教員イメージ
KAJIHARA Koichi
教授

梶原 浩一 カジハラ コウイチ かじはら こういち

プロフィール

所属

東京都立大学都市環境学部 環境応用化学科
都市環境科学研究科 環境応用化学域

最終学歴・学位

平成9年京都大学大学院工学研究科材料化学専攻博士後期課程退学・平成12年京都大学博士(エネルギー科学)

専門・研究分野

無機材料化学、光・電子・イオン機能性セラミックス・ガラス、低環境負荷合成、高効率エネルギー変換

研究

研究テーマ

シリカガラスの物性および深紫外・真空紫外透明化、
セラミックス・ガラス(酸化物)の光・電子機能化、
無機材料の低環境負荷合成、
無機材料による高効率エネルギー変換、
無機物質と光との相互作用、
固体内部・表面での物質拡散および反応

研究キーワード

セラミックス、ガラス、シリカガラス、ケイ素系有機-無機ハイブリッド、光・電子機能材料・デバイス、紫外光、低環境負荷合成、高効率エネルギー変換

研究イメージ

詳細情報

T. Tsuchiya, Y. Fukuda, K. Kanamura, K. Kajihara, “Low-refractive-index deep-ultraviolet transparent poly(fluoroalkyl-co-methyl-silsesquioxane) resins synthesized by cosolvent-free hydrolytic polycondensation of organotrimethoxysilanes,” J. Phys. Chem. B 125, 8238-8242 (2021).
K. Kajihara, D. Takahashi, H. Kobayashi, T. Mandai, H. Imai, K. Kanamura, “Phenylphosphonate surface functionalisation of MgMn2O4 with 3D open-channel nanostructures for composite slurry-coated cathodes of rechargeable magnesium batteries operated at room temperature,” RSC Adv. 11, 19076-19082 (2021)
M. Saito, H. Arima, M. Shoji, Y. Kizuki, H. Munakata, K. Kanamura, K. Kajihara, “Solid-state rechargeable lithium metal battery with Li4B4Al3O12Cl-based water-resistant lithium-ion-conducting oxychloride glass-ceramic electrolyte,” J. Electrochem. Soc. 168, 040524 (2021).
R. Iwasaki, K. Kajihara, “Negligible concentration quenching in photoluminescent nanocrystals with high photoactive rare-earth concentrations: silica–(Tb,Ce)PO4 transparent glass-ceramic green phosphors,” J. Mater. Chem. C 9, 2701-2705 (2021).
梶原浩一, “シリカガラスにおける格子間化学種の拡散と反応,” NEW GLASS 35, 17-22 (2020).
梶原浩一, “シルセスキオキサン系親水性低融点ガラス,” コンバーテック 48, 128-131 (2020).
K. Kajihara, H. Kato, R. Takahashi, K. Kanamura, H. Mizoguchi, Y. Namatame, H. Sato, “Twinning by merohedry and thermal expansion of zeolitic clathrasil deca-dodecasil 3R,” Inorg. Chem..59, 5600-5609 (2020).
R. Seto, K. Kanamura, S. Yoshida, K. Kajihara, “Cosolvent-free synthesis and characterisation of poly(phenyl-co-n-alkylsilsesquioxane) and poly(phenyl-co-vinylsilsesquioxane) glasses with low melting temperatures,” Dalton Trans. 49, 2487-2495 (2020).
梶原浩一, “シリカガラスにおける点欠陥II,” NEW GLASS 33, 33-37 (2018).
梶原浩一, “シリカガラスにおける点欠陥I,” NEW GLASS 33, 27-31 (2018).
M. Suda, R. Nakagawa, K. Kanamura, K. Kajihara, “Sol–gel-derived transparent silica–(Gd,Pr)PO4 glass-ceramic narrow-band UVB phosphors,” Dalton Trans. 47, 12085-12091 (2018).
K. Kajihara, R. Takahashi, H. Kato, K. Kanamura, “Seed-free hydrothermal synthesis of all-silica deca-dodecasil 3R with essential reagents,” J. Ceram. Soc. Jpn. 126, 221-229 (2018).
