本文へ移動します

田中 篤司

氏 名田中 篤司タナカ アツシたなか あつし
職 位助教
所 属首都大学東京都市教養学部 理工学系 物理学コース
理工学研究科 物理学専攻
H30再編後の所属
理学部 物理学科
理学研究科 物理学専攻
 
専門・研究分野非線形物理, 量子論, 特に量子カオス
最終学歴・学位東京工業大学理工学研究科応用物理学専攻・博士(理学)
研究テーマ全のアンホロノミー(別称、新奇な量子ホロノミー)。
非古典現象(量子干渉、絡み合い、トンネル)へのカオスの影響。
弱い測定の半古典解析, 複素古典軌道の測定可能性。
多成分系・非断熱遷移の動力学の半古典的描像。
研究キーワード新奇な量子ホロノミー, 全のアンホロノミー, 量子カオス, 量子物理, 非線形物理
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
詳細は http://researchmap.jp/tanaka-atushi/ を参照してください。
以下は代表的な出版物です:

[1] 新奇な量子ホロノミー、田中篤司、全卓樹、日本物理学会誌 72, 240 (2017).
[2] Path topology dependence of adiabatic time evolution, Atushi Tanaka and Taksu Cheon, in Functional Analysis and Operator Theory for Quantum Physics, eds.J. Dittrich, H. Kovarik, A. Laptev, 531 (EMS Publ. House, 2017).
[3] Complete population inversion of Bose particles by an adiabatic cycle, Atushi Tanaka and Taksu Cheon, New Journal of Physics 18, 045023 (2016).
[4] Bloch vector, disclination and exotic quantum holonomy, Atushi Tanaka and Taksu Cheon, Physics Letters A379, 1963 (2015).
[5] Exotic quantum holonomy and non-Hermitian degeneracies in two-body Lieb-Liniger model, Atushi Tanaka, Nobuhiro Yonezawa and Taksu Cheon, Journal of Physics A 46, 315302 (2013).
[6] Dynamical Tunneling in Many-Dimensional Chaotic Systems, Akiyuki Ishikawa, Atushi Tanaka, Akira Shudo, Phys. Rev. Lett. 104, 224102 (2010).
[7] Quasienergy anholonomy and its application to adiabatic quantum state manipulation, Atushi Tanaka, Manabu Miyamoto, Phys. Rev. Lett. 98,160407 (2007).
[8] Saturation of the production of quantum entanglement between weakly coupled mapping systems in strongly chaotic region, Atushi Tanaka, Hiroshi Fujisaki and Takayuki Miyadera, Physical Review E 66, 045201(R) (2002).
[9] Semiclassical theory of weak values, Atushi Tanaka, Physics Letters A 297, 307 (2002).
[10] Phase space caustics in multi-component systems, Atushi Tanaka, Physical Review Letters 80, 1414 (1998).
受 賞なし
主な学会活動日本物理学会 会員
日本物理学会 新著紹介小委員会委員 (2009年11月-2011年10月)
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 物理学演習IV
  • 物理学演習III
オフィスアワー授業時間中に連絡します。
研究室非線形物理研究室 (理工学研究科物理学専攻)
内線番号内線メールにてお問い合わせください。
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果
ページトップへ