FUKUDA Kimiko
准教授

福田 公子 フクダ キミコ ふくだ きみこ

プロフィール

所属

東京都立大学理学部 生命科学科
理学研究科 生命科学専攻

最終学歴・学位

博士(理学)

専門・研究分野

発生生物学
分子生物学

研究

研究テーマ

1. 消化管の領域化の分子機構
2. 初期内胚葉分化機構
3. 内胚葉の領域化機構
4. 胚体外組織と胚体内組織の違い
5. 胚体外組織と胚体を結ぶ新しい組織の発見
6. 胚の発生に必要な胚体外組織の分化機構の研究

研究キーワード

胃 腸 領域化 内胚葉 胚体外組織

研究紹介

詳細情報

原著論文リスト
1. Yasugi, S., Takeda, H. and Fukuda, K. Early determination of developmental fate in presumptive intestinal endoderm of the chicken embryo. Dev. Growth Differ., 33(3), 235-241 (1991).
2. Fukuda, K., Ichinose, M., Saiga, H., Shiokawa, K. and Yasugi, S. Developmental changes of DNA methylation pattern of embryonic chick pepsinogen gene. J. Biochemistry. 115, 502-506 (1994).
3. Fukuda, K., Ishii, Y., Saiga, H., Shiokawa, K. and Yasugi, S. Mesenchymal regulation of epithelial gene expression in developing avian stomach: 5'-flanking region of pepsinogen gene can mediate mesenchymal influence on its expression. Development 120, 3487-3495 (1994).
4. Fukuda, K., Saiga, H. and Yasugi, S. Transcription of embryonic chick pepsinogen gene is affected by mesenchymal signals through its 5'-flanking region. Aspartic Proteinases : Structure, Function, Biology, and Biomedical Implications (K. Takahashi ed.), Plenum Publ. Corp., New York (1995).
5. Urase, K., Fukuda, K., Ishii, Y., Sakamoto, N. and Yasugi, S. The analysis of supporting influence of lung mesenchyme on the pepsinogen gene expression in the epithelium of chicken embryonic digestive tract. Roux' Arch Dev. Biol. 205, 382-390 (1996).
6. Ishii, Y., Fukuda, K., Saiga, H., Matsushita, S. and Yasugi, S. Early specification of intestinal epithelium in the chicken embryo: a study on the localization and regulation of CdxA expression. Dev. Growth Differ., 39(5), 643-653 (1997).
7. Fukuda, K. *, Tonegawa, Y., Fujii, G., Yasugi, S. and Hirohashi, S. cFKBP/SMAP; a novel molecule involved in the regulation of smooth muscle differentiation. Development 125 (18), 3535-3542 (1998).
8. Sukegawa, A., Narita, T., Kameda, T., Saitoh, K., Nohno, T., Iba, H., Yasugi, S. and Fukuda, K. * The concentric structure of the developing gut is regulated by Sonic hedgehog derived from endodermal epithelium. Development 127, 1971-1980 (2000).
9. Sakamoto, N.1, Fukuda, K. 1, Watanuki, K., Sakai, D., Komano, T., Scotting, P. J. and Yasugi, S. Role for cGATA-5 in transcriptional regulation of embryonic chicken pepsinogen gene by epithelial-mesenchymal interactions in developing chicken stomach. Dev. Biol. 223, 103-113 (2000). 1contribute equally
10. Fukuda, K., Sakamoto, N., Narita, T., Saitoh, K., Kameda, T., Iba, H. and Yasugi, S. Application of the efficient and specific gene transfer systems and organ culture technique for the elucidation of mechanisms of epithelial-mesenchymal interaction in the developing gut. Dev. Growth Differ. 42, 207-211 (2000).
11. Takeda, J., Tabata, H., Fukuda K. and Yasugi, S. The involvement of signal transduction pathway mediated by epidermal growth factor receptor in the differntiation of chicken glandular stomach. Dev. Growth Differ. 44, 501-508 (2002).
12. Shin, M., Fukuda, K. and Yasugi, S. Expression of DDSG1, a novel gene encoding a putative DNA-binding protein in the embryonic chicken nervous system. Gene Expr. Patterns 3 431-436 (2003).
13. Fukuda, K. *, Kameda, T., Saitoh, K. Iba, H. and Yasugi, S. Down-regulation of endodermal Shh is required for gland formation in chicken stomach. Mech. Dev. 120 801-809 (2003).
14. Matsuda, M., Wakamatsu, Y., Kohyama, J., Okano, H., Fukuda, K. and Yasugi, S. Notch signaling functions as a binary switch for the determination of glandular and luminal fates of endodermal epithelium during chicken stomach development. Development 132, 2783-93 (2005).
15. Hojo, M., Takada, I. Kimura, W., Fukuda, K. and Yasugi, S. Expression patterns of the chicken peroxisome proliferator-activated receptors (PPARs) during the development of the digestive organs. Gene Expr. Patterns 2, 171-179 (2006).
16. Kimura, W., Yasugi, S., Stern, C. D. and Fukuda, K* Fate and Plasticity of the Endoderm in the Early Chick Embryo. Dev. Biol. 289, 283-295 (2006).
17. Kimura, W., Yasugi, S. and Fukuda, K* Regional Specification of the endoderm in the early chick embryo. Develop. Growth Differ. 49, 365–372 (2007).
18. Katsumoto, K., Fukuda, K., Kimura, W., Shimamura, K., Yasugi, S., Kume, S. Origin of pancreatic precursors in the chick embryo and the mechanism of endoderm regionalization. Mech. Dev. 126, 539-551 (2009)
19. Matsuura, K., Katsumoto, K., Fukuda, K., Kume, K., Kume, S. Conserved origin of the ventral pancreas in chicken. Mech. Dev. 126, 817-827 (2009)
20. Kimura, W., Cantas, A. Sheng, G. Jakt, M., Yasugi, S. and Fukuda, K* Identification of region specific genes in early chicken endoderm. Gene Expr. Patterns 11, 171-180 (2011)
21. Katoh, H., Shibata, S., Fukuda, K., Sato, M., Satoh, E., Nagoshi, N., Minematsu, T., Matsuzaki, Y., Akazawa, C., Toyama, Y., Masaya Nakamura M. and Okano, H. The dual origin of the peripheral olfactory system: placode and neural crest. Molecular Brain 4, 34 (2011)
22. Nagai,H., Sezaki,M., Bertocchini,F., Fukuda,K. and Sheng,G. HINTW, a W-Chromosome HINT gene in chick, is expressed ubiquitously and is a robust female cell marker applicable in intraspecific chimera studies. Genesis 52, 424–430 (2014)
23. Ouchi, T., Morikawa, S., Shibata, S., Fukuda, K., Okuno, H., Fujimura, T., Kuroda, T., Ohyama, M., Akamatsu, W., Nakagawa, T., and Okano, H. LNGFR+THY-1+ human pluripotent stem cell-derived neural crest-like cells have the potential to develop Into mesenchymal stem cells. Differentiation 92(5): 270-280 (2016)
24. Asai, R., Haneda, Y., Seya, D., Arima, Y., Fukuda, K., Kurihara, Y., Miyagawa-Tomita, S., and Kurihara, H. Amniogenic somatopleure: a novel origin of multiple cell lineages contributing to the cardiovascular system. Scientific Reports in press (2017)


