本文へ移動します

田島 敬之

氏 名田島 敬之タジマ タカユキたじま たかゆき 
職 位助教
所 属東京都立大学健康福祉学部 理学療法学科
人間健康科学研究科 理学療法科学域
2018年再編前の所属
健康福祉学部 理学療法学科
人間健康科学研究科 理学療法科学域
 
専門・研究分野
最終学歴・学位慶應義塾大学大学院健康マネジメント研究科,博士(公衆衛生学)
研究テーマ身体活動と健康に関する研究
身体活動促進に向けた多面的介入研究
高齢者の要介護予防に向けた暮らし方と健康に関する疫学研究
研究キーワードヘルスプロモーション,身体活動,運動疫学,公衆衛生学,予防医学
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
<総説>
田島敬之,齋藤義信,小熊祐子.2021.身体活動ガイドラインの認知・知識の評価方法,並びに身体活動量との関連性についてのレビュー.運動疫学研究23(1): 15-35

小熊祐子,大澤祐介,田島敬之,飯田健次,岡瑞紀,三村將,武林亨.2015.地域住民を対象に身体活動(運動)などによる認知機能への効果を検討した介入研究についてのレビュー.慶應義塾大学スポーツ医学研究センター紀要: 20-40

<原著論文>
鈴木康裕,田島敬之,村上史明,高野大,亀沢和史,青木航大,羽田康司. 2021. ボード・ゲームが身体活動量に及ぼす影響 ―男性職員を対象とした予備的検討―. 運動疫学研究 23(1): 57-69

Takayuki Tajima, Yoshinobu Saito, Riri Kato, Yayoi Kibayashi, Motohiko Miyachi, I-Min Lee, Yuko Oguma. 2018. Awareness of Physical Activity Promotion, Physical Activity, and Sedentary Behavior in Elderly Japanese. The Journal of Physical Fitness and Sports Medicine 7(2): 113-118

Yoshinobu Saito, Yuko Oguma, Ayumi Tanaka, Masamitsu Kamada, Shigeru Inoue, Junko Inaji, Yoshitaka Kobori, Takayuki Tajima, Riri Kato, Yayoi Kibayashi, Yumi Narumi, Ayano Takeuchi, Motohiko Miyachi, I-Min Lee, Toru Takebayashi. 2018. Community-wide physical activity intervention based on the Japanese physical activity guidelines for adults. Preventive Medicine 107: 61-88

齋藤義信,小熊祐子,田島敬之,加藤梨里,木林弥生,宮地元彦,武林亨.2018.地域在住高齢者における個人レベルのソーシャル・キャピタルと身体活動との関連:横断研究.体力科学 67(2): 177-185

<資料>
天笠志保,松下宗洋,田島敬之,香村恵介,中田由夫, 小熊祐子,井上茂,岡浩一朗.2021「身体活動を支える8つの投資」日本語版の紹介.運動疫学研究 23(2): inpress

<特別報告>
齋藤義信,田島敬之,柴知里,小熊祐子.2019.身体活動促進のためのポピュレーションアプローチ:ふじさわプラス・テンの取り組み.日本健康教育学会 27(1): 71-81

小熊祐子,齋藤義信,田島敬之.2019.がんサバイバーの身体活動・運動と健康増進.日本健康教育学会 27(1): 71-81

<短報>
田島敬之, 谷浩明.2015. 医療系大学生における運動行動変容ステージと心理的・社会的要因の関連性.
リハビリテーション教育研究 20: 44-45

<学会発表>
齋藤義信,小熊祐子,今村晴彦,田島敬之,中村翔,成松宏人.2021.フレイルと住民主体のグループ運動との関連:横断研究.第31回日本疫学会学術総会

小熊祐子,齋藤義信,佐藤真治,田島敬之,田村好史,津下一代,宮下政司.2020.慢性疾患有病者に対する身体活動基準案の作成・方向性の検討.シンポジウム3「身体活動基準2013と身体活動指針(アクティブガイド)の改定に向けて」.第75回日本体力医学会大会

Naoko Shinmura, Yuko Oguma, Takayuki Tajima, Yoshinobu Saito, Yukiko Abe, Yasumichi Arai. 2019. Sedentary behavior and physical activities of 85-89-year-old Japanese men and women ―A descriptive study on the Kawasaki Well-being Project (KWP). The 10th APRU Population Aging Conference

