TAKABATAKE Masaru
准教授

高畠 賢 タカバタケ マサル たかばたけ まさる

プロフィール

所属

東京都立大学健康福祉学部 放射線学科
人間健康科学研究科 放射線科学域

最終学歴・学位

博士(放射線学)

専門・研究分野

放射線生物学、放射線影響学

研究

研究キーワード

放射線生物学、発がん

詳細情報

[論文]
1. Nishimura M, Imaoka T, Daino K, Kokubo T, Takabatake M, Kakinuma S, Shimada Y. Copenhagen Rats Display Dominantly Inherited yet Non-Uniform Resistance to Spontaneous, Radiation-induced, and Chemically Induced Mammary Carcinogenesis. Anticancer Res. 2022 May;42(5):2415-2423. doi: 10.21873/anticanres.15720.
2. Imaoka T, Nishimura M, Daino K, Hosoki A, Kudo KI, Iizuka D, Nagata T, Takabatake M, Nishimura Y, Kokubo T, Morioka T, Doi K, Shimada Y, Kakinuma S. Dose rate effect of radiation on rat mammary carcinogenesis and an emerging role for stem cell biology. Radiat Prot Dosimetry. 2022 Sep 9;198(13-15):1036-1046. doi: 10.1093/rpd/ncac050.
3. Nishimura M, Daino K, Fukuda M, Tanaka I, Moriyama H, Showler K, Nishimura Y, Kohubo T, Ishikawa A, Inoue K, Fukushi M, Kakinuma S, Imaoka T, Shimada Y. Development of mammary cancer in γ-irradiated F1 hybrids of susceptible Sprague-Dawley and resistant Copenhagen rats, with copy-number losses that pinpoint potential tumor suppressors. PLoS One. 2021 Aug 13;16(8):e0255968. doi: 10.1371/journal.pone.0255968. eCollection 2021.
4. 高畠賢, 井上一雅, 福士政広. 動物モデルを用いた放射線発がん研究. 医学物理, 41(3), 143-148, 2021.

[発表]
高畠賢 ~アメリカでの3年間の研究生活を振り返って~令和三年度東京RBC新春放談会. 2022.02 (オンライン) 
日本放射線影響学会
日本保健物理学会
日本分子生物学会
  • 放射線安全管理学実験
  • 放射線科学実験
  • 放射線安全管理学
  • 核医学検査技術学実習
  • 放射線生物学
  • 核医学Ⅰ
  • ペイシェントケア論Ⅱ
  • 放射線関係法規Ⅰ
  • 核医学Ⅱ
  • 放射線関係法規Ⅱ
  • 核医学臨床実習
  • 多職種連携Ⅰ
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特論
  • 放射線科学特論
  • 核医学物理学・保健物理学特論
  • 核医学物理学・保健物理学特論
  • 核医学物理学・保健物理学特論演習
  • 核医学物理学・保健物理学特論演習
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特講
  • 放射線科学特講
  • 核医学物理学・保健物理学特講
  • 核医学物理学・保健物理学特講
  • 核医学物理学・保健物理学特講演習
  • 核医学物理学・保健物理学特講演習
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究a
  • 放射線科学特別研究b
  • 放射線科学特別研究b

関連ニュース

すべて見る

連絡先

研究室

校舎棟513号室

内線番号

内線427

メールアドレス

m-taka●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)