TAO Ryosuke
教授

田尾 亮介 タオ リョウスケ たお りょうすけ

プロフィール

所属

東京都立大学法学部 法学科 法律学コース
法学政治学研究科 法学政治学専攻

最終学歴・学位

東京大学法学部卒業、同大学院博士課程修了・博士(法学)

専門・研究分野

行政法・財政法

研究

研究テーマ

民間資金による公共空間の形成、行政契約の理論と実際、機能的行政組織法

研究キーワード

アメリカの地方自治、ドイツの都市計画、フランスの行政契約、イギリスの情報公開

詳細情報

(English follows)
・田尾亮介「墓埋法に基づく納骨堂の経営許可と周辺住民の原告適格」(行政判例研究会、2023年11月25日)
・田尾亮介「租税を使わない国家・序説―アメリカ・ドイツのビジネス改善地区(BID)と日本の受益者負担」日本財政法学会編『負担金と租税をめぐる財政法学的研究(財政法叢書36号)』(日本財政法学会、2023年)
・田尾亮介「契約における違法性と支出命令の関係」小幡純子・斎藤誠・飯島淳子編『地方自治判例百選(第5版)』(有斐閣、2023年)
・田尾亮介「行政契約と行政手続―日本、ドイツおよびアメリカの都市計画契約に関する比較研究」一般財団法人土地総合研究所・都市計画と法政策学との連携推進研究会(一般財団法人土地総合研究所、2023年6月23日)
・田尾亮介「アメリカ連邦議会の『財布の権限』」法律時報95巻6号(2023年)
・田尾亮介「当事者自治としての日本版BIDの可能性と限界」総務省・21世紀地方自治制度についての調査研究会(一般財団法人自治総合センター、2023年2月8日)
・田尾亮介「第二次納税義務者による不服申立て」斎藤誠・山本隆司編『行政判例百選Ⅱ(第8版)』(有斐閣、2022年)
・田尾亮介「学界展望<財政法>Tomi Tuominen, The Euro Crisis and Constitutional Pluralism: Fiscal Stability but Constitutional Inequality」国家学会雑誌135巻9=10号(2022年)
・田尾亮介「租税を使わない国家(3)―BIDとエリアマネジメント」法学会雑誌63巻1号(2022年)
・田尾亮介「租税を使わない国家(2)―BIDとエリアマネジメント」法学会雑誌62巻2号(2022年)
・田尾亮介「容積率の規制緩和と公共貢献―行政と私人が『取引』をするとき」季刊行政管理研究175号(2021年)
・田尾亮介「租税を使わない国家(1)―BIDとエリアマネジメント」法学会雑誌62巻1号(木村光江先生退職記念号)(2021年)
・田尾亮介「当事者自治としての日本版BIDの可能性と限界」科研費・基盤研究(A)「行政契約と行政計画を主軸とした当事者自治的公法秩序に関する比較法的研究」(研究代表者: 亘理格) 研究会(日本大学、2021年5月15日)
・田尾亮介「受診に際し虚偽説明をいじめの被害生徒に指示した市立中教諭に対する懲戒停職処分と比例原則」ジュリスト1557号『令和2年度重要判例解説』(2021年)
・田尾亮介「オリンピックの費用負担と都市財政」法学セミナー787号(2020年)
・田尾亮介「財政法学から見た地方公共団体―地方財政計画・補助金を端緒に考える」法律時報91巻12号(2019年)
・田尾亮介「計画の変更・廃止」宇賀克也・小幡純子編『条解 国家賠償法』(弘文堂、2019年)
・田尾亮介「フランス」『諸外国における情報公開制度に関する調査研究報告書』(一般財団法人行政管理研究センター、2019年)
・田尾亮介「租税を使わない国家・序説―アメリカ・ドイツのビジネス改善地区(BID)と日本の受益者負担」日本財政法学会第37回研究大会『負担金と租税をめぐる財政法学的研究』(新潟大学、2018年11月3日)
・田尾亮介「別荘給水契約者に対する差別的水道料金体系の適法性」「公害防止事業負担金を課すことのできる事業者」「土地区画整理組合への市職員の派遣と給与支出の適法性」日本財政法学会編『地方財務判例 質疑応答集』(ぎょうせい、2017年)
・田尾亮介「立法者意思・立法趣旨の探求―地方議会会派運営費交付金事件」法学教室447号(2017年)
・田尾亮介「第二次納税義務者による不服申立て」宇賀克也・交告尚史・山本隆司編『行政判例百選Ⅱ(第7版)』(有斐閣、2017年)
・田尾亮介「書評 碓井光明著 行政不服審査機関の研究」季刊行政管理研究158号(2017年)
・田尾亮介「意見公募手続等」「審理手続」「裁決」「再調査の請求」「再審査請求」「行政不服審査会等」小早川光郎・青栁馨編・山本隆司編集協力『論点体系 判例行政法1 行政活動の基本的な仕組み 行政上の手続・調査・情報取扱い』(第一法規、2017年)
・田尾亮介「不服審査手続との関係」小早川光郎・青栁馨編・山本隆司編集協力『論点体系 判例行政法2 行政訴訟』(第一法規、2017年)
・田尾亮介「契約と行政行為の並存・交錯状況―フランスの場合」宇賀克也・交告尚史編『現代行政法の構造と展開 小早川光郎先生古稀記念』(有斐閣、2016年)
・田尾亮介「アメリカ・イギリス・ドイツのBID制度とその比較」京都大学経営管理大学院官民協働まちづくり実践講座研究会(京都大学・清風荘、2016年9月14日)
・田尾亮介「イギリス」『公文書管理の在り方に関する調査報告書』(一般財団法人行政管理研究センター、2015年)
・田尾亮介「学界展望<財政法>Nina Jarass Cohen, Vergaberecht und stadtebauliche Kooperation: Ein Anwendungsfall der Urban Governance」国家学会雑誌128巻3=4号(2015年)
・田尾亮介「協議に関する手続」法律時報87巻1号(2015年)(中国語版は法学思潮〔山東大学〕に掲載)
・田尾亮介「合意による行政の研究―都市法領域を中心として」東京大学博士論文(2014年)
・田尾亮介「地方公共団体が長等に対して有する請求権を放棄する旨の議会の議決の適法性」(東京大学公法判例研究会、2013年7月12日)
・田尾亮介「交渉・合意・協働―アメリカにおける開発負担協定を素材として」宇賀克也責任編集・行政法研究創刊2号(2013年)
・田尾亮介「イギリス」「フランス」『閣議議事録等の文書の作成及び一定期間経過後公開等制度に関する海外調査報告書』(一般財団法人行政管理研究センター、2013年)
・田尾亮介「論文紹介 土地利用規制における契約化の進展 Daniel P. Selmi, The Contract Transformation in Land Use Regulation, 63 Stanford Law Review 591」アメリカ法2012-1号(2012年)
・田尾亮介「行政判例研究 都市計画施設区域内の事業予定地における土地買取制度と譲渡所得税特例の要件」自治研究88巻10号(2012年)
・田尾亮介「学界展望<財政法>Lee Anne Fennell, The Unbounded Home: Property Values Beyond Property Lines」国家学会雑誌124巻9=10号(2011年)
・田尾亮介「公会計―会計学・経済学・法律学の交錯領域として」中里実責任編集『財政法の新たな展開』(フィナンシャル・レビュー103号・財務省財務総合政策研究所、2011年)(英語版はPublic Policy Reviewに掲載)
・田尾亮介「公会計―retrospectiveな視点とprospectiveな視点の峻別」(財務省財務総合政策研究所、2010年8月27日)
・田尾亮介「財政法判例研究 公害防止事業費負担取消請求事件(三菱ガス化学事件)」会計と監査61巻3号(2010年)
・田尾亮介「学界展望<行政法>Marie-Aimee Latournerie, Point de vue sur le domaine public」国家学会雑誌122巻7=8号(2009年)
・田尾亮介「財政法判例研究 土地区画整理組合への職員派遣―市職員を土地区画整理組合に派遣し、給与を支出したことが地方公務員法30条、35条、地方自治法204条の2、公益法人等への一般職の地方公務員の派遣等に関する法律2条、6条に違反しないとされた事例(久喜市事件)」会計と監査60巻4号(2009年)
・田尾亮介「財政法判例研究 高根町(山梨県)簡易水道事業水道料金事件上告審判決―条例制定行為の行政処分性及び差別的料金体系の適法性」会計と監査58巻12号(2008年)
・田尾亮介「行政判例研究 市町村が行う国民健康保険の保険料と憲法84条―旭川市国民健康保険条例事件最高裁大法廷判決」自治研究84巻1号(2008年)