Yukiko Kawata, Yuko Oguma, Takayuki Tajima, Yoshinobu Saito, Yukiko Abe, Yasumichi Arai. 2019. Physical Activity and Body Composition in 85-89 years old Japanese: A descriptive study on Kawasaki Well-being Project (KWP). The 10th APRU Population Aging Conference

川瀬敦子,齋藤義信,田島敬之,伊藤智也,小熊祐子.2019.壮年期と高齢期における個人レベルのソーシャル・キャピタルと主観的健康観の関連.第78回日本公衆衛生学会総会

齋藤義信,小熊祐子,今村晴彦,田島敬之,伊藤智也,川瀬敦子.2019.住民主体のグループ運動の実施状況:藤沢市老人クラブを対象とした悉皆調査.第78回日本公衆衛生学会総会

伊藤智也,小熊祐子,齋藤義信,田島敬之,川瀬敦子.2019.高齢者コミュニティにおけるグループ運動参加者の移動機能と体力変化に関する縦断研究.第78回日本公衆衛生学会総会

伊藤智也,小熊祐子,齋藤義信,田島敬之.2019.身体活動を周囲に推奨する高齢者の特徴と動機要因-ふじさわプラス・テンプロジェクト 地域高齢者グループにおける混合研究-.第28回日本健康教育学会学術大会

田島敬之.2018.リハビリテーション職種への運動疫学手法の普及・啓発に向けて -運動疫学との出会い・学び・広がり-. シンポジウム2「運動疫学を担う熱き若手の思い-エキスパートの期待を添えて-」.第21回日本運動疫学会学術総会

田島敬之.2018.運動介入研究の立案過程の紹介.シンポジウム3「疫学マインドが魅せる研究計画のブラッシュアップ」.第73回日本体力医学会大会

齋藤義信,田島敬之,小熊祐子.2018.身体活動促進のポピュレーション戦略:ふじさわプラス・テンプロジェクトを事例に.シンポジウムⅠ「運動疫学研究の今とこれから」.第21回日本運動疫学会学術総会

齋藤義信,田島敬之,柴知里,小熊祐子.2018.身体活動促進のためのポピュレーションアプローチ「ふじさわプラス・テン」の取り組み.シンポジウムⅠ「健康教育,ヘルスプロモーションの評価から得られること」.第27回日本健康教育学会学術大会

小熊祐子,田島敬之,飯田健次,齋藤義信.2018.ライフステージに応じた生活習慣評価とアドバイス-身体活動を中心に-.シンポジウム26「特定健診,人間ドック,アンチエイジングドックの現状の課題」.第18回日本抗加齢医学会総会

小熊祐子,齋藤義信,田島敬之.2018.がんサバイバーの身体活動・運動と健康増進.シンポジウムⅡ「がん患者サバイバーシップへの支援」.第27回日本健康教育学会学術大会.(シンポジウム)

Takayuki Tajima, Yoshinobu Saito, Yayoi Kibayashi, Yuko Oguma. 2018. Effects of replacing sedentary behavior with different intensities of physical activity on physical function among community-dwelling elderly: A cross-sectional study. 7th International Society for Physical Activity and Health Congress

Yoshinobu Saito, Ayumi Tanaka, Takayuki Tajima, Yayoi Kibayashi, Motohiko Miyachi, Yuko Oguma. 2018. RE-AIM evaluation of a community-wide physical activity intervention based on the Japanese guideline in adults: the Fujisawa +10 project. 7th International Society for Physical Activity and Health Congress

Yuko Oguma, Takayuki Tajima, Yoshinobu Saito, Shogo Fukui, Yayoi Kibayashi, Natsuko Yoshida, Noboru Harada, Kenji Iida, Hiroyuki Ishida, Takumi Hirata, Yukiko Abe, Yasumichi Arai. 2018. Relationship of objectively measured physical activity and physical function of community-dwelling very old in Kawasaki, Japan: Baseline assessment of Kawasaki well-being Prospective Cohort Study. 7th International Society for Physical Activity and Health Congress

Yoshinobu Saito, Yuko Oguma, Takayuki Tajima, Ayumi Tanaka Yayoi Kibayashi, Chisato Shiba, Motohiko Miyachi, Toru Takebayashi. 2018. Maintenance of physical activity level and dissemination of “Plus Ten” message in community-based group exercise. ACSM's 65th Annual Meeting

