本文へ移動します

村越 潤

氏 名村越 潤ムラコシ ジュンむらこし じゅん 
職 位教授
所 属首都大学東京都市環境学部 都市基盤環境学科
都市環境科学研究科 都市基盤環境学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 都市基盤環境コース
都市環境科学研究科 都市基盤環境学域
 
専門・研究分野橋梁工学、維持管理工学
最終学歴・学位博士(工学)
研究テーマ鋼橋の設計合理化、既設橋梁の耐荷力・耐久性評価、鋼部材の補修・補強技術
研究キーワード鋼橋の設計法合理化、鋼橋の耐荷力・耐久性評価、疲労、腐食、補修・補強、維持管理
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
(1)田中良樹,石田雅博,村越潤:道路橋における凍結融解とASRの影響を受けたコンクリートの劣化調査,土木学会論文集,Vol.72,No.3,2016.7.
(2)森猛,松井喜昭,平野秀一,原田英明,村越潤 : 移動荷重を受ける鋼|桁ウェブガセット溶接部の応力性状,土木学会論文集,Vol.72,No.2,2016.8.
(3)小峰翔一,村越潤,高橋実,野上邦栄,栗原雅和,田代大樹,岸祐介,依田照彦,笠野英行:断面欠損を有する鋼トラス橋圧縮部材残存耐荷力に関する実験的検討,土木学会論文集,Vol.72,No.1,2017.2.
(4)村越潤,澤田守,山階清永,山口隆司,石原大作:高力ボルト摩擦接合継手における接合面の塗装条件および暴露期間がすべり係数に与える影響の検討,土木学会論文集,Vol. 73,No. 1,2017.2.
(5)田中良樹,村越潤,玉越隆史,新藤竹文:曲げを受ける鉄筋コンクリートに接着されたCFRPシートの破断,構造工学論文集,Vol.63A,2017.3.
(6)佐藤歩,佐々木寛幸,村越潤,小野秀一,森猛 : 鋼床版実大試験体上面に敷設したSFRC 舗装接合面の引張強度の経年変化に関する調査,第9回道路橋床版シンポジウム,pp.157-162, 2016.11.
(7)佐々木寛幸,佐藤歩,村越潤,小野秀一,森猛:小型試験体SFRCと鋼板との接着材接合面の強度及び耐久性に関する実験的検討,第9回道路橋床版シンポジウム,pp.163-168, 2016.11.
(8)Nishi,Y.,Kishi,Y.,Nogami,K. and Murakoshi,J.:Evaluation of stress distribution at the beam-to-column connection of T shape steel pier and application properties to advance analysis method, Proceedings of 11th Pacific Structural Steel Conference,Shanghai,China,Oct.29-31,2016.
(9)Nakata,Y.,Matsumoto,S.,Kishi,Y.,Nogami,K.,Murakoshi,J.,Hosomi,N.,Inoue,R. and Irube,T.:Load carrying capacity test and finite element analysis for a steel riveted plate girder bridge’s support area with corrosion damage, Proceedings of 11th Pacific Structural Steel Conference,Shanghai,China,Oct.29-31,2016.
(10)Inoue,K.,Nogami,K.,Kishi,Y.,Murakoshi,J.,Takahashi,M.,Komine,S.,Yoda,T. and Kasano,H.:Numerical evaluation on the ultimate strength of steel truss bridge’s compression member with simulated corrosion, Proceedings of 11th German Japanese Bridge Symposium,Aug.29-31,2016.
(11)森猛,松井喜昭,佐藤歩,原田英明,村越潤:移動荷重を受ける鋼I桁面外ガゼット溶接部の疲労強度,土木学会論文集A1(構造・地震工学),Vol.73,No.1,pp.294-312,2017.4.
(12)木村友則,細谷朗,高橋実,小池光裕,村越潤:SHアレイ探触子を用いた鋼板腐食部の残存肉厚測定法,非破壊検査 Vol.67, No.1, pp.40-46, 2018.1.
(13)Haba, S., Murakoshi, J., Ono, S., Sato, A. and Mori, T.: Tensile strength tests on adhesively bonded joint area of orthotropic steel deck with SFRC overlay exposed in outdoor environment, Proceedings of 9th International Symposium on Steel Structures, pp.446-450, November 1-4, 2017, Jeju, Korea
(14)幅三四郎,村越潤,小野秀一,佐藤歩:屋外暴露した鋼床版SFRC舗装試験体の接着剤接合部の経年劣化傾向,日本鋼構造協会第25回鋼構造年次論文報告集,Vol.25, No.9, pp.63-70, 2017.11.
(15)中田祐利花,野上邦栄,村越潤,岸祐介:鉄道リベット桁橋桁端部の応力性状と有効断面評価に関する一考察,日本鋼構造協会第25回鋼構造年次論文報告集,Vol.25, No.9, pp.449-456, 2017.11. 
(16)岸祐介,小沢武仁,村越潤,野上邦栄,岩下慎吾,平山博,石井喜代志:径間数,サグ比の異なる超長大多径間吊橋の耐荷力特性,構造工学論文集,Vol.64A, pp.86-98 , 2018.3.
(17)平山繁幸,村野益巳,村越潤,窪田光作,高橋晃浩,入江健夫:既設鋼床版橋梁におけるデッキ貫通型き裂の進展に関する検討,構造工学論文集,Vol.64A, pp.560-572, 2018.3.
受 賞
主な学会活動土木学会、日本鋼構造協会
社会等との関わり2016-現在 日本道路協会 橋梁委員会 委員
2016-2017 日本道路協会 鋼橋小委員会 委員長
2016-現在 土木学会 鋼構造委員会 委員
2016-現在 鋼構造協会 土木鋼構造診断士専門委員会 委員
2016-現在 鋼構造協会 鋼橋の強靱化・長寿命化研究委員会 副委員長

