本文へ移動します

瀨高 渉

氏 名瀨高 渉セタカ ワタルせたか わたる 
職 位教授
所 属東京都立大学都市環境学部 環境応用化学科
都市環境科学研究科 環境応用化学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 分子応用化学コース
都市環境科学研究科 分子応用化学域
 
専門・研究分野物理有機化学 構造有機化学 合成化学
最終学歴・学位博士(理学)
研究テーマ分子機械の創製
特異な構造を有する有機典型元素化合物の設計・合成・構造および機能性
研究キーワード有機化合物、合成化学、分子機械、有機ケイ素化合物
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
W. Setaka, K. Inoue, S. Higa, S. Yoshigai, H. Kono, K. Yamaguchi, "Synthesis of Crystalline Molecular Gyrotops and Phenylene Rotation inside the Cage", J. Org. Chem., 79, 8288-8295 (2014). (doi:10.1021/jo501539h)

W. Setaka, S. Ohmizu, M. Kira, "Kinetic stabilization against oxidation reaction induced by a silaalkane cage in thiophene-bridged molecular gyroscope", Chem.Commun., 50, 1098-1110 (2014). (doi:10.1039/C3CC48205G)

W. Setaka, K. Yamaguchi, "Order-Disorder Transition of Dipolar Rotor in a Crystalline Molecular Gyrotop and Its Optical Change", J. Am. Chem. Soc., 135, 14560-14563 (2013). (doi:10.1021/ja408405f)

W. Setaka, K. Yamaguchi, ”A Molecular Balloon: Expansion of a Molecular Gyrotop Cage Due to Rotation of the Phenylene Rotor”, J. Am. Chem. Soc., 134, 12458-12461 (2012). (doi:10.1021/ja305822e)

W. Setaka, K. Yamaguchi, "Thermal modulation of birefringence observed in a crystalline molecular gyrotop", Proc. Natl. Acad. Sci. USA, 109, 9271-9275 (2012). (doi:10.1073/pnas.1114733109)
受 賞2013年度 長瀬研究奨励賞
主な学会活動2017-2018年度 日本化学会 関東支部幹事
社会等との関わり2014年度 首都大学東京「1日体験化学教室」責任者
個人のURL
担当科目
  • 材料プロセス工学
  • 応用化学英語1
  • 応用化学英語2
  • 応用化学英語1
  • 応用化学英語2
  • 応用化学英語1
  • 材料熱力学2
  • 応用化学英語2
  • 材料プロセス工学
  • 応用化学英語1
  • 応用化学英語2
  • 応用化学英語1
  • 応用化学英語2
  • 応用化学英語1
  • 材料熱力学2
  • 応用化学英語2
  • 先端物質デザイン化学特論I
  • 先端物質デザイン化学講究Ⅰ
  • 先端物質デザイン化学講究Ⅱ
  • 先端物質デザイン化学特論I
  • 先端物質デザイン化学講究Ⅰ
  • 先端物質デザイン化学講究Ⅱ
オフィスアワー毎週水曜 午後
研究室先端物質デザイン分野 瀬高研究室
内線番号内線4955
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成30年度
researchmap
取組成果
ページトップへ