本文へ移動します

学長メッセージ

高度かつ多様な教育プログラムにより、「本物の考える力」を育成します。

首都大学東京学長 上野 淳
首都大学東京 学長
上野 淳

 首都大学東京は、2020年4月から大学名称を「東京都立大学」に変更いたします。
 これまでも、世界有数の大都市である東京都が設置する唯一の総合大学として、世界トップクラスの大学であり続けたいと、教育、学術研究はもとより、国際化、ダイバーシティ、社会貢献などの分野においても、環境の整備を続けてきました。このたびの名称変更を機に、これまで培ってきた教育力・研究力を基盤に、さらなる発展を目指していきます。
 本学の変わらぬ大きな特色として、教員の高い研究力が質の高い大学教育を可能とし、学生の育成に生かされていることが挙げられます。学生は教員の高い見識と研究力に憧れて育っていくものです。卓越した研究者でもある教員が、高度な研究力に裏付けられた質の高い教育を提供し、高い資質・能力を有する学生と共に議論を深めることで研究力をさらに向上させる、つまり、「高度な研究力と質の高い教育の好循環」が機能しているのです。
 加えて、本学は中規模・総合大学として基本的な学問分野を網羅しつつ、互いの顔が見える親密な人間関係のなかで教育研究が行われていることも大きな特色です。学部や学科を越えた教育や研究の協働も活発に行われており、専門分野が異なる学生諸君が教養課程を同じキャンパスで学び合うことができるのも、魅力のひとつと言えるでしょう。
 今後も本学が幅広い教養と深い専門知識を教育することは勿論ですが、本学のより大きな目標は、学生自身の能動的・主体的な学びの姿勢を育て、「本物の考える力」と、誰とでも協働できる能力を身に付け、将来の社会環境・自然環境の変化に対して創造的な貢献ができる人材を世に送り出すことにあります。
 いうまでもなく大学は知の拠点です。「学問の力で、東京から世界の未来を拓く」をモットーに掲げ、本学の知のリソースを結集し、学生諸君の本物の学びを全力で支援します。

ページトップへ