英文総説リスト
1. Yasugi, S. and Fukuda, K. * The mesenchymal factors regulating epithelial morphogenesis and differentiation of the chicken stomach. Zool. Sci., 17, 1-9 (2000).
2. Fukuda, K. * and Kikuchi, Y. Endoderm development in vertebrates: fate mapping, induction and regional specification. Develop. Growth Differ. 47, 343–355 (2005)
3. Fukuda, K. * and Yasugi, S. The molecular mechanisms of stomach development in vertebrates. Develop. Growth Differ. 47, 375–382 (2005).


和文総説リスト
1. 八杉貞雄、福田公子 (1992) 消化管の分化と形態形成に関わる因子.細胞24(8), 30(330)−34(334).
2. 福田公子、八杉貞雄 (1996) 消化管の分化と形態形成に関わる因子.実験医学14, 1192−1198.
3. 福田公子、八杉貞雄 (1996) 消化管の形態形成と成長因子、転写因子.Molecular Medicine 33(7), 796-804.
4. 福田公子、八杉貞雄 (1998) 消化管の発生と分化.G. I. Research 6 (3), 177-184.
5. 成田知弘、福田公子、八杉貞雄 (2000) 消化器官形成における上皮ー間充織相互作用と BMP.Mol. Med. 37: 680-685.
6. 八杉貞雄、福田公子 (2000) 消化器官の領域分化における遺伝子カスケード. 実験医学 18: 1318-1324.
7. 福田公子(2001)消化管領域決定の分子メカニズム. 医学のあゆみ 119:1073-1077.
8. 福田公子、八杉貞雄 (2001) 消化管形成のボディープラン.現代化学増刊 39: 40-48.
9. 福田公子,八杉貞雄 (2002) 消化管の分化を制御するBMPとSonic Hedgehog. 細胞工学 21, 471-475.
10. 八杉貞雄,福田公子 (2002) 消化管上皮と間充織のクロストークーソニックヘッジホッグを中心にー. G. I. Res. 10, 724-728.
11. 福田公子、八杉貞雄 (2003) 消化管領域決定のメカニズム. 小児外科 35, 326-331.
12. 福田公子、八杉貞雄 (2004) 消化器官形成のしくみ. 遺伝 58, 56-63.
13. 福田公子・八杉貞雄 (2004) 転写調節因子はどのようにして消化管発生にかかわるのか. 分子消化器病 1, 286-293.
14. 福田公子,八杉貞雄 (2006) 消化管の領域化と器官形成.蛋白質 核酸 酵素 50, 670-677.
15. 福田公子, 木村航, 八杉貞雄(2007)胃・腸形成における上皮間充織相互作用.蛋白質核酸酵素, 52,126-132

