Tourism Science

都市環境科学研究科

観光科学域

従来の観光学や観光政策論に加え、地理学や生態学などの理学的方法、都市工学や交通工学などの工学的方法、実践的なまちづくり手法、ITツールを駆使した観光情報・行動の分析や発信など情報学的方法から「観光」に対しアプローチします。

観光科学域 キービジュアル

観光科学域について

image-1

本学域は、「観光」の資源やフィールドとなる都市・集落や自然地域の諸環境の保全や改善、適正利用を進めるため、また、観光を活用して地域の魅力や価値の向上、地域経済の向上といった地域づくりを進めるための教育・研究に取り組んでいます。理学的・工学的な知識と技術を用いて、地域の現象解明や観光者の行動・意識の解読を行い、計画立案、観光振興の実践活動を担えるジェネラリストや専門家、教育者、研究者を育成します。

特に本学域では、産学官連携による共同研究を取り入れ、企画・提案者の立場で、地域社会との関わりの中で「観光地の診断から計画、実践まで」を研究することや、積極的に大学院生の海外派遣や留学生の受け入れを行い、国際性や広い視野も持ちながら、観光やその環境をめぐる課題を調整し、解決することを目指します。

本学域では、自然環境を利用する観光を通した持続的な自然環境の利用・管理への貢献を目指す自然環境マネジメント領域、都市や集落地域の空間や建造物、そこで生まれる文化を活用する観光を通した地域環境の魅力向上を目指す地域計画・マネジメント領域、観光者、企業・組織などの心理や行動の分析に基づいた観光者へのサービスと情報の提供を目指す行動・経営科学領域が有機的に連携しながら分野横断型の研究教育を行います。

教育の方針

観光科学域の教員

すべて見る

入学定員

博士前期課程/15名、博士後期課程/5名

就職先実績

博士前期課程

JR東日本/オリエンタルコンサルタンツ/野村総合研究所/都市環境研究所/東京都庁/ソフトバンク/電通国際情報サービス(ITシステム開発)/星野リゾートマネジメント/乃村工藝社 (博物館展示)/日本IBM/北海道エアポート/野生動物保護管理事務所/パシフィックコンサルタンツ/日本総合研究所/横浜市役所/ANAセールス/地域ブランディング研究所/JR東日本商事/住友不動産/日立物流

博士後期課程

東京都公立大学法人(旧・首都大学東京)/南洋理工大学(Singapore)/Universiti Teknologi Malaysia/チームラボ株式会社/日本交通公社/運輸総合研究所/Universiti Utara Malaysia/jahangirnagar University/Gadjah Mada University/インドネシア公共事業省/ソウル市役所/秀明大学/駿河台大学/国土交通省/オリエンタルランド

学域HOT TOPICS

観光科学域に関連する、今話題の研究や人を紹介します。

すべて見る

学域ニュース

すべて見る