教員イメージ
KANAZAKI Masahiro
教授

金崎 雅博 カナザキ マサヒロ かなざき まさひろ

プロフィール

所属

東京都立大学システムデザイン学部 航空宇宙システム工学科
システムデザイン研究科 航空宇宙システム工学域

最終学歴・学位

博士(情報科学)

専門・研究分野

最適設計,システム設計,高速空気力学

研究

研究テーマ

最適設計法・メタヒューリスティック
将来型航空機・宇宙機
超音速航空機
火星探査航空機・火星探査用ドローン
ハイブリッドロケット
スペースデブリ投棄衛星軌道最適化

研究キーワード

航空機・宇宙機設計,機体設計,高速流体力学,最適設計,進化的アルゴリズム

研究イメージ
研究紹介

詳細情報

査読付論文
Kishi, Y., Kanazaki, M., and Makino., Y., "Supersonic Forward-Swept Wing Design Using Multi-Fidelity Efficient Global Optimization", Journal of Aircraft, Feb. 2022. [doi: 10.2514/1.C036422].
岸 祐希,Atthaphon Ariyarit,金崎 雅博,「実世界問題の効率的解決に向けた多点並列追加サンプリング多目的 Multi-Fidelity 設計法の開発と翼型最適化問題への適用」,進化計算学会論文誌,12 巻 3 号, pp. 137-147, 2021年1月.
Phiboon, T., Khankwa, K., Petcharat, N., Phoksombat, N., Kanazaki, M., Kishi, Y., Bureerat, S., and Ariyarit, A., "Experiment and computation multi-fidelity multi-objective airfoil design optimization of fixed-wing UAV," Journal of Mechanical Science and Technology, Springer, Vol. 35, No. 9, pp. 4065-4072, September 2021. [DOI: 10.1007/s12206-021-0818-3]
Kanazaki, M., Setoguchi, N., and Yamada, Y., "Evolutionary Algorithm Applied to Time-Series Landing Flight Path and Control Optimization of Supersonic Transport," Neural Computing and Applications, Springer, July 2021. [DOI: 10.1007/s00521-021-06264-4]
Ariyarit, A., Phiboon, T., Kanazaki, M., and Bureerat, B., "The Effect of Multi-additional Sampling for Multi-fidelity Efficient Global Optimization," Symmetry, Multidisciplinary Digital Publishing Institute, September 2020. [DOI: 10.3390/sym12091499] (2020Impact factor: 2.645)
Ariyarit, A., and Kanazaki, M., "Approach Combining an Efficient and Global Evolutionary Algorithm with a Gradient-Based Method for Airfoil Design Problems," Smart Science, Elsevier, 2020. (accepted)[DOI: 10.1080/23080477.2020.1726007]
岸 祐希, 牧野 好和, 金崎 雅博,「Euler方程式と拡張Burgers方程式に基づく前進翼平面形におけるソニックブーム強度の数値的調査」,航空宇宙技術,19号,p. 1-9,2020年1月. [DOI: 10.2322/astj.JSASS-D-19-00013]
Omichi, Y., Kobayashi, K., and Kanazaki, M. “Numerical Investigation of Wake Structures of An Atmospheric Entry Capsule by Modal Analysis, ” Physics of Fluids, AIP (American Institute of Physics) Publishing, NY, USA, (accepted.)
Kanazaki, M., Tomisawa, K., Fujita, K., Oyama, A., and Nagai, H., “Aerodynamic Performance of Control Surfaceson Mars Airplane Balloon Experiment Two", Journal of Fluid Science and Technology, JSME, Vol. 14, Issue 3, pp. JFST0017, Dec. 2019. [DOI: 10.1299/jfst.2019jfst0017]
金崎雅博,小林保鷹,村山光宏,伊藤靖,山本一臣,「スラット騒音低減のための低コスト評価パラメータの検討」,航空宇宙技術,日本航空宇宙学会,第18巻,pp. 207-216, 2019.[DOI: 10.2322/astj.JSASS-D-19-00023]
Kanazaki, M., and Saisyo, R., "Genetic Algorithm Applied to the Time-Series Landing Flight Path and Control Optimization of a Supersonic Transport," Genetic Algorithm Applied to the Time-Series Landing Flight Path and Control Optimization of a Supersonic Transport, Association of Computing Machinery, NY, USA, pp. 19-24, June 2019.
Kishi, T., Kitazaki, S., Makino, Y., Kanazaki, M., Ariyarit, Y., "Planform Dependency of Optimum Cross-sectional Geometric Distributions for Supersonic Wing," Aerospace Science and Technology, Elsevier, Vol. 90, pp. 181-193, 2019. [DOI: 10.1016/j.ast.2019.03.057]

