本文へ移動します

岡本 有子

氏 名岡本 有子オカモト ユウコおかもと ゆうこ 
職 位准教授
所 属東京都立大学健康福祉学部 看護学科
人間健康科学研究科 看護科学域
 
専門・研究分野地域・在宅看護学、高齢者看護
最終学歴・学位博士(看護学)
研究テーマがん末期患者と家族への専門看護師主導型地域包括ケアプログラムの臨床的有用性の検証
研究キーワード在宅看護、高齢者看護、エンドオブライフケア、上級実践看護師
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【論文】
Ishikawa T., Fukui S., Okamoto Y.,Advance Care Planning and Home Death in Patients with Advanced Cancer: A Structured Interview Analysis. Int J Palliat Nurs. 2018 Sep 2;24(9):418-426. doi: 10.12968/ijpn.2018.24.9.418. PMID: 30260301
石川孝子, 福井小紀子, 岡本有子.訪問看護師が終末期がん患者へ予後理解を促す支援をすることの関連要因.Palliative Care Research. 2018;13(2):153-162. DOI https://doi.org/10.2512/jspm.13.153
石川孝子、福井小紀子、岡本有子. 訪問看護師による終末期がん患者へのアドバンスケアプランニングと希望死亡場所での死亡の実現との関連. 日本看護科学会誌.2017, 37, 123-131. DOI https://doi.org/10.5630/jans.37.123
藤田淳子, 福井小紀子, 岡本有子. 過疎地域における医療・介護関係者の終末期ケアの実態と連携に関する調査. 日本公衆衛生雑誌. 2016;63(8):416-423.
Okamoto Y, Fukui S, Yoshiuchi K, Ishikawa T. Do symptoms among home palliative care patients with advanced cancer decide the place of death? Focusing on the presence or absence of symptoms during home care. J Palliat Med. 2016;19(5):488-95. doi: 10.1089/jpm.2015.0184
Okamoto Y, Motomura N, Murashima S, Takamoto S. Anxiety and depression after thoracic aortic surgery or coronary artery bypass. Asian Cardiovasc Thorac Ann, 21(1), 2013, pp. 22 - 30. Asian Cardiovascular & Thoracic Annals.
岡本有子, 鈴木育子, 岡田忍, 石垣和子, 山本則子. 高齢者訪問看護における家族支援質指標の適用可能性の検討:全国調査をもとに. 家族看護学研究. 2008; 13(3), 93-102.


【著書】
岡本有子:Ⅰ-2. 看取りの場とケア体制:求められるシームレスなケア:福井小紀子編著:12) 病院からはじまる在宅看取りケア 地域包括ケアシステムのなかで病院・在宅・施設をつなぐ.pp.10-18, 2018.
岡本有子:Ⅶ-6.経管栄養&Ⅷ-9.低栄養予防.石垣和子,上野まり編集:在宅看護論(改定第2版).pp.258-266, pp.355-362, 南江堂, 2017.
岡本有子:2-⑥ 心不全.阿部俊子監修:エビデンスに基づく疾患別看護ケア関連図.改訂版.pp.62-75, 中央法規,2014.
岡本有子:2-2-② 胸痛.阿部俊子監修:エビデンスに基づく症状別看護ケア関連図.改訂版.pp.28-36, 中央法規,2013.
岡本有子,鈴木育子,石垣和子,山本則子: 4. 排尿ケア.石垣和子,金川克子監修:高齢者訪問看護の質指標‐ベストプラクティスを目指して.pp.46-54, 日本看護協会出版会, 2008.
受 賞日本私立看護系大学協会 平成29年度看護学研究奨励賞
主な学会活動日本家族看護学会
日本公衆衛生学会
日本老年看護学会
日本看護科学学会
日本在宅ケア学会
日本高齢者虐待防止学会
千葉看護学会
日本看護評価学会
日本老年社会科学会
日本医療・病院管理学会
日本赤十字看護学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 在宅看護学
  • ケア・マネジメント論
  • ヘルスプロモーション看護論
  • 地域看護学Ⅰ
  • 臨地看護学実践実習(在宅)
  • 在宅看護学演習
  • ホスピス緩和ケア論
  • 卒業研究Ⅰ
  • 卒業研究Ⅱ
  • 医療経済学
  • ケアマネジメント論
  • 国際保健医療比較論
  • 災害保健科学概論
  • 看護科学特別研究Ia
  • 課題研究a
  • 在宅看護学特論
  • 在宅看護学特論
  • 地域ケアシステム看護論
  • 地域ケアシステム看護論
  • 在宅看護学実践演習Ⅱ
  • 地域・在宅看護学特講
  • 地域・在宅看護学特講
  • 地域・在宅看護学特講演習
  • 地域・在宅看護学特講演習
  • 在宅看護学特論演習
  • 看護科学特別研究Ia
  • 看護科学特別研究Ib
  • 看護科学特別研究Ib
  • 課題研究a
  • 課題研究b
  • 課題研究b
オフィスアワー特に定めていません。実習等で不在にすることが多いので、事前にメールでアポイントをお願いいたします。
研究室校舎棟542研究室
内線番号内線438
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
ページトップへ