K. Kajihara, N. Tezuka, M. Shoji, J. Wakasugi, H. Munakata, K. Kanamura, “Li4B4M3O12Cl (M = Al, Ga): an electrochemically stable, lithium-ion-conducting cubic boracite with substituted boron sites,” Bull. Chem. Soc. Jpn. 90, 1279-1286 (2017).
梶原浩一, “光機能性シリカガラスの合成”, ゾル?ゲルテクノロジーの最新動向, 新材料・新素材シリーズ, 幸塚広光(編) (シーエムシー出版, 2017), 第25章, pp. 250-259.
梶原浩一, “無共溶媒ゾル?ゲル法による希土類ドープシリカガラスの合成・配位環境制御と発光特性,” 光学 46, 60-67 (2017).
Y. Fukuda, K. Kajihara, S. Kakinoki, J.-H. Jang, H. Yoshida, K. Kanamura, “Poly(n-alkylsilsesquioxane) liquids prepared by cosolvent-free hydrolytic polycondensation of n-alkyltrialkoxysilanes: effects of liquid-liquid phase separation during aging and alkyl chain length on structure and viscosity,” Dalton Trans. 45, 15532-15540 (2016).
A. Sakuragi, Y. Igarashi, K. Kajihara, K. Kanamura, “Synthesis of silanol-rich long-life polysilsesquioxane liquids by cosolvent-free hydrolytic polycondensation of organotrimethoxysilanes followed by aging,” Dalton Trans. 45, 3151-3157 (2016).
S. Yamaguchi, K. Moriyama, K. Kajihara, K. Kanamura, “Deep-ultraviolet transparent monolithic sol-gel derived silica-REPO4 (RE = Y, La-Lu except Pm) glass-ceramics: characterization of crystal structure and ultraviolet absorption edge, and application to narrow-band UVB phosphors,” J. Mater. Chem. C 3, 9894-9901 (2015).
梶原浩一, “モノリス成形;シリカガラスを例として”, ゾル-ゲル法の最新応用と展望, 新材料・新素材シリーズ, 野上正行(編) (シーエムシー出版, 2014), 第3.1章, pp. 95-106.
K. Kajihara, S. Yamaguchi, K. Kaneko, K. Kanamura, “Highly transparent, bright green, sol-gel-derived monolithic silica-(Tb,Ce)PO4 glass-ceramic phosphors,” RSC Adv. 4, 26692-26696 (2014).
K. Kajihara, “Recent advances in sol-gel synthesis of monolithic silica and silica-based glasses,” J. Asian Ceram. Soc. 1, 121-133 (2013).
K. Kajihara, L. Skuja, H. Hosono, “Frenkel Defect Process in Silicon Dioxide” in Radiation Synthesis of Materials and Compounds, edited by B. I. Kharisov, O. V. Kharissova, U. O. Mendez (CRC Press, New York, 2013), pp. 101-112.
T. Mori, K. Kajihara, K. Kanamura, Y. Toda, H. Hiramatsu, H. Hosono, “Indium-based ultraviolet-transparent electroconductive oxyfluoride InOF: ambient-pressure synthesis and unique electronic properties in comparison with In2O3,” J. Am. Chem. Soc. 135, 13080-13088 (2013).
K. Kajihara, T. Miura, H. Kamioka, M. Hirano, L. Skuja, H. Hosono, “Exchange between interstitial oxygen molecules and network oxygen atoms in amorphous SiO2 studied by 18O isotope labeling and infrared photoluminescence spectroscopy”, Phys. Rev. B 83, 064202 (2011)
