本文へ移動します

三浦 大樹

氏 名三浦 大樹ミウラ ヒロキみうら ひろき 
職 位助教
所 属首都大学東京都市環境学部 環境応用化学科
都市環境科学研究科 環境応用化学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 分子応用化学コース
都市環境科学研究科 分子応用化学域
 
専門・研究分野触媒科学,有機合成化学,有機金属化学
最終学歴・学位京都大学 大学院工学研究科 物質エネルギー化学専攻 博士課程修了 博士(工学)
研究テーマ省エネルギー化、省資源化を実現し、より住みやすい都市環境を構築する上で新規な触媒の開発は非常に重要です。なかでも高付加価値品を 生み出す為の有機分子変換反応を、高効率かつ高選択的に進行させ、また容易に再利用できるなどの高い環境調和性能を有する新しい触媒 プロセス、特に不均一系触媒の開発を目指して研究を行っています。
研究キーワード触媒,有機合成,担持金属触媒,グリーンケミストリー,有機金属
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
<著書>
1) 触媒化学 ―基礎から応用まで (エキスパート応用化学テキストシリーズ) (田中 庸裕・山下 弘巳・薩摩 篤・町田 正人・宍戸 哲也・神戸 宣明・岩崎 孝紀・江原 正博・森 浩亮・三浦 大樹)(共著者) 講談社 2017年

<原著論文>
1)Carboxylate-Directed Addition of Aromatic C-H Bond to Unactivated Aldehydes under Ruthenium Catalysis
 Miura, H.; Terajima, S.; Shishido, T. ACS Catal. 2018, 8, 6246-6254.
2)Concerted Catalysis by Adjacent Palladium and Gold in Alloy Nanoparticles for the Versatile and Practical [2+2+2] Cycloaddition of Alkynes
 Miura, H.; Tanaka, Y.; Nakahara, K.; Hachiya, Y.; Endo, K.; Shishido, T. Angew. Chem. Int. Ed. 2018, 57, 6136-6140.
3)Hydrosilylation of Allenes over Palladium?Gold Alloy Catalysts: Enhancing Activity and Switching Selectivity by the Incorporation of Palladium into Gold Nanoparticles
 Miura, H.; Sasaki, S.; Ogawa, R.; Shishido, T. Eur. J. Org. Chem. 2018, 16, 1858-1862.
4)Supported Palladium?Gold Alloy Catalysts for Efficient and Selective Hydrosilylation under Mild Conditions with Isolated Single Palladium Atoms in Alloy Nanoparticles as the Main Active Site
 Miura, H.; Endo, K.; Ogawa, R.; Shishido, T. ACS Catal. 2017, 7, 1543-1553.
5)Ruthenium-catalyzed Addition of Aromatic Amides to Internal Alkynes and Subsequent Intramolecular Cyclization for the Atom-Economical Synthesis of Isoindolinones
 Miura, H.; Terajima, S.; Tsutsui, K.; Shishido, T. J. Org. Chem. 2017, 82, 1231-1289.
6)Intermolecular [2+2+1] Carbonylative Cycloaddition of Aldehydes with Alkynes, and Subsequent Oxidation to Gamma-Hydroxybutenolides by a Supported Ruthenium Catalyst
 Miura, H.; Takeuchi, K.; Shishido, T. Angew. Chem. Int. Ed. 2016, 55, 278.
7)Coupling of carboxylic acids with internal alkynes by supported ruthenium catalysts: direct and selective syntheses of multi-substituted phthalide derivatives
 Miura, H.; Tsutsui, K.; Wada, K.; Shishido, T. Chem. Commun. 2015, 51, 1654-1657.
8)Ruthenium-Catalyzed Intermolecular Hydroacylation of Internal Alkynes: The Use of Ceria-Supported Catalyst Facilitates the Catalyst Recycling
 Miura, H.; Wada, K.; Hosokawa, S.; Inoue, M. Chem. Eur. J. 2013, 19, 861-864.
9)Intermolecular Coupling of Alkynes with Acrylates by Recyclable Oxide-supported Ruthenium Catalysts: Formation of Distorted Ruthenium(IV)-oxo Species on Ceria as a Key Precursor of Active Species
 Miura, H.; Shimura, S.; Hosokawa, S.; Yamazoe, S.; Wada, K.; Inoue, M. Adv. Synth. Catal. 2011, 353, 2837-2843.
10)Recyclable Solid Ruthenium Catalysts for the Direct Arylation of Aromatic C-H Bonds
 Miura, H.; Wada, K.; Hosokawa, S.; Inoue, M. Chem. Eur. J. 2010, 16, 4186-4189.
11)A Heterogeneous Ru/CeO2 Catalyst Effective for Transfer-Allylation from Homoallyl Alcohols to Aldehydes
 Miura, H.; Wada, K.: Hosokawa, S.; Sai, M.; Kondo, T.; Inoue, M. Chem. Commun. 2009, 4112-4114.
受 賞日本化学会 第95春季年会 優秀講演賞(学術)(平成27年3月26日)
触媒学会 第121回触媒討論会 優秀講演賞(2018年3月23日)
首都大学東京 都市環境科学研究科 リーディングサイエンティスト(平成28年11月)
主な学会活動日本化学会、触媒学会、石油学会、有機合成化学協会、近畿化学協会
社会等との関わり触媒学会 触媒誌編集委員
触媒学会若手会委員
首都大学東京1日体験化学教室ー化学への招待ーにおける講師担当
個人のURL
担当科目
  • 情報リテラシー実践I 54
  • Instrumental Techniques for Material Chemistry
  • Instrumental Techniques for Material Chemistry
オフィスアワー
研究室9号館550室
内線番号内線4962
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成30年度
researchmap
取組成果
ページトップへ