本文へ移動します

竹中 秀樹

氏 名竹中 秀樹タケナカ ヒデキたけなか ひでき 
職 位助教
所 属東京都立大学システムデザイン学部 航空宇宙システム工学科
システムデザイン研究科 航空宇宙システム工学域
2018年再編前の所属
システムデザイン学部 航空宇宙システム工学コース
 
専門・研究分野空間光通信、衛星-地上間光通信
最終学歴・学位電気通信大学 情報システム研究科 情報メディアシステム学専攻 後期博士課程 博士(工学)
研究テーマ1.衛星-地上間光通信
2.空間光通信
3.上記に関連する研究
・機械学習を用いた大気ゆらぎ予測
・誤り訂正符号の適用
・大気ゆらぎ観測
・空間量子鍵配送や物理レイヤ暗号
・数値シミュレーション
研究キーワード空間光通信、機械学習、誤り訂正符号
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
[1] Y. Takayama, H. Takenaka, and H. Kunimori, “A simple improved method using dual boresight cameras in verifying propagation direction of laser beam transmitted from ground to satellite,” Phys. Scr., vol. 94, no. 6, Mar. 2019, doi: 10.1088/1402-4896/ab1020.
[2] M. Fujiwara et al., “Free-space optical wiretap channel and experimental secret key agreement in 7.8 km terrestrial link,” Opt. Express, vol. 26, no. 15, pp. 19513–19523, 2018, doi: 10.1364/OE.26.019513.
[3] A. Carrasco-Casado et al., “LEO-to-Ground Optical Communications using SOTA (Small Optical TrAnsponder) –Payload Verification Results and Experiments on Space Quantum Communications–,” Acta Astronaut., vol. 139, pp. 377–384, 2017, doi: 10.1016/j.actaastro.2017.07.030.
[4] H. Takenaka, A. Carrasco-Casado, M. Fujiwara, M. Kitamura, M. Sasaki, and M. Toyoshima, “Satellite-to-ground quantum-limited communication using a 50-kg-class microsatellite,” Nat. Photonics, vol. 11, pp. 502–508, 2017, doi: 10.1038/nphoton.2017.107.
[5] A. Carrasco-Casado et al., “LEO-to-ground polarization measurements aiming for space QKD using Small Optical TrAnsponder (SOTA),” Opt. Express, vol. 24, no. 11, p. 12254, 2016, doi: 10.1364/OE.24.012254.
[6] H. Endo et al., “Free-space optical channel estimation for physical layer security,” Opt. Express, vol. 24, no. 8, p. 8940, Apr. 2016, doi: 10.1364/OE.24.008940.
[7] M. Toyoshima, T. Sasaki, H. Takenaka, and Y. Takayama, “Scintillation model of laser beam propagation in satellite-to-ground bidirectional atmospheric channels,” Acta Astronaut., vol. 80, pp. 58–64, 2012, doi: 10.1016/j.actaastro.2012.05.009.
[8] M. Toyoshima, H. Takenaka, Y. Shoji, Y. Takayama, Y. Koyama, and H. Kunimori, “Results of Kirari optical communication demonstration experiments with NICT optical ground station (KODEN) aiming for future classical and quantum communications in space,” Acta Astronaut., vol. 74, pp. 40–49, 2012, doi: 10.1016/j.actaastro.2011.12.020.
[9] H. Takenaka, M. Toyoshima, and Y. Takayama, “Experimental verification of fiber-coupling efficiency for satellite-to-ground atmospheric laser downlinks,” Opt. Express, vol. 20, no. 14, p. 15301, 2012, doi: 10.1364/OE.20.015301.
[10] M. Toyoshima, H. Takenaka, and Y. Takayama, “Atmospheric turbulence-induced fading channel model for space-to-ground laser communications links,” Opt. Express, vol. 19, no. 17, pp. 15965–15975, 2011, doi: 10.1364/OE.19.015965.
[11] 高山佳久, 豊嶋守生, 竹中秀樹, and 門脇直人, “衛星光通信の現状と展望,” 電子情報通信学会論文誌. B, 通信, vol. 94, no. 11, pp. 1443–1451, 2011, [Online]. Available: http://ci.nii.ac.jp/naid/110008761420/.
[12] M. Toyoshima, H. Takenaka, Y. Shoji, Y. Takayama, Y. Koyama, and H. Kunimori, “Polarization measurements through space-to-ground atmospheric propagation paths by using a highly polarized laser source in space.,” Opt. Express, vol. 17, no. 25, pp. 22333–22340, 2009, doi: 10.1364/OE.17.022333.
受 賞電子情報通信学会 衛星通信研究会 衛星通信研究賞 2020年度(連名)
電子情報通信学会 衛星通信研究会 衛星通信研究賞 2018年度(連名)
電子情報通信学会 衛星通信研究会 衛星通信研究賞 2015年度(連名)
2012年 電子情報通信学会 学術奨励賞
主な学会活動電子情報通信学会
日本航空宇宙学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 航空宇宙工学実験2
  • 航空宇宙工学実験2
  • 設計製図
  • 設計製図(AS)
オフィスアワー質問・相談については、講義終了直後、もしくは、電子メールで受け付けます。
下記のメールアドレスまでメールをして下さい。
研究室4号館203b号室
内線番号内線8652
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況令和03年度
researchmap
ページトップへ