教員イメージ
ASAYAMA Shoichiro
准教授

朝山 章一郎 アサヤマ ショウイチロウ あさやま しょういちろう

プロフィール

所属

東京都立大学都市環境学部 環境応用化学科
都市環境科学研究科 環境応用化学域

最終学歴・学位

博士(工学):東京工業大学

専門・研究分野

生体材料化学(バイオマテリアル)・医用高分子・生化学・生体分子工学

研究

研究テーマ

「1.高分子化学を基盤とした新しいドラッグデリバリーシステム(DDS)の構築」「2.バイオミメティックケミストリーに基づくナノバイオマテリアル」「3.分子・細胞生物学へ貢献する有機材料設計」を通して、都市環境の向上、SDGs目標3「すべての人に健康と福祉を」の実現に貢献する。

研究キーワード

バイオマテリアル(ドラッグデリバリーシステム、バイオミメティックケミストリー)、高分子(生体高分子:核酸、タンパク質;合成高分子:PVIm、PEG)、亜鉛イオン、細胞

研究イメージ

詳細情報

1. H. Qiao and S. Asayama*, Guanidinopropyl End-Modified Poly(ethylene glycol) to Form Highly Compact Plasmid DNA Mono-Ion Complexes by Thermal Treatment, Polymers for Advanced Technologies, 33, 484-491 (2022).
2. A. Endo and S. Asayama*,Hepatocyte-Specific Co-Delivery of Zinc Ions and Plasmid DNA by Lactosylated Poly(1-vinylimidazole) for Suppression of Insulin Receptor Internalization, Pharmaceutics, 13, 2084-2093 (2021).
3. A. Mori, Y. Kobayashi, K. Nirasawa, Y. Negishi, and S. Asayama*, Structure-Activity Relationship of Mono-Ion Complexes for Plasmid DNA Delivery by Muscular Injection, Pharmaceutics, 13, 78-88 (2021).
4. Y. Kobayashi, K. Nirasawa, Y. Negishi, and S. Asayama*, Noncorrelative Relation between In Vitro and In Vivo for Plasmid DNA Transfection by Succinylated Polyethylenimine Muscular Injection, Journal of Biomaterials Science, Polymer Edition, 32, 405-416 (2021).
5. 朝山章一郎,「非共有結合によるタンパク質およびプラスミドDNAのPEG修飾とデリバリー」,バイオマテリアル,39, 222-227 (2021).
6. Y. Sone, M. Nogawa, and S. Asayama*, Designing a Bioinert Surface by Simple Coating with Cholesterol End-Modified Poly(ethylene glycol), Langmuir, 36, 12045-12052 (2020).
7. A. Endo, T. Nagakura, H. Kawakami, and S. Asayama*, Synthesis and Characterization of Lactosylated Poly(1-vinylimidazole) for Cell-Specific Plasmid DNA Carrier, Internal Medicine and Care, 4, 1-5 (2020).
8. S. Asayama*, Design of Polymer-Based Carriers for Plasmid DNA Delivery in Vitro and in Vivo (Highlight Review, Invite Only), Chemistry Letters, 49, 1-9 (2020).
9. A. Endo, and S. Asayama*, Preparation of Zn2+-Chelated Carboxymethyl Poly(1-vinylimidazole) for Intracellular Zn2+-Delivery, Journal of Minerals and Materials Characterization and Engineering, 7, 213-220 (2019).
10. Y. Kobayashi, S. Taneichi, H. Kawakami, Y. Negishi, and S. Asayama*, Plasmid DNA Mono-Ion Complex for In Vivo Sustainable Gene Expression, ACS Omega, 4, 11464-11471 (2019).
11. S. Asayama*, K. Nagashima, Y. Negishi, and H. Kawakami, By-Product-Free Intact Modification of Insulin by Cholesterol End-Modified Poly(ethylene glycol) for In Vivo Protein Delivery, Bioconjugate Cheistry, 29, 67-73 (2018).
12. 朝山章一郎,提言「リーディングバイオマテリアル」,バイオマテリアル,36, 10 (2018).
13. S. Asayama*, K. Nagashima, and H. Kawakami, Facile Method of Protein PEGylation by a Mono-Ion Complex, ACS Omega, 2, 2382-2386 (2017).
14. S. Asayama*, M. Sakata, and H. Kawakami, Structure-Activity Relationship between Zn2+-Chelated Alkylated Poly(1-vinylimidazole) and Gene Transfection, Journal of Inorganic Biochemistry, 173, 120-125 (2017).
平成28年5月 平成27年度the Tokyo U-club「都市に関する研究奨励賞」優秀賞
「巨大都市における均質医療実現のためのバイオマテリアルの創製」
平成24年6月 9th World Biomaterials Congress Poster Award (Elsevier)
「Zinc-Chelated Poly(1-vinylimidazole) and a Carbohydrate Ligand Polycation Form DNA Ternary Complexes for Gene Delivery」
平成24年4月 平成24年度ポルフィリン-ALA学会奨励賞
「機能性抗酸化剤としてのMnポルフィリン錯体の分子設計」
平成23年11月 平成23年度日本バイオマテリアル学会科学奨励賞
「分子間相互作用制御に基づく遺伝子及び抗酸化剤キャリア設計に関する基礎研究」
平成22年11月 第2回メタロミクス研究フォーラム優秀賞受賞(Best Presentation Prize:RSC)
「機能性Mnポルフィリン錯体の抗酸化機能戦略」
平成21年9月 首都大学東京都市環境学部Leading Scientist Award 2009
平成20年6月 第24回日本DDS学会学術集会ベストポスター賞
「細胞認識性リガンドのpH応答的解離による新規遺伝子デリバリーシステムの構築」
平成10年3月 高木賞(第7回インテリジェント材料シンポジウム最優秀論文発表)
     
日本バイオマテリアル学会(評議員)、高分子学会(代議員、武蔵野地区高分子懇話会幹事)、日本DDS学会、日本生化学会、日本薬学会、日本化学会、ポルフィリン-ALA学会(編集委員)、ACS (American Chemical Society)、FCCA(Forum: Carbohydrates Coming of Age)、医用高分子研究会(運営委員)、未踏科学技術協会(バイオ・ナノテクフォーラム)
日本バイオマテリアル学会評議員(2012年~)
高分子学会代議員(2013年~2015年、2019年~2022年)
医用高分子研究会運営委員(高分子学会)(2018年~)
関東支部武蔵野地区高分子懇話会幹事(高分子学会)(2016年~)
ALA-Porphyrin Science編集委員(2018年~)
スーパーサイエンスハイスクール運営指導委員(東京都立富士高等学校・附属中学校)(2021年~)
理数アカデミー運営委員(東京都立富士高等学校及び富士高等学校附属中学校)(2016年~2020年)
第91回高分子学会関東支部武蔵野地区高分子懇話会代表幹事(2019年) 
日本バイオマテリアル学会将来構想委員会委員(2016年~2018年)
日本女子大学非常勤講師(2016年)
東京都産業労働局ライフサイエンス系ベンチャー等スタートアップ支援事業審査会(事業評価)審査委員(2015年)
第31回日本DDS学術集会若手優秀発表賞審査委員(2015年)
第62回高分子討論会特定テーマ「未来型医療を創出する高分子」セッションオーガナイザー(2013年)
Chemistry Letters編集委員会編集員(日本化学会)(2010年~2012年)
第27回日本DDS学会実行委員(2010年~2011年)
化学グランプリ・オリンピック委員会委員(日本化学会)(2009年~2011年)
再生医療-日本再生医療学会雑誌編集同人(2003年~2011年)
第9回グライコサイエンス若手会代表幹事(FCCA)(2002年)
グライコサイエンス若手会世話人(FCCA)(2001年~2005年)
第7回バイオマテリアル若手研究会代表幹事(高分子学会)(1996年)
  • バイオマテリアル化学
  • 生命化学2
  • バイオマテリアル化学
  • 生命化学2
  • 環境・生命材料化学特論B
  • 先端機能物質化学講究Ⅰ
  • 先端機能物質化学講究Ⅱ
  • Advanced Polymer & Biological Chemistry

連絡先

研究室

9号館651号室

オフィスアワー

火 10:30-13:00

内線番号

内線4976

メールアドレス

asayama-shoichiro●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)