education: Students’ Growth Expected through Undergraduate Seminars. Poster presented at MAXQDA International Conference 2018: Berlin, 2018.03.01 - 2018.03.02 [Poster Award (Second Place poster) 受賞]
・Fushikida, W. (2016) Perceptions of Inquiry-Based Learning Community: What Do Students Learn Outside of Undergraduate Seminars. Paper presented at The 14th Annual Hawaii International Conference on Education: Honolulu, 2016.01.03 – 2015.01.06
・Fushikida, W. (2015) Research of Learning Activities outside of Undergraduate Seminars. Poster presented at The 13th Annual Hawaii International Conference on Education: Honolulu, 2015.01.05 – 2015.01.08
・Fushikida, W. (2014) The Effects of Learning Activities on Acquiring Expertise and Generic Skills in Undergraduate Seminars. Poster presented at The 12th Annual Hawaii International Conference on Education: Honolulu, 2014.01.05 – 2014.01.08
受 賞2020年9月 日本教育工学会 研究奨励賞
2018年3月 MAXQDA Poster Award (Second Place poster) MAXQDA International Conference 2018
2014年5月 日本学生支援機構 大学院第一種奨学金 特に優れた業績による奨学金返還免除 (全額免除, 2011年度-2013年度)
2011年5月 日本学生支援機構 大学院第一種奨学金 特に優れた業績による奨学金返還免除 (全額免除, 2009年度-2010年度)
主な学会活動日本教育工学会
大学教育学会
日本教育心理学会
情報処理学会
American Educational Research Association (AERA)
American Psychological Association (APA)
Association for the Advancement of Computing in Education (AACE)
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 情報リテラシー基礎
  • パソコン技術
  • パソコン技術(プレゼンテーション基礎)
  • 情報リテラシー実践ⅡA
  • 情報リテラシー実践ⅡA
  • 基礎ゼミナール
  • 情報リテラシー実践ⅠA 31
  • 情報リテラシー実践ⅠA 71
オフィスアワーオフィスアワーは特に設定しませんが、ご質問がある場合はいつでもメールにてご連絡ください。
研究室情報処理施設104室
内線番号内線2621
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成31年度
researchmap
ページトップへ