本文へ移動します

2019年度卒業・修了 学長メッセージ

 本日、卒業・修了を迎えられた全ての皆さんに、‘心よりのおめでとう’を申し上げます。
 残念ながら新型コロナウィルス肺炎の拡大により、全員が集まっての卒業・修了式は挙行できませんでしたが、しかし、未来のリーダーとなる皆さんが、今日、この大学から巣立っていかれることには何も変わりはありません。溌剌と、元気いっぱい、旅立ってください!

 本日、卒業・修了され、実社会に出て行く諸君に贈るメッセージです。
 その一つは、月並みですが、‘学び続けよう!’ということです。日々急速な進化を続けるこの社会では、変化に追随するだけでなく、時代を先取りする覚悟で学び、自己改革できる資質こそが、社会をリードしていくための要件です。これからの社会には、強い姿勢で学び続ける持続的な意思を持った、しなやかな知性が必要とされています。卒業の今日が学びの始まりです。共に‘学び続けましょう!’

 もう一つは、皆さんに、‘広い視野を持った、心優しいリーダー’として活躍していただきたい、という、私の願いです。
 皆さんは今日、世の中の明るい舞台へ向けて、次世代を担うリーダーとして旅立って行きます。しかし、現実の世界には、様々な不条理、また、必ずしも平和的ではない領域が無視できない拡がりを持って存在しています。例えば我が国では、若年層に拡がる貧困の問題があります。また、頻発する大規模自然災害、超高齢社会なども重要な課題です。世界に眼を向けると、貧困、飢餓、内戦、難民など、不安定な状況は依然として存在しています。こうした困難な状況を切り拓き、全ての人間が尊厳を持って生きていける社会を創り上げるのは、正義感と倫理観に裏付けられた、強くしなやかな若い知性です。つまり、今、旅立とうとしているあなたたちです。こうしたことを理解できる広い視野、思いやることのできる心の優しさ、多様な属性、文化的文脈を持つ人々への優しい眼差し、がこの世界を健全で明るい社会へと導いていくことになると考えます。心優しいリーダーとしてのあなたたちの輝かしい将来を信じています。

首都大学東京学長 上野淳

ページトップへ