本文へ移動します

大平 悠季

氏 名大平 悠季オオヒラ ユウキおおひら ゆうき 
職 位助教
所 属東京都立大学都市環境学部 観光科学科
都市環境科学研究科 観光科学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース
都市環境科学研究科 観光科学域
 
専門・研究分野土木計画学,都市・地域計画学,交通計画
最終学歴・学位神戸大学大学院工学研究科博士後期課程・博士(工学)
研究テーマ社会基盤計画
研究キーワード土木計画学,経済分析,ネットワーク分析,観光行動分析
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Okazaki, M., Ohira, Y., Fukuyama, K., Kuwano, M., Ishii, A., A Decision Support System for Inexperienced Volunteer Guides to Assist Increased Inbound Tourists in Japan, The Proceedings of 2020 IEEE International Conference on Systems, Man and Cybernetics (SMC), October 11-14, Toronto, pp.486-492, 2020.

Okano N., Ohira Y., Ishii A., Two-component opinion dynamics theory of official stance and real opinion including self-interaction, In: Czarnowski I., Howlett R., Jain L. (eds) Intelligent Decision Technologies. IDT 2020. Smart Innovation, Systems and Technologies, Vol.193, Springer, Singapore, pp.461-470, https://doi.org/10.1007/978-981-15-5925-9_39, 2020.

大平悠季,中村茉樹,福山敬,桑野将司,中心市街地における施設立地を考慮した街路空間特性と歩行者通行量の関連分析,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.75, No.6, pp.I_317-I_327, 2020.

Hatadani S., Ohira Y., Ishii A., Kawahata Y., Proposal of Mathematical Model of Prediction of Human Movement Using Position Information. In: Sato H., Iwanaga S., Ishii A. (eds) Proceedings of the 23rd Asia Pacific Symposium on Intelligent and Evolutionary Systems. IES 2019. Proceedings in Adaptation, Learning and Optimization, Vol.12, Springer, Cham, pp.46-51, 2020.

織田澤利守,大平悠季,交通インフラ整備効果の因果推論:論点整理と展望,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.75, No.5, pp.I_1-I_15, 2019.
大平悠季,桑野将司,中川貴裕,空間構造に着目した中心市街地の賑わい形成要因の分析,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.75, No.5, pp.I_387-I_397, 2019.

大平悠季,桑野将司,福山敬,空き店舗発生状況に基づく中心市街地の空間構造の診断,都市計画論文集,Vol.53, No.3, pp.319-325, 2018.

Ohta, H., Takahashi, A., Fukuyama, K, Kuwano, M., Ohira, Y., The Changes in Population and Residential Distribution through Depopulation in Japanese Local Cities: A Case of Eastern Part of Tottori Prefecture, Proceedings of the Eastern Asia Society for Transportation Studies (CD-ROM), Vol.11, 2017.

福山敬,桑野将司,高橋明日美,大平悠季,太田はるか,地方都市生活圏における都市中心および地区内生活関連施設に対する人口分布の変化-鳥取県東部地域を対象に-,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.73, No.5, pp.I_407-I_419, 2017.

大平悠季,織田澤利守,社会ネットワークを通じた相互作用と混雑を 考慮した最適交通料金政策の進化的遂行,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol. 72, No.5, pp.I_373-I_382, 2016.

大平悠季,津田宙,織田澤利守,フェイス・ツゥ・フェイスのコミュニケーションと都市空間構造,土木学会論文集D3(土木計画学),Vol.71, No.5, pp.I_129-I_141, 2015.

Ohira, Y., Otazawa, T., Social Networks, Geography and Travel Demand: A Theoretical Modeling Approach, Selected Proceedings of the 13th World Conference on Transportation Research Society, #3150, 2013.

Ohata, T., Ohira, Y., Otazawa, T., Social Networks and Urban Spatial Structure, Uddevalla Symposium 2013. Innovation, High-Growth Entrepreneurship and Regional Development; Revised papers first presented at the 16th Uddevalla Symposium, 13-15 June, 2013, Kansas City, MO, USA, pp.527-538, 2013.

大平悠季,織田澤利守,社会的ネットワークに基づく対面コミュニケーション行動の理論モデル分析,土木学会論文集D3(土木計画学)Vol.69, No. 4, pp.300-314, 2013.
受 賞土木学会論文賞,公益社団法人土木学会(2018)
土木計画学研究委員会優秀論文賞,公益社団法人土木学会土木計画学研究委員会(2016)
主な学会活動土木学会,応用地域学会,日本都市計画学会,日本観光研究学会
社会等との関わり土木学会誌編集委員会,編集委員,2014.11 - 2016.06
鳥取県景観審議会委員,委員,2017.06 -
鳥取市指定管理者選定委員会,委員,2017.04 - (副委員長 2018.04-2020.03)
鳥取市鳥取駅周辺再生基本構想(第2期)策定委員会,副委員長,2020.04 - 2021.03
八王子市開発審査委員会,委員,2021.04 -
個人のURL
担当科目
  • 国土・インフラ計画と観光
  • 観光資源論(観光科学)
  • 観光科学プロジェクト演習Ⅱ
  • 観光まちづくり実習
  • Exercise on Community Development through Tourism
  • 地域計画・マネジメント概論
  • 観光計画・デザイン演習
  • 観光計画学Ⅰ
  • 観光まちづくり論実習
  • Exercise on Community Development through Tourism
オフィスアワー質問がある場合には随時受け付けますので,e-mail等にてご連絡下さい.
研究室9号館252室
内線番号内線4241
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
ページトップへ