【科研費採択補助事業】
・基盤研究(B)「現代財政法の体系的再構築に向けた比較法的研究」(研究代表者: 片桐直人)(2024-2027年度)
・基盤研究(C)「行政行為と双璧をなすべき行政契約の基礎理論および発展的課題に関する研究」(研究代表者: 田尾亮介)(2023-2025年度)
・基盤研究(C)「租税以外の負担金を用いた地域共通利益の実現手法に関する研究」(研究代表者: 田尾亮介)(2020-2022年度)
・基盤研究(C)「持続型・縮退型社会における都市行政の費用負担のあり方に関する研究」(研究代表者: 田尾亮介)(2017-2019年度)
・若手研究(B)「『合意による行政』の研究―都市法領域を中心として」(研究代表者: 田尾亮介)(2014-2016年度)
・若手研究(B)「土地利用規制における協議・協定手法の公法学的研究」(研究代表者: 田尾亮介)(2012-2013年度)
・研究活動スタート支援「民間主体による地域管理制度の可能性」(研究代表者: 田尾亮介)(2010-2011年度)
・特別研究員奨励費(DC2)「都市の財源確保に関する法制度の研究」(研究代表者: 田尾亮介)(2007-2008年度)

【受託研究】
・総務省「諸外国における情報公開制度に関する調査研究」(一般財団法人行政管理研究センター受託)(2018-2019年)
・内閣府「公文書管理の在り方に関する調査」(一般財団法人行政管理研究センター受託)(2014-2015年)
・総務省「住民訴訟に関する検討会の運営に関する請負業務」(一般財団法人行政管理研究センター受託)(2012-2013年)
・内閣府「閣議議事録等の文書の作成及び一定期間経過後公開等制度に関する海外調査」(一般財団法人行政管理研究センター受託)(2012-2013年)

【VITA】