学会等での招待講演、基調講演
金崎雅博,「大域的最適化法による実用的CAEに向けて~modeFRONTIERを活用した実践事例~」,IDAJ CAE Solution Conference 2019,横浜,2019年11月.
金崎雅博,「進化計算法の現状と航空宇宙工学における応用」,VINAS Users Conference 2019,2019年10月10日.
金崎雅博,「航空宇宙空気力学と航空宇宙機設計」,鹿児島県立楠隼中高一貫校 「宇宙学」,2019年10月9日.
金崎雅博,「未来の航空機を創造する」,第116回 六華サロン(講演会・懇親会),東京,2019年8月23日.
金崎雅博,「スーパーコンピューティングによる将来の航空機・宇宙機の研究」,第3回首都大学東京 都立高校生のための先端研究フォーラム,2019年7月11日.
金崎雅博,「空力設計問題における大域的最適化法の活用」,NUMECA Japan Conference 2019,2019年6月.
金崎雅博,「大域的最適化法による実問題解決のための効率化に関する取り組み~JAXA “Harmonee“への実装」,VINAS トップソリューション春セミナー 2019,2019年5月15日.

国際会議論文
Harafuji, M., Omichi, Y., and Kanazaki., M., "Mode Decomposition Analysis for Low-Frequency Phenomenon of the Wake behind a Normal Flat Plate," AIAA SciTech 2022 San Diego, CA & Online, AIAA 2022-1982, January 2021. [DOI: 10.2514/6.2022-1982]
Yoshida, S., Kanazaki, M., and Yamada, Y., "Stage Separation Dynamics Optimization via Aerodynamics and Flight Dynamics Simulation to Avoid Collision During TSTO Separation by Aerodynamics and Flight 【】Dynamics Simulation," Aerospace Europe Conference 2021, Paper ID#175, virtual, Nov. 2021.
Nakamura, H., Horie, S., Kanazaki, M., Fujita, K., Nagai, "Numerical Investigation: Influence of Propeller Wake on Mars Exploration Airplane’s Stability," CRF-40, The 18th International Conference on Flow Dynamics (ICFD2021), Virtual, October 2021.
Chiba, K., Hatta, T., and Kanazaki, M., "Hypothesis Verification for Designing Flyback Booster by Analysis of Variance Visualized on Triangular Matrix Representations," The Fifth International Conference on Data Mining and Big Data (DMBD'2020), (accepted), Belgrade, Seriba, July, 2020.
Chiba, K., Sawahara, M., and Kanazaki, M., "A Wholly Automated Optimization System Regardless of Computing Platforms for Evaluating Aero/Aerothermodynamic Performance," 14th WCCM ECCOMAS Congress 2020 (Paris), 19-24 July 2020.
Kanazaki, M., Yamada, Y., Nakamiya, M., "Performance of Space Debris Removal Satellite Considering Total Thrust by Evolutionary Algorithm," 2020 IEEE Aerospace Conference, March, 2020.
Setoguchi, N, and Kanazaki, M.,"Low-Speed and High Angle of Attack Aerodynamic Characteristics of Supersonic Business Jet with Forward Swept Wing," AIAA Scitech 2020 Forum, Orlando, FL, AIAA 2020-0534, January 2020. [DOI: 10.2514/6.2020-0534]
Uwatoko, K., Kanazaki, M., Nagai, H., Fujita, K., and Oyama, A., "Blade Element Theory Coupled with CFD Applied to Optimal Design of Rotor for Mars Exploration Helicopter," AIAA Scitech 2020 Forum, Orlando, FL, AIAA 2020-1284, January 2020. [DOI: 10.2514/6.2020-1284]
Aryarit, A. and Kanazaki, M., "Multi-Additional Sampling for Multi-Objective and Multi-Fidelity Optimization Applied to Airfoil Design Problems," EUROGEN2019.
Kanazaki, M., Kittaka, H., Oyama, A., Fujita, K., and Nagai, H., "Numerical Simulation of Dynamic Derivatives for Mars Airplane Balloon Experiment-2 (MABE-2)," The 16th International Conference on Flow Dynamics (ICFD2019), CRF-39, November 2019.