梶原浩一, “シリカガラスの構造と物性および真性欠陥過程”, NEW GLASS 25, 12 (2010)
梶原浩一, “シリカガラス”, 酸化物半導体と鉄系超伝導 -新物質・新機能・応用展開-, エレクトロニクス材料・技術シリーズ, 細野秀雄, 平野正浩(編) (シーエムシー出版, 2010), 第IV.2章, pp. 138-148
梶原浩一, “シリカガラスの新展開”, 先端ガラスの産業応用と新しい加工, 新材料・新素材シリーズ, 平尾一之(編) (シーエムシー出版, 2009), 第13章, pp. 301-313
K. Kajihara, S. Kuwatani, R. Maehana, K. Kanamura, “Macroscopic phase separation in a tetraethoxysilane-water binary sol-gel system”, Bull. Chem. Soc. Jpn. 82, 1470 (2009)
K. Kajihara, T. Miura, H. Kamioka, M. Hirano, L. Skuja, H. Hosono, “Oxygen exchange at the internal surface of amorphous SiO2 studied by photoluminescence of isotopically labeled oxygen molecules”, Phys. Rev. Lett. 102, 175502 (2009)
K. Kajihara, M. Hirano, H. Hosono, “Sol-gel synthesis of monolithic silica gels and glasses from phase-separating tetraethoxysilane-water binary system”, Chem. Commun. 2009, 2580 (2009)
K. Kajihara, M. Hirano, L. Skuja, H. Hosono, “Intrinsic defect formation in amorphous SiO2 by electronic excitation: bond dissociation versus Frenkel mechanisms”, Phys. Rev. B 78, 094201 (2008)
K. Kajihara, S. Matsuishi, K. Hayashi, M. Hirano, H. Hosono, “Vibrational dynamics and oxygen diffusion in a nanoporous oxide ion conductor 12CaO·7Al2O3 studied by 18O labeling and micro-Raman spectroscopy”, J. Phys. Chem. C 111, 14855 (2007)
K. Kajihara, M. Hirano, Y. Takimoto, L. Skuja, H. Hosono, “Diffusion of nitrogen molecules in amorphous SiO2”, Appl. Phys. Lett. 91, 071904 (2007)
令和2年 2019首都大学東京都市環境学部 主幹教授
令和元年 2018 JCS-Japan(日本セラミックス協会学術論文誌)優秀論文賞
平成29年 日本化学会BCSJ賞(90巻12号)
平成27年 第40回日本セラミックス協会学術写真賞 優秀賞
平成26年 東京工業大学応用セラミックス研究所学術賞(研究奨励部門)
平成26年 日本化学会BCSJ賞(87巻7号)
平成21年 日本化学会BCSJ賞(82巻12号)
平成18年 日本化学会 第86春季年会優秀講演賞
平成18年 第60回日本セラミックス協会進歩賞
平成17年 2004年JCerSJ(日本セラミックス協会学術論文誌)優秀論文賞
平成13年 The Best Paper Award at the 32nd Annual Boulder Damage Symposium
平成13年 第11回応用物理学会講演奨励賞
ニューガラスフォーラム ガラス科学技術研究会 主査(令和3年-)
日本セラミックス協会Journal of Asian Ceramic Societies, Associate Editor (令和2年-)
日本化学会関東支部幹事(令和2年-令和3年)
応用物理学会 講演会企画運営委員(平成30年-令和2年)
応用物理学会 学術講演会プログラム編集委員(平成26年-令和2年)
日本セラミックス協会 行事企画委員(平成23年-平成29年)
応用物理学会 ランダム系フォトエレクトロニクス研究会委員(平成22年-平成24年)
日本化学会 化学と教育誌編集委員(平成20年-平成23年)
日本セラミックス協会 セラミックス誌編集委員(平成19年-平成21年)
  • 基礎ゼミナール
  • 材料プロセス工学
  • 無機物質化学2
  • 材料プロセス工学
  • 無機物質化学2
  • エネルギーデバイス化学講究Ⅰ
  • エネルギーデバイス化学講究Ⅱ
  • 環境調和化学入門

関連HOT TOPICS

すべて見る

連絡先

研究室

9号館336号室

オフィスアワー

金(前期) 10:00-13:00 水(後期) 14:40-16:30

内線番号

内線4874

メールアドレス

kkaji●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)