本文へ移動します

水口 佳一

氏 名水口 佳一ミズグチ ヨシカズみずぐち よしかず
職 位准教授
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 物理学コース
理工学研究科 物理学専攻
H30再編後の所属
理学部 物理学科
理学研究科 物理学専攻
 
専門・研究分野超伝導,機能性材料
最終学歴・学位筑波大学 数理物質科学研究科 物質材料工学専攻 博士課程修了, 博士(工学)
研究テーマ新奇超伝導物質の探索と物性評価
熱電変換材料などの新機能性材料の開発
BiS2系超伝導体の開発と超伝導機構解明
BiS2系熱電材料の開発と特性向上
SnTe系超伝導
研究キーワード物性実験,超伝導,新超伝導体,物質探索,熱電変換材料,結晶構造解析,物性測定
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
[主要論文]

Y. Mizuguchi et al., “Superconductivity at 27K in tetragonal FeSe under high pressure”, Appl. Phys. Lett. 93, 152505(1-3) (2008).

Y. Mizuguchi et al., “Superconductivity in S-substituted FeTe”, Appl. Phys. Lett. 94, 012503(1-3) (2009).

Y. Mizuguchi et al., “Anion height dependence of Tc for the Fe-based superconductor”, Supercond. Sci. Technol. 23, 054013(1-5) (2010).

Y. Mizuguchi et al., “Superconductivity in novel BiS2-based layered superconductor LaO1-xFxBiS2”, J. Phys. Soc. Jpn. 81, 114725(1-5) (2012).

Y. Mizuguchi et al., “BiS2-based layered superconductor Bi4O4S3”, Phys. Rev. B 86, 220510(1-5) (2012).

Y. Mizuguchi et al., “Enhancement of thermoelectric properties by Se substitution in layered bismuth-chalcogenide LaOBiS2-xSex”, J. Appl. Phys. 116, 163915(1-4) (2014).

Y. Mizuguchi et al., “In-plane chemical pressure essential for superconductivity in BiCh2-based (Ch: S, Se) layered structure”, Sci. Rep. 5, 14968(1-8) (2015).

Y. Mizuguchi et al., “High-Pressure Synthesis and Superconductivity of Ag-Doped Topological Crystalline Insulator SnTe (Sn1-xAgxTe with x = 0-0.5)”, J. Phys. Soc. Jpn. 85, 053702(1-5) (2016).
受 賞・第22回論文賞(日本物理学会)
Superconductivity in novel BiS2-based layered superconductor LaO1-xFxBiS2”, J. Phys. Soc. Jpn. 81, 114725(1-5) (2012).

・Outstanding Reviewer Award 2016 (Supercond. Sci. Technol.), 2017年1月

・JPSJ 2015 Highly Cited Article for J. Phys. Soc. Jpn. 83, 053704 (2014)
“Stabilization of High-Tc Phase of BiS2-Based Superconductor LaO0.5F0.5BiS2 Using High-Pressure Synthesis”, 2016年4月

・第12回日本熱電学会講演奨励賞
「新しい層状ビスマスカルコゲナイドの熱電特性」, 2015年9月

・第28回安藤博記念学術奨励賞
 「超伝導および熱電変換分野における新奇層状化合物の創出と物性解明」,2015年7月

・第19回超伝導科学技術賞
「新しいBiS2系層状超伝導体の発見」,2015年4月

・JPSJ 2013 Highly Cited Article for J. Phys. Soc. Jpn. 81, 114725 (2012)
“Superconductivity in novel BiS2-based layered superconductor LaO1-xFxBiS2”,2014年4月

・筑波大学大学院数理物質科学研究科 研究科長賞
数理物質科学研究科,物質・材料工学専攻(3年制博士課程),2011年3月
主な学会活動日本物理学会,熱電学会,American Physical Society,化合物新磁性材料専門研究会(会計幹事2017年〜)
社会等との関わりScientific Reports : editorial board
Condensed Mater : editorial board
個人のURL
担当科目
  • 物理学実験第一 c
  • 物理学実験第一 c
  • 電気電子工学基礎実験第二
  • 電気電子工学基礎実験第一
  • 自然科学実験(物理)
  • 電子物性特論II
  • 電子物性特論II
  • 電気電子工学先端技術特別講義2
  • 電気電子工学先端技術特別講義2
オフィスアワー原則として、毎週月曜日2限をオフィスアワーに設定します。質問がある場合、メールで連絡をしてから研究室(8-579)まで来てください。
研究室8号館579号室
内線番号内線3367
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果
ページトップへ