国内発表
中村晴香,堀江史郎,金崎雅博,藤田昂志,永井大樹,「火星探査航空機縦安定性へのプロペラ後流の影響」,令和3年度 宇宙航行の力学シンポジウム,オンライン,2021年12月.
五十嵐 亮介, 村山 光宏 ,山本 一臣 , 伊藤 靖, 金崎 雅博,「クルーガーフラップのブルノーズ形状と展開角の空力・騒音多目的最適設計」,D03-4,第 35 回数値流体力学シンポジウム,virtual,2021年12月.
高野照周 , 金崎 雅博,「グリッドフィン配置に着目したVTVLロケットの数値計算」,D03-1,第 35 回数値流体力学シンポジウム,virtual,2021年12月.
金崎雅博,岸 祐希,八代 理聖,小林 大介,「低ブーム前進翼成立性に関する空力研究」,2B08,第59回飛行機シンポジウム,virtual,2021年12月.
堀江史郎,「プロペラ周りの流れ場が火星飛行機の空力特性に与える影響」,1E09,第59回飛行機シンポジウム,virtual,2021年12月.
大山聖, 藤田昂志, 安部明雄, 安養寺正之, 金崎雅博, 高野敦, 得竹浩, 永井大樹,「火星飛行機の第2回高々度飛行試験MABE-2の概要」,4B02,第65回宇宙科学技術連合講演会,virtual, 2021年11月.
藤田昂志,安部 明雄,安養寺 正之,金崎 雅博,高野 敦,得竹 浩,永井 大樹,大山 聖,「火星飛行機の第2回高々度飛行試験MABE-2の結果速報」,4B03,第65回宇宙科学技術連合講演会,virtual, 2021年11月.
金崎雅博,谷口 翔太,堀江 史郎,安養寺 正之,岡本 正人,藤田 昂志,永井 大樹,大山 聖,「MABE-2の空力計測結果と飛行試験を支えた空力技術」,4B04,第65回宇宙科学技術連合講演会,virtual, 2021年11月.
杉浦正彦, 田辺 安忠, 菅原 瑛明, 木村 桂大,大山 聖,佐藤 允,金崎 雅博, 岸 祐希,「火星地下空洞探査を実現するヘリコプタの空力研究紹介」,4B07,第65回宇宙科学技術連合講演会,virtual, 2021年11月.
佐藤 允, 川久保 辰真 , 杉浦正彦, 田辺 安忠, 菅原 瑛明, 木村 桂大, 竹川 国之,大山聖, 岸祐希, 金崎 雅博「HAMILTON」のローター空力特性における翼端マッハ数効果」,第65回宇宙科学技術連合講演会,virtual, 2021年11月.
田久保勇志, 金崎雅博,「経路設計のための制御入力の多目的ロバスト最適化」,O1-1,第 20 回進化計算学会研究会,virtual,2021年9月.
岸祐希, 金崎 雅博 (都立大), 杉浦 正彦, 田辺 安忠, 大山 聖, 佐藤 允,「移動重合格子ソルバを用いた火星探査ヘキサコプタ”HAMILTON”のロータ周りの空力特性調査」,流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーョン技術シンポジウム2021,virtual, 2021年11月.
八代 理聖, 岸 祐希, 金崎 雅博,「等価断面積分布を用いた超音速前進翼機のソニックブーム低減設計」,2B10,流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーョン技術シンポジウム2021,オンライン,2020年7月.
小林 大介 , 古田 洋大, 金崎雅博 ,「体積力モデルによる超音速前進翼の最適高揚力流れの検討」,2B12,流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーョン技術シンポジウム2021,オンライン,2021年7月.
新井 陽生, 荻野 翔矢, 金崎 雅博, 伊藤 靖, 村山 光宏, 山本 一臣「Over-the-Fuselage-Nacelle形態機のエンジン-胴体間流路断面積の変化が空力性能に及ぼす影響調査」,流体力学講演会/航空宇宙数値シミュレーョン技術シンポジウム2021,オンライン,2021年7月.
大山聖,永井,藤田,安養寺,岡本,金崎雅博,安部,佐々,得竹,高野,満武,「火星飛行機の高高度飛行試験計画MABE2の概要」,第63回宇宙科学技術講演会,徳島,2019.
橘高洋人,金崎雅博,「火星探査航空機次期大気球試験機の動的空力特性」,第63回宇宙科学技術講演会,徳島,2019年11月.
上床航文,金崎 雅博,「翼素評価にCFDを用いたBlade Element Methodによるローター評価手法の構築
と検証」,第63回宇宙科学技術講演会,徳島,2019年11月.
荻野翔矢,「幾何音響手法によるエンジン胴体上方マウント機の離着陸騒音低減効果の検証」,第57回飛行機シンポジウム,下関市,2019年10月.
瀬戸口 直, 最所 諒⼤, ⾦崎 雅博,「空⼒−⾶⾏連成計算による前進翼を持つ超⾳速旅客機の着陸経路最適設計」,第57回飛行機シンポジウム,下関市,2019年10月.
野村誠也,金崎雅博,「地上危険度を考慮したスペースデブリ投棄軌道の最適化」,日本機械学会 第29回設計工学・システム部門講演会,2019年9月.
近藤修平,金崎雅博, 伊藤靖, 村山光宏, 山本一臣,「スラット低騒音化に向けた母翼前縁形状の変更による高揚力装置の空力性能と流れ場への影響調査」,第51回流体力学講演会/第37回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,2D12(JSASS-2019-2142-F+A),東京,2019年7月.
岸祐希,金崎雅博,牧野好和,「低抵抗・低ブーム化に対する超音速前進翼機の上反角効果と主翼形状の多目的設計」,第51回流体力学講演会/第37回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,A09(JSASS-2019-2104-F+A),東京,2019年7月.
吉田慎之介,金崎雅博,「極超音速域の鈍頭物体二体問題に対する非構造重合格子法の適用」,第51回流体力学講演会/第37回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,1D09(JSASS-2019-2068-A),東京,2019年7月.
樋口隆浩,松野隆, 金崎雅博,「プラズマアクチュエータと物理形状の統合最適設計の試み」,第51回流体力学講演会/第37回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,1E05(JSASS-2019-2083),東京,2019年7月.
最所諒大,金崎雅博,山田祐輔,「RANS評価に基づく空力-飛行連成計算による超音速旅客機の着陸飛行経路最適化」,第51回流体力学講演会/第37回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,2A11(JSASS-2019-2106-F+A),東京,2019年7月.
瀬戸口直,金崎雅博,「前進翼を持つSSBJの縦方向運動に対する動的空力特性調査」,第51回流体力学講演会/第37回航空宇宙数値シミュレーション技術シンポジウム,2A12(JSASS-2019-2107-F+A),東京,2019年7月.
1. 2014年度進化計算学会 研究会最優秀論文賞,(論文:「遺伝的アルゴリズムによる多数回燃焼を行うハイブリッドロケットの性能評価」,金崎雅博, 千葉一永, 北川幸樹, 嶋田徹,第6回進化計算学会,による.)
2. 2014年度日本機械学会 設計工学・システム部門 優秀講演表彰,(論文:「空気力学に基づく効率的翼型表現法の超音速機主翼設計への適用」,新井翔,四谷智義,金崎雅博,牧野好和,松島紀佐,による.)
3. 日本航空宇宙学会 第56回宇宙科学技術連合講演会 若手奨励賞 最優秀賞,(論文:「PARSEC翼型表現性能の改良と火星探査航空機用翼型設計への適用,佐藤貴也、四谷智義,金崎雅博,松島紀佐, 第56回宇宙科学技術連合講演会,2012年11月.による.)
4. Tokyo Designers Week 2012,Design for Next,グランプリ
5. 航空宇宙学会北部支部講演会 学生プレゼンテーション賞(岸,金崎,牧野)
6. 平成21年度日本航空宇宙学会奨励賞,(論文:”Nacelle Chine Installation Based on Wind Tunnel Test Using Efficient Design Exploration,” Kanazaki, M., Yokokawa, Y., Murayama, M., Ito, T., Jeong, S., and Yamamoto, K., T Japan Society and Space Science, Vol.51, No. 173, pp. 146-150, November 2008.による.) [http://www.sd.tmu.ac.jp/index/news/3873.html ]
7. 平成19年度自動車工業会若手奨励賞,(論文:“Exhaust Manifold Design with Tapered Pipes Using Divided Range MOGA,” Kanazaki, M., Obayashi, S., and, Nakahashi, K., Engineering Optimization, Taylor&Francis, Vol. 36, No. 2, pp. 149-164,April 2004.による)
所属学会
日本航空宇宙学会
進化計算学会
日本機械学会
アメリカ航空宇宙学会(AIAA)

委員等(学会活動)
進化計算学会 理事
進化計算学会実世界ベンチマーク問題分科会委員
メディア取材
日本経済新聞(取材)「超音速旅客機、JAXAやIHIなど開発 2030年想定」,2021年6月16日.
日本経済新聞(取材)「火星探査、飛行機で広範囲に JAXAなど研究」,2021年6月28日.
朝日小学生新聞(取材)「世界の空を超音速で飛べる?」,2021年7月26日.
朝日中高生新聞(取材)「超音速旅客機の夢、ふたたび」,2021年8月22日.
フジテレビ系列「超ド級!世界のありえない映像 4時間SP」(飛行機雲の発生原理を解説.(出演は無し)),2020年4月1日(水)19:00〜22:54

客員研究員
宇宙航空研究開発機構 客員研究員 (「大域的最適設計法に関する研究」)
  • 航空宇宙工学概論1
  • 航空宇宙工学概論2
  • 数値流体力学2
  • 航空宇宙設計工学
  • 数値流体力学演習
  • 航空宇宙システム工学特別研究1
  • 航空宇宙システム工学特別研究2
  • 航空宇宙工学概論
  • 航空宇宙設計工学
  • 数値流体力学演習
  • 航空宇宙システム工学特別研究1
  • 数値流体力学2
  • 航空宇宙システム工学特別研究2
  • 航空宇宙設計工学特論
  • システム設計工学特別講義
  • エアフレームデザイン概論

関連HOT TOPICS

すべて見る

連絡先

研究室

日野キャンパス1号館214号室

オフィスアワー

emailにてお確かめください.

内線番号

内線8630

メールアドレス

kana●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)