本文へ移動します

楊 明

氏 名楊 明ヤン ミンやん みん 
職 位教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 機械システム工学科
システムデザイン研究科 機械システム工学域
2018年再編前の所属
システムデザイン学部 知能機械システムコース
システムデザイン研究科 知能機械システム学域
 
専門・研究分野精密計測,知的センシング,マイクロ加工
最終学歴・学位京都大学大学院工学研究科博士課程(1990年終了)・工学博士(1990年取得)
研究テーマ1) 薄膜機械特性の計測評価
2) マイクロ電子機械(MEMS)機能性デバイスの創製
3) Bio-MEMS技術を利用した生化学分析
4) マイクロ金属成形
5) 金属板材成形加工の知的センシング制御
研究キーワードMEMS,Bio-MEMS,ナノ計測,マイクロ加工,知的センシング
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1. サーボプレススライドを用いた能動的振動制御による打抜き振動の低減, 塑性と加工, Vol.58, No.675, pp.311-316, doi:http://doi.org/10.9773/sosei.58.311, 2017年4月, 村上 智広,楊 明,來住 裕,大川 正洋,櫻井 光広,藤野 栄一
2. Influence of structural dimensions of micro-pillar array in reaction field on sensitivity of Enzyme-linked Immunosorbent Assay (ELISA), Biotechnology & Biotechnological Equipment, DOI:10.1080/13102818.2017.1327331, 2017年5月, Yuma SUZUKI, Kazuhiro MORIOKA, Tetsuhide SHIMIZU, Hizuru NAKAJIMA, Katsumi UCHIYAMA, Ming YANG
3. Rapid ELISA Using Film-stack Reaction Field with Micro-Pillars Array, Sensors, Vol.17, Issue7, 1608; doi:10.3390/s17071608, 2017年7月, Yuma Suzuki, Kazuhiro Morioka, Soichiro Ohata, Tetsuhide Shimizu, Hizuru Nakajima, Katsumi Uchiyama and Ming Yang
4. Computational simulation of biomolecules transport with multi-physics near microchannel surface for development of biomolecules-detection devices, Bio-Medical Materials and Engineering, 28 (2017) 555?565; DOI 10.3233/BME-171696, 2017年8月, Yuma Suzuki, Tetsuhide Shimizu, Ming Yang
5. Development of a novel resistance heating system for microforming by modifying surface of dies Procedia Engineering, 207 (2017) 1016-1021, 2017年9月, Ryota Ogura, Tetsuhide Shimizu, Tomomi Shiratori, Ming Yang
6. Impact effect of superimposed ultrasonic vibration on material characteristics in compression tests, Procedia Engineering, 207 (2017) 1063-1068, 2017年9月, Jun Hu, Tetsuhide Shimizu, Ming Yang
7. In-situ observation of lubricant flow on laser textured die surface in sheet metal forming, Procedia Engineering, 207 (2017) 2209-2214, 2017年9月, Jochen VORHOLT, Tetsuhide SHIMIZU, Hiroyuki KOBAYASHI, Lukas HEINRICH, Hendrik FLOSKY, Frank VOLLERTSEN, Ming YANG
8. Pressure dependence of (Ti,Al)N film growth on inner walls of small holes in high-power impulse magnetron sputtering, Thin Solid Films, 624 (2017) 189-196; http://dx.doi.org/10.1016/j.tsf.2016.09.041, 2017年9月, Tetsuhide Shimizu, Hidetoshi Komiya, Yoshikazu Teranishi, Kazuo Morikawa, Hiroshi Nagasaka, Ming Yang
9. Grain size effect on mechanical behavior of thin pure titanium foils at elevated temperatures, International Journal of Mechanical Sciences, 133 (2017) 416-425; http://dx.doi.org/10.1016/j.ijmecsci.2017.09.003, 2017年10月, Qiu Zheng, Tetsuhide Shimizu, Ming Yang
10. Variation of local chemical compositions of (Ti, Al)N films on inner wall of small hole deposited by high-power impulse magnetron sputtering Thin Solid Films, 644 (2017) 99-105; https://doi.org/10.1016/j.tsf.2017.10.056, 2017年12月, Hidetoshi Komiya, Tetsuhide Shimizu, Yoshikazu Teranishi, Kazuo Morikawa, Ming Yang
11. Elaborately programmed nanowires fabricated using a tapered push-pull nozzle system, ChemComm, 2018, 54, 719-722, 2018年1月, Yong Zhang, Sifeng Mao, Yuma Suzuki, Yumi Tanaka, Masato Kawaguchi, Weifei Zhang, Hulie Zeng, Hizuru Nakajima, Ming Yang, Katsumi Uchiyama
受 賞日本塑性加工学会新進賞(1992年5月)
日本分析化学会論文賞(2000年12月)
日本塑性加工学会合田奨励賞(2004年5月)
日本機械学会 材料と加工部門 優秀講演論文部門賞(2011年6月)
主な学会活動日本塑性加工学会理事(2016年4月〜2018年3月)
日本塑性加工学会東京・南関東支部支部長(2016年4月〜2018年3月)
日本塑性加工学会 平成30年度塑性加工春季講演会実行委員長(2017年7月〜2018年6月)
日本塑性加工学会ナノマイクロ加工分科会幹事(2005年4月〜)
日本塑性加工学会プロセス可視化・知能化技術分科会主査(2017年4月〜)
日本機械学会機械材料・材料加工部門第6技術委員会(将来計画関係)、委員(2012年4月〜)
日本機械学会M&P国際交流委員会委員長:国際交流事業の企画等(2013年4月~)
社会等との関わり1.産学連携: 多くの企業と産学共同研究を行ってきた.計14件の特許出願,3件の技術移転を行ってきた.連続7年間,国の大型産学官連携研究開発事業に参加し,中心的な活躍をしてきており,多くの研究資金の獲得と企業の育成に貢献した. また,素形材センター・素形材産業技術表彰委員や板橋区製品技術大賞審査委員長などで,日本のものづくり技術促進などに努めた.
2.国際協力: 多くの国際会議の参加や外国大学の訪問など国際交流を行っている.オーストラリアのウーロンゴン大学機械工学科材料圧延加工研究室との国際共同研究プロジェクト(期間:平成16年4月〜平成18年3月)を行い,知的金型及び材料加工センシング・制御技術とオーストラリアの圧延加工技術とを融合することにより,世界最先端圧延制御システムの開発を行っている.また,JSTP (Japan Society of Technology of Plasticity),CSTP (China Society of Technology of Plasticity),KSTP (Korean Society of Technology of Plasticity), TSTP (Taiwan Society of Technology of Plasticity)の共催による国際会議「Asian Workshop on Nano/micro Forming Technology」を中国,台湾,韓国,日本の4か国持ち回りで毎年開催している.近年は感染症予防システムの実用化を図るため,マレーシアの大学との共同研究を推進している.
個人のURL
担当科目
  • 計測工学
  • 生体機械概論
  • CAE
  • 機能デバイス応用
  • 計測工学
  • マイクロ機能デバイス特論
  • マイクロ機能デバイス特論
オフィスアワー月〜金 9:00〜17:00(授業時間を除く)
出張等で不在のときがあるので,事前に電話かメールで確認のこと.
研究室日野キャンパス1号館254号室
内線番号内線042-585-8440(日野キャンパス内の内線は8440)
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