Yuko Oguma, Yoshinobu Saito, Takayuki Tajima, Yumi Narumi, Riri Kato, Yasumichi Arai, Yuji Ohgi, Hiroko Komatsu, Miki Akiyama, Motohiko Miyachi, Masaru Mimura, Toru Takebayashi. 2017. Physical activity, fitness and cognitive function among community-dwelling elderly -baseline data of Fujisawa Plusten Project. ACSM's 64th Annual Meeting

Yoshinobu Saito, Takayuki Tajima, Motohiko Miyachi, Yuko Oguma. 2016. Stages of change for physical activity behavior and social capital among elderly Japanese: a structural equation modeling analysis. 6th International Society for Physical Activity and Health Congress

加藤梨里, 小熊祐子, 齋藤義信, 田島敬之, 鳴海有美, 武林亨.2016. 地域在住高齢者の暮らし向きと身体活動の関連〜質問紙調査による横断的検討〜. 第75回日本公衆衛生学会

須賀祐次, 齋藤義信, 田島敬之, 加藤梨里, 木林弥生, 柴知里, 武智小百合, 三村將, 小熊祐子.2016.
地域在住高齢者の身体活動量とやる気の関連~ふじさわプラス・テンプロジェクトより~. 第19回日本運動疫学会学術総会

黄篝筑, 齋藤義信, 田島敬之, 加藤梨里, 木林弥生, 宮地元彦, 小熊祐子.2016. 地域との関わりと身体活動量との関連~ふじさわプラス・テンプロジェクトより〜. 第19回日本運動疫学会学術総会

Takayuki Tajima, Yuko Oguma, Yoshinobu Saito, Yayoi Kibayashi, Riri Kato, Motohiko Miyachi, Toru Takebayashi.2016. Awareness of a physical activity campaign, physical activity, and sedentary behavior in Japanese elderly adults. ACSM's 63rd Annual Meeting

Yoshinobu Saito, MasamitsuKamada, Shigeru Inoue, Junko Inaji, Yoshitaka Kobori, Takayuki Tajima, Yuko Oguma. 2016. Community-wide promotion of physical activity based on Hapanese physical activity guideline in aduluts: “The Fujisawa +10” project. ACSM's 63rd Annual Meeting

小熊祐子, 齋藤義信, 田島敬之.2016. エクササイズとメンタルヘルス プラス・テンからはじめる認知症予防. 第16回日本抗加齢医学会総会

加藤梨里,齋藤義信,松本拓也,木林弥生,田島敬之,小熊祐子.2016. 身体活動促進のコミュニティ・ワイド・キャンペーン-市民団体と実施した健康講座受講者の特徴-,第166回日本体力医学会関東地方会

加藤梨里,小熊祐子,田島敬之,齋藤義信,秋山美紀,武林亨.2015. 身体活動促進のコミュニティ・ワイド・キャンペーン-市民講座受講者の特徴と今後-,第74回日本公衆衛生学会

小熊祐子,田島敬之,加藤梨里,齋藤義信,秋山美紀,武林亨.2015. 身体活動促進のコミュニティ・ワイド・キャンペーン-地域住民の追跡調査-. 第74回日本公衆衛生学会

田島敬之, 谷浩明.2015. 医療系大学生における運動行動変容ステージと心理的・社会的要因の関連性.
第27回全国リハビリテーション学校協会教育研究大会
受 賞
主な学会活動日本理学療法士学会
日本運動疫学会
日本公衆衛生学会
日本体力医学会
日本健康教育学会
社会等との関わり日本理学療法士協会 ガイドライン・用語策定委員会 糖尿病理学療法ガイドライン システマティックレビュー班員
日本運動疫学会 セミナー委員
日本運動疫学会 プロジェクト研究委員
スマートウェルネス住宅等推進調査委員会 調査・解析小委員会 委員
個人のURL
担当科目
  • 機能・能力診断学
  • 運動学実習
  • 理学療法研究法
  • 筋・骨格系理学療法学実習
  • 総合臨床実習Ⅰ
  • 総合臨床実習Ⅱ
  • 機能・能力診断学演習
  • 臨床見学実習
  • 理学療法学研究法特論
  • 理学療法学研究法特論
オフィスアワー
研究室校舎棟研究室162
内線番号内線341
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
ページトップへ