著書リスト
1. Yasugi, S. and Fukuda, K. * Tissue interactions and genetic regulations in gut differentiation. (Ikada, Y. and Shimizu, Y. eds) Tissue Engineering for Therapeutic Use 4 Elsevier Science. 45-53 (2000).
2. 八杉貞雄・眞 昌寛・福田公子 (2005) 成長因子と消化器官の形態形成. ティッシュエンジニアリング 2005 (田畑泰彦・岡野光夫編). 日本医学館, pp.57-64.
3. 福田公子(2007)胚葉分化と器官形成.シリーズ 21世紀の動物科学5 発生 (浅島誠,武田洋幸編).培風館,pp.113-156
4. Fukuda, K. * Electroporation of nucleic acids into chick endoderm both in vitro and in ovo (Nakamura, H. ed.) Electroporation and Sonoporation in Developmental Biology 73-84 (2009)

訳書リスト
1. ウォルパート 発生生物学(監訳 武田洋幸,田村幸治) 第11章器官形成 431-488, (2012)
2. ラーセン 人体発生学(監訳 仲村春和,大谷浩)14章,消化管の発生 365-401, (2013)

その他
1. 福田公子 オーダーメード教育,生涯学習のための『探究』,「生物教育」日本生物教育学会2号,57-59(2017)
2. 動物学の百科事典 第6章 動物の発生「内胚葉と消化管の発生」2ページ分未発刊(稿了)丸善出版
日本発生生物学会
日本分子生物学会
1,男女共同参画活動での社会貢献
特に日本分子生物学会からの委員として,国立女性教育会館と共同で,女子高生夏の学校〜科学技術者のたまごたちへ〜を立ちあげ,2008年には委員長として第4回女子中高生夏の学校の企画,補助金申請,運営を行った。また,第2回 日中韓女性科学技術者フォーラムの企画や,WiSE 2010 International Symposiumのシンポジストで国際的な男女共同参画活動にも関わった。
2,高大連携活動
私の理念である「研究力をつける教育」を掲げ,高校への出張授業,実習,SSHの指導,高校生物教員研修,博物館などでのイベント,教員向け学習,進路指導研修などを数多くおこなった。
3,組織的な高大連携活動
高校現場では「課題研究」が重要とされるにもかかわらず,必ずしもうまくいっていないところがある。大学教員として研究指導を行ってきた経験から抽出した指導方法や注意点を活かすように,SSH推進委員(都立科学技術高校)や,東京都理数教育重点校評価委員(都立国分寺高校,都立晴海総合高校:理数教育重点校の3校のうち2校)をおこない,指導の中心となっている教員(校長や副校長を含む)を指導することで,より組織的に高校生の「研究力」を上げる活動を行なっている。また,JST事業である,グローバルサイエンスキャンパス推進委員としても活動している。この事業は,大学で優秀な高校生を集め,大学レベルの研究に早くから従事させることで,「出る杭をさらに伸ばす」を目指している大きなプロジェクトである。委員として,大学の選定,評価とアドバイス,発表会の審査などを行っているが,このプロジェクトからはすでに多数の優秀な受講生が輩出されている。グローバルサイエンスキャンパスの全国大会で研究の審査をしたことがきっかけで,ミミズの研究をやっていた非常に優秀な受講生が,ゼミナール入試に参加し,合格,現在自主研で研究を続けている。
  • 生物学概説IIB
  • 発生生物学概論
  • 発生生物学実験(発生生物学)
  • 発生生物学特別講義
  • 生物学臨海実習
  • 生物学自主研究1
  • 生物学自主研究2
  • 教職実践演習(中・高)
  • General Biology IIB(生物学概説 IIB)
  • 発生生物学臨海実習
  • General Developmental Biology(発生生物学概論)
  • Developmental Biology/発生生物学各論
  • 生物学自主研究1
  • 生物学自主研究2
  • 生体理工学ゼミナール
  • 生体理工学ゼミナール
  • 発生生物学特論
  • 発生生物学特論
  • 生命科学特別講義
  • 生命科学特別講義
  • 国際実践演習1
  • 国際実践演習1
  • 国際実践演習2
  • 国際実践演習2
  • 生命科学セミナー1(発生生物1)
  • 生命科学セミナー1(発生生物1)
  • 生命科学セミナー2(発生生物1)
  • 生命科学セミナー2(発生生物1)
  • 生命科学セミナー1(発生生物2)
  • 生命科学セミナー1(発生生物2)
  • 生命科学セミナー2(発生生物2)
  • 生命科学セミナー2(発生生物2)
  • 生命科学セミナー1(発生生物3)
  • 生命科学セミナー1(発生生物3)
  • 生命科学セミナー2(発生生物3)
  • 生命科学セミナー2(発生生物3)
  • 生命科学実験1(発生生物)
  • 生命科学実験1(発生生物)
  • 生命科学実験2(発生生物)
  • 生命科学実験2(発生生物)
  • 生体理工学ゼミナール
  • 研究室インターンシップ(生体理工学)
  • 研究室インターンシップ(生体理工学)
  • 組織再編前旧課程の同時開講科目等が含まれており、掲載されている全ての科目を開講するわけではありません。

関連HOT TOPICS

すべて見る

連絡先

研究室

8号館339号室

オフィスアワー

随時

内線番号

内線3675

メールアドレス

kokko●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)