本文へ移動します

高間 康史

氏 名高間 康史タカマ ヤスフミたかま やすふみ 
職 位教授
所 属東京都立大学システムデザイン学部 情報科学科
システムデザイン研究科 情報科学域
2018年再編前の所属
システムデザイン学部 情報通信システムコース
システムデザイン研究科 情報通信システム学域
 
専門・研究分野Webインテリジェンス
最終学歴・学位東京大学大学院工学系研究科博士課程(1999年修了),博士(工学)(1999年取得)
研究テーマ情報可視化に関する研究,情報推薦に関する研究,Webインテリジェンスに関する研究,知的インタフェースに関する研究
研究キーワードWebインテリジェンス,情報可視化,情報推薦,human in the loop,人工知能
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【著書】
1. 高間 康史,情報可視化 ―データ解析・活用のためのしくみと考え方―,森北出版,2017.
2. 原島文雄(監修),山口亨,久保田直行,高間康史(共著),インテリジェントネットワークシステム入門,コロナ社,2008.
3. 土屋俊, 中島秀之, 中川裕志, 橋田浩一, 松原仁, 大澤幸生, 高間康史(編集), AI事典第2版, 共立出版, 2003.
4. 高間康史(著), 佐倉統(監修), 図解人工生命を見る, 同文書院, 1998.


【論文】
1. R. Takami, H. Shibata, Y. Takama, A Visual Analytics Interface for Formulating Evaluation Metrics of Multi-dimensional Time-series Data, IEEE Access, Vol. 9, pp. 102783-102800, 2021.
2. Y. Takama, J. Zhang, H. Shibata, Context-aware Music Recommender System Based on Implicit Feedback, Transaction of the Japanese Society for Artificial Intelligence, Vol. 36, No. 1, p. WI2-D_1-10, 2021.
3. R. Takami, H. Shibata, Y. Takama, An analytical framework for formulating metrics for evaluating multi-dimensional time-series data, IUI2020, pp. 207-211, 2020.
4. Y. Takama, Y. Chen, R. Misawa, H. Ishikawa, Analyzing Potential of Personal Values-based User Modeling for Long Tail Item Recommendation, JACIII, Vol. 22, No. 4, pp. 506-613, 2018.
5. Y. Takama, W. Sasaki, T. Okumura, C. Yu, L. Chen, H. Ishikawa, Walking Route Recommender for Supporting a Walk as Health Promotion, IEICE Trans. on Information and Systems, Vol. E100-D, No.4, 2017.
受 賞日本知能情報ファジィ学会論文賞(2020年,2007年,2002年),日本ファジィ知能情報学会奨励賞(2002年),第20回インテリジェンスとシステムシンポジウム論文賞(2010),ISCIIA2016 Best Paper Award, JACIII Best Paper Award (2020, 2019) など
主な学会活動IEEE, ACM,情報処理学会,電子情報通信学会,人工知能学会,日本知能情報ファジィ学会各会員
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • ビッグデータ・マイニング概論
  • プログラミング言語論(CS)
  • データマイニング
  • 情報可視化
  • プログラミング言語論(EECS)
  • 応用プログラミング
  • Webマイニング
  • 情報可視化システム特論
  • ビッグデータ・マイニング特別講義
  • 知識処理システム特論
  • メディア情報処理特別講義
  • 情報科学入門
オフィスアワー
研究室2号館103号室
内線番号内線8629
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成30年度
researchmap
ページトップへ