YAMASHITA Yusuke
教授

山下 祐介 ヤマシタ ユウスケ やました ゆうすけ

プロフィール

所属

東京都立大学人文社会学部 人間社会学科 社会学教室
人文科学研究科 社会行動学専攻 社会学分野

最終学歴・学位

博士後期課程中退、学位・修士

専門・研究分野

都市社会学、地域社会学、農村社会学、環境社会学

研究

研究テーマ

過疎問題、地域政策、災害問題
地域学、津軽学、白神学

研究キーワード

社会変動、コミュニティ

詳細情報

[単著]
『限界集落の真実 過疎の村は消えるか?』筑摩書房、2012年
『東北発の震災論 周辺から広域システムを考える』筑摩書房、2013年
『地方消滅の罠 増田レポートと人口減少社会の正体』筑摩書房、2014年
『「布嘉」佐々木家を紡いだ人たち』青函文化経済研究所、2016年
『リスク・コミュニティ論 環境社会史序説』弘文堂、2008年
『「復興」が奪う地域の未来――東日本大震災・原発事故の検証と提言』岩波書店、2017年
『「都市の正義」が地方を壊す 地方創生の隘路を抜けて』PHP新書、2018年
『地域学をはじめよう』岩波ジュニア新書、2020年
『地域学入門』ちくま新書、2021年

[共著・共編著・編著]
『グローバル化時代の日本都市理論』ミネルヴァ書房、2015年
『津軽、近代化のダイナミズム』御茶の水書房、2008年
『白神学』第1巻〜第3巻、ブナの里白神公社、2011〜2013年
『津軽学』(最新は第10号、津軽に学ぶ会)の活動にも参加
『人間なき復興 原発避難と国民の「不理解」をめぐって』明石書店、2013年(筑摩書房、2016年:文庫版)
『地方創生の正体 なぜ地域政策は失敗するのか』筑摩書房、2015年
『災害都市の研究―島原市と普賢岳―』九州大学出版会、1998年
『震災ボランティアの社会学 <ボランティア=NPO社会>の可能性』ミネルヴァ書房、2002年
『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』明石書店、2012年
『災害ボランティア論入門』弘文堂、2008年

[論文(一部、入手しやすいもの)]
山下祐介「人口減少時代における地域再生―都市と農村、中央と地方の健全な関係を再建することから」2015年『RESEARCH BUREAU 論究』第12号、38-48頁、衆議院調査局
→http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_rchome.nsf/html/rchome/Shiryo/ronkyu.htm
現代ビジネス
→https://gendai.ismedia.jp/list/author/yusukeyamashita
日本都市社会学会賞:鈴木広編『災害都市の研究―島原市と普賢岳―』
地域社会学会特別賞:山下祐介・開沼博編『「原発避難」論 避難の実像からセカンドタウン、故郷再生まで』
生協総研研究賞:『限界集落の真実 過疎の村は消えるか?』
日本社会学会、日本都市社会学会、地域社会学会、環境社会学会、東北社会学会、西日本社会学会、社会分析学会
  • 社会学基礎演習
  • 都市社会学演習
  • 都市社会学特殊講義
  • 社会学基礎演習
  • 都市社会学演習
  • 都市社会学特殊講義
  • 都市社会学研究Ⅰ
  • 都市社会学特論Ⅰ
  • 都市社会学研究Ⅱ
  • 都市社会学特論Ⅱ

連絡先

オフィスアワー

講義・演習時間中に指定