2016,2017  国土交通省国土交通大学校 特別講座道路保全(疲労コース)研修「全体討議」講師
2016,2017  国土交通省国土交通大学校 専門課程道路構造物(係長級)設計・施工コース 研修講師「構造力学の基礎」
2016,2017  国土交通省国土交通大学校 度専門課程道路構造物(基礎)研修講師「鋼構造」
2016,2017 橋梁調査会 橋梁診断(検査)技術研修講師「鋼橋の最近の損傷と対策(疲労)」
2016,2017  岐阜大学 前期・後期ME養成講座(インフラマネジメント技術研究センター)講師「鋼橋の損傷と対策」
2016,2017  東京都道路整備保全公社 道路メンテナンス基礎講習会 講師
2016   国土交通省関東地方整備局 道路メンテナンスの大切さを考える講演会 講師「道路橋の老朽化と対策」
2017   第22回土木鋼構造シンポジウム 基調講演「道路橋示方書Ⅱ鋼橋・鋼部材編の改定について」
個人のURL
担当科目
  • 情報リテラシー実践I 52
  • 都市の技術
  • 社会基盤管理
  • 測量学実習
  • 土木構造学
  • 橋梁工学
  • 社会基盤工学講究Ⅰ
  • 社会基盤工学講究Ⅱ
  • 社会基盤工学講究Ⅲ
  • 社会基盤工学講究Ⅳ
  • 社会基盤工学講究Ⅴ
  • 社会基盤工学講究Ⅰ
  • 社会基盤工学講究Ⅱ
  • 社会基盤工学講究Ⅲ
  • 社会基盤工学講究Ⅳ
  • 社会基盤工学講究Ⅴ
  • 橋梁工学特論I
  • 橋梁工学特論II
  • 土木構造設計学特論
  • 土木構造設計学演習
  • 社会基盤工学講究Ⅰ
  • 社会基盤工学講究Ⅱ
  • 社会基盤工学講究Ⅲ
  • 社会基盤工学講究Ⅳ
  • 社会基盤工学講究Ⅴ
  • 社会基盤工学講究Ⅰ
  • 社会基盤工学講究Ⅱ
  • 社会基盤工学講究Ⅲ
  • 社会基盤工学講究Ⅳ
  • 社会基盤工学講究Ⅴ
  • 橋梁工学特論I
  • 橋梁工学特論II
  • 都市の技術
オフィスアワー火 4時限
研究室9号館626号室
内線番号内線4562
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