教員イメージ
ITO Yutka
教授【先導研究者】

伊藤 隆 イトウ ユタカ いとう ゆたか

プロフィール

所属

東京都立大学理学部 化学科
理学研究科 化学専攻

最終学歴・学位

東京大学大学院理学系研究科生物化学専攻 博士(理学)

専門・研究分野

NMR分光学、構造生物学、生化学、分子生物学

研究

研究テーマ

(1)高分子量蛋白質のNMR解析についての方法論的研究(2)In-cell NMR を用いた生細胞内の分子動態解析法の研究

研究キーワード

NMR、蛋白質、立体構造、ダイナミクス、分子動態、分子クラウディング

研究イメージ

詳細情報

原著論文リスト(2013~ 抜粋)
1. Ikeya T, et al. "Protein Structure Determination in Living Cells." Int. J. Mol Sci. 20, E2442 (2019).
2. Tanaka, T. et al. "High-Resolution Protein 3D Structure Determination in Living Eukaryotic Cells." Angew. Chem. Int. Ed. 58, 7284-7288 (2019).
3. Okatsu, K. et al. “Structural insights into ubiquitin phosphorylation by PINK1” Sci. Rep. 8, 10382 (2018).
4. Ikeya, T. et al. “Solution NMR views of dynamical ordering of biomacromolecules.” Biochem. Biophys. Acta Gen. Subj. 862, 287-306 (2018).
5. Inomata, K. et al. “Impact of cellular health condition on protein folding state in mammalian cells.” Chem. Comm. 53, 11245-11248 (2017).
6. Matsuda, N. et al. "Parkinson's disease-related DJ-1 functions in thiol quality control against aldehyde attack in vitro.” Sci. Rep. 7, 12816 (2017).
7. Kobayashi, A. et al. “Chemical shift assignments of the first and second RRMs of Nrd1, a fission yeast MAPK-target RNA binding protein.” Biomol. NMR Assign. 1-4, (2017).
8. Manandhar, Y. et al. “Interactions of in vitro selected fluorogenic peptide aptamers with calmodulin." Biotechnol. Lett. 39, 375-382 (2017).
9. Nishida, Y. et al. “A specific single-stranded DNA induces a distinct conformational change in the nucleoid-associated protein HU” Biochem. Biophys. Rep. 8, 318-324, (2016).
10. Ikeya, T. et al. “Improved in-cell structure determination of proteins at near-physiological concentration.” Sci. Rep. 6, 38312, (2016). ★
11. Hikone, Y. et a. “A new carbamidemethyl-linked lanthanide chelating tag for PCS NMR spectroscopy of proteins in living HeLa cells.” J. Biomol. NMR 66, 99-110 (2016).
12. Shigemitsu, Y. et al. "Evaluation of the reliability of the maximum entropy method for reconstructing 3D and 4D NOESY-type NMR spectra of proteins" Biochem. Biophys. Res. Commun. 457, 200-205 (2015).
13. Hembram, D.S.S. et al. "An in-cell NMR study of monitoring stress-induced increase of cytosolic Ca2+ concentration in HeLa cells" Biochem. Biophys. Res. Commun. 438, 653-659 (2013).
14. Hamatsu, J. et al. "High-resolution heteronuclear multidimensional NMR of proteins in living insect cells using a baculovirus protein expression system" J. Am. Chem. Soc. 135, 1688-1691 (2013).

総説・紀要・著書など(2013~ 抜粋)
1. 伊藤 隆「In-cell NMRによる細胞内のタンパク質の動態解析 (第5土曜特集 生命現象を観る : 革新的な構造生命科学が観せてくれる世界) -- (NMR(核磁気共鳴))」, 医学のあゆみ 262, 455-460 (2017).
2. 伊藤 隆「In-cell NMRとnonlinear sampling - there is no other way」分光研究 64, 413-426 (2015).
3. 伊藤 隆「In-cell NMRを用いたin situ構造生物学」細胞工学 33, 815-819, (2014).
4. 伊藤 隆, 濱津順平, 池谷鉄兵「蛋白質機能における構造―ダイナミクス―安定性の関係:In-cell NMRからわかること」生物物理 53, 76-81 (2013).
米国化学会C&EN誌のChemical year in Review 2009において「9つの重要な進歩」の1つに選出.(2009年)
日本核磁気共鳴学会,理事(2009-2014年度,2017-2022年度),評議員(2006-2007年度,2009-2014年度,2017-2022年度)
日本生化学会
日本分子生物学会
日本生物物理学会,分野別専門委員(2013年度,2015年度,2017年度)
日本蛋白質科学会
日本化学会
科学技術振興機構戦略的研究推進事業 領域アドヴァイザー 2016年度~
  • 化学概説I b
  • 化学概説I b
  • 化学概説I b
  • 化学概説II a
  • 有機構造解析
  • 化学セミナー
  • 化学概説Ⅰ(物理学科用)
  • 化学概説Ⅰ(物理学科用)
  • 化学概説Ⅰ(物理学科用)
  • 化学概説Ⅱ(化学科用)
  • 化学概説Ⅰ(生命科学科用)
  • 化学概説Ⅰ(生命科学科用)
  • 化学概説Ⅰ(生命科学科用)
  • 有機構造解析
  • 化学セミナー
  • 化学概説Ⅰ(物理学コース用)
  • 化学概説Ⅰ(物理学コース用)
  • 化学概説Ⅰ(物理学コース用)
  • 化学概説Ⅱ(化学コース用)
  • 化学概説Ⅰ(生命科学コース用)
  • 化学概説Ⅰ(生命科学コース用)
  • 化学概説Ⅰ(生命科学コース用)
  • 化学特論IV(現代生命科学)
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーIII
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーII
  • 化学特別セミナーI
  • 化学特別セミナーIV
  • 化学特別セミナーIII
  • 現代社会・化学の役割

関連ニュース

2021.05.11報道発表

~新たな光遺伝学ツールの開発や光合成機能の解明へ~

すべて見る

連絡先

研究室

8号館469号室

オフィスアワー

随時

内線番号

内線3538

メールアドレス

ito-yutaka●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)