本文へ移動します

木村 草太

氏 名木村 草太キムラ ソウタきむら そうた 
職 位教授
所 属首都大学東京法学部 法学科 法律学コース
法学政治学研究科 法学政治学専攻
2018年再編前の所属
都市教養学部 法学系 法律学コース
社会科学研究科 法学政治学専攻
 
専門・研究分野憲法
最終学歴・学位学士(法学)
研究テーマ平等原則、差別されない権利、思想・良心の自由、地方自治、子供の権利など
研究キーワード平等 憲法 人権 非差別
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
『平等なき平等条項論』(東京大学出版会・2008年)
『憲法学再入門』(有斐閣・2015年・共著)
『憲法の条件』(NHK出版新書2016年)
『憲法の急所(第2版)』(羽鳥書店、2017年)
『子どもの人権をまもるために』(晶文社、2018年・共著)
『自衛隊と憲法』(晶文社、2018年)

「公務員の政治的行為の規制について」法律時報85巻2号(2013年)
「憲法判断の方法――『それでもなお』の憲法理論」高橋和之先生古希記念『現代立憲主義の諸相』(有斐閣・2013年)
「立法過程の法的統制――立法裁量・立法目的・立法事実」憲法理論研究会編『憲法理論研究会叢書? 変動する社会と憲法』(啓文堂・2013年)
「法の下の平等――差別の問題と厳格審査の理論」・「憲法の変容――憲法改正・抵抗権・国家緊急権」南野森編『憲法学の世界』(2013年)
「憲法9条の機能と意義――国家の実力行使の諸類型と憲法」論究ジュリスト9号(2014年)
「第14修正の起草者ビンガムの生涯」アメリカ法2015-2(2015年)
「集団的自衛権と7・1閣議決定」論究ジュリスト13号(2015年)
「憲法25条と生活保障・居住福祉」居住福祉研究21号(2016年)
「夫婦同姓合憲判決の意味:何の区別が問題なのか?」自由と正義67巻6号(2016年)
「非嫡出子相続分違憲決定はどう読まれるべきか? : 違憲の時点と違憲を認識した時点」国際人権法学会報26号(2016年)
「憲法と同性婚」杉田敦編『グローバル化の中の政治』(岩波書店・2016年)
「集団的自衛権の三国志演義」憲法問題28号2017年
「憲法を学問する・パネルディスカッション」法学教室444号(2017年)
「平等権と違憲審査基準:適切な権利の使い分け」法学教室452号(2018年)
「死刑違憲論を考える」世界2018年9月号(2018年)
受 賞
主な学会活動公法学会、憲法理論研究会、全国憲法研究会
社会等との関わり東京大学21世紀COE「国家と市場の相互関係におけるソフトロー」
特任研究員・特任准教授として参加。
個人のURL
担当科目
  • 憲法一部
  • 法律学政治学特殊講義(将棋で学ぶ法的思考・文書作成)
  • 法律学政治学演習(憲法)
  • 憲法一部
  • 法律学政治学特殊講義(将棋で学ぶ法的思考・文書作成)
  • 法律学政治学演習(憲法)
  • 法律学総合演習
  • 公法学特殊研究Ⅰ
  • 法律学総合演習
  • 法律学総合演習
  • 公法学特殊研究Ⅰ
  • 法律学特別演習
  • 法律学総合演習
  • 公法学特殊研究Ⅱ
  • 公法学特殊研究Ⅱ
  • 公法学特殊研究Ⅱ
  • 公法学特殊研究Ⅱ
  • 憲法総合2
  • 公法総合演習
  • 憲法総合2
  • 公法総合演習
  • 法律学総合演習
  • 公法学特殊研究Ⅰ
  • 法律学特別演習
  • 法律学総合演習
  • 公法学特殊研究Ⅰ
  • 法律学特別演習
  • 法律学総合演習
  • 公法学特殊研究Ⅱ
  • 公法学特殊研究Ⅱ
  • 公法学特殊研究Ⅱ
  • 公法学特殊研究Ⅱ
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