YUHARA Ichiro
准教授

柚原 一郎 ユハラ イチロウ ゆはら いちろう

プロフィール

所属

東京都立大学大学教育センター

最終学歴・学位

シカゴ大学大学院・PhD(言語学)

専門・研究分野

言語学(英語学・日本語学)

研究

研究キーワード

- 形式と意味の相互作用(形態論、統語論、意味論、語用論)
- 推論のメカニズム
- 自律モジュール文法(Automodular Grammar)
- (アメリカ)言語学の歴史

詳細情報

Yuhara, I. (2024/in press). Revisiting Poser's (1992) Blocking of phrasal constructions by lexical items. In Competition in Word Formation. ed. by Alexandra Bagasheva, Akiko Nagano, and Vincent Renner, 328-351. John Benjamins, Amsterdam.
Yuhara, I. (2023). Review of Ueno (2016) The Grammatical Structure of Modern Japanese: Morphology. Journal of Japanese Linguistics 39(2): 299-308.
柚原一郎 (2022).「語を特定する形式的基準と軽動詞構文」Morphology and Lexicon Forum 2022(滋賀大学&オンライン開催)
Yuhara, I. (2021). Verbal nouns are in fact verbs. In The Joy and Enjoyment of Linguistic Research: A Festschrift of Professor Takane Ito. ed. by Reiko Okabe, Jun Yashima, Yusuke Kubota, and Tetsuya Isono, 364-373. Kaitakusha, Tokyo.
Yuhara, I. (2020). Establishing a word boundary. ICU Working Papers in Linguistics 10: 119-123.
  • Academic English Ⅰ(801)(再履修)【南大沢】
  • Academic English II (801)(再履修)【南大沢】
  • Academic English I (501)
  • Academic English II (501)
  • 実践英語IIb(808)(再履修)【南大沢】
  • Academic Studies in English
  • Academic Studies in English
  • 組織再編前旧課程の同時開講科目等が含まれており、掲載されている全ての科目を開講するわけではありません。

連絡先

オフィスアワー

オフィスアワーは特に設定しませんが、質問や相談は、随時受付しますので、事前にメールし、アポイントメントをとってください。

内線番号

内線1006

メールアドレス

iyuhara●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)