本文へ移動します

木田 直人

氏 名木田 直人キダ ナオトきだ なおと 
職 位准教授
所 属首都大学東京人文社会学部 人文学科 哲学(哲学・西洋古典学)教室
人文科学研究科 文化基礎論専攻 哲学分野
2018年再編前の所属
都市教養学部 人文・社会系 国際文化コース 哲学・西洋古典学教室
人文科学研究科 文化基礎論専攻 哲学・西洋古典学教室
 
専門・研究分野哲学(おもに英仏近代哲学)
最終学歴・学位東京大学大学院人文社会系研究科基礎文化研究専攻(哲学専門分野)博士課程修了・文学博士
研究テーマ常識
研究キーワードフランス・大陸系近代哲学(デカルト、マルブランシュ、スピノザ、ライプニッツ、コンディヤック、メーヌ・ド・ビラン)、イギリス近代哲学(ケンブリッジ・プラトニズム、シャフツベリ、ロック、バークリ、ヒューム、リード)
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
著書
1.単著『ものはなぜ見えるのか―マルブランシュの自然的判断理論』(2009)中公新書
2.共著『哲学への誘い1―哲学の立ち位置』第一章「常識と哲学」(2010)東信堂
3.共著『言葉の歓び・哀しみ』「砲丸のように言葉を投げること」(2011)東信堂

論文
1.単著「自然的判断理論の生成と発展―マルブランシュの真理・秩序・価値への視座」(2010)博士論文
2.単著「マルブランシュの感覚・知覚論―判断済の感覚、あるいは、自然的判断理論」(2010)『哲学雑誌』「想像力・共感」哲学会編、有斐閣(125巻797号)
3.単著「理性の道徳から感覚の道徳へ―マルブランシュ倫理学における道徳性の位相転換」(2014)『フランス哲学・思想研究』日仏哲学会編集委員編、日仏哲学会(第19号)
受 賞なし
主な学会活動哲学会
日本哲学会
日仏哲学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • 倫理学A
  • 哲学B
  • 近世哲学 I
  • 哲学史演習(フランス)
  • 倫理学演習
  • 哲学史特殊講義(フランス)
  • 哲学(近世 I)
  • 近世哲学史I
  • 哲学史演習(フランス)
  • 倫理学演習
  • 哲学史特殊講義(フランス)
  • 近世哲学研究第一<201>
  • 近世哲学研究第二<201>
  • 近世哲学研究第三
  • 哲学史特論第一
  • 哲学史特論第二
  • 哲学史特論第三
  • 倫理学研究第一<201>
  • 倫理学特論第一
  • 倫理学A
  • 哲学B
オフィスアワー水曜日午後
研究室5-403
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