本文へ移動します

大澤 剛士

氏 名大澤 剛士オオサワ タケシおおさわ たけし 
職 位准教授
所 属首都大学東京都市環境学部 観光科学科
都市環境科学研究科 観光科学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース
 
専門・研究分野生物多様性情報学、生態系管理学、保全科学、応用生態学
最終学歴・学位博士(理学)神戸大学
研究テーマ自然、半自然環境から得られる様々な「恵み」を生態系サービスと言います。もちろん観光、自然ツーリズムも重要な自然の「恵み」です。そしてこの重要な源泉になっているのが生物多様性です。これら自然資源を適切に管理、保全し、持続的な利用を実現することが研究の目標です。
フィールドは小笠原をはじめとする自然公園から身近な緑地、農地、河川と非常に多岐に渡ります。生物学の一部である生態学を基軸としますが、特定の分野にこだわらず、情報科学、地理学、農学、環境科学等、様々な分野の研究者、実務者と積極的に連携し、基礎科学としても応用科学としても面白い研究を目指しています。
研究キーワード生物多様性情報、自然史、オープンデータ、土地利用計画、保全科学
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
最近の論文5編

Osawa T, Yamasaki K,Tabuchi K, Yoshioka A, Takada MB(in press)「Detecting crucial dispersal pathways using a virtual ecology approach: a case study of the mirid bug Stenotus rubrovittatus」.AMBIO.

Osawa T, Yamasaki K,Tabuchi K, Yoshioka A, Ishigooka Y, Sudo S, Takada MB(2018)「Climate-mediated population dynamics enhances distribution range expansion of the pest insect, Stenotus rubrovittatus」.Basic and Applied Ecology 30: 41-51

Osawa T, Oaawa S,Kurokawa S,Ando S(2016)「Generating an agricultural risk map based on limited ecological information: a case study using Sicyos angulatus」.AMBIO 45(8): 895-903.

Osawa T,Kohyama K,Mitsuhashi H(2016)「Trade-off relationship between modern agriculture and biodiversity: Heavy consolidation work has a long-term negative impact on plant species diversity」 Land Use Policy 54: 78-84.

Osawa T,Kohyama K,Mitsuhashi H(2016)「Multiple factors drive regional agricultural abandonment」 Science of the Total Environment 542: 478-483.
受 賞日本生態学会 宮地賞
主な学会活動日本生態学会(理事, 代議員, 和文誌編集委員, 英文誌編集委員,電子情報委員)
応用生態工学会
日本地球惑星科学連合
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • Tourism theories and practice
  • 観光科学概論
  • 自然ツーリズム概論Ⅱ
  • 自然ツーリズム概論Ⅰ
  • 安全管理・野外救急救命法
  • 環境生態学Ⅰ
  • 自然環境地理学
  • 環境生態学野外実習
  • ECO‐TOPインターンシップⅠ
  • ECO‐TOPインターンシップⅡ
  • Environmental Ecology Ⅰ
  • Tourism theories and practice
  • 観光科学概論
オフィスアワー
研究室9号館331号室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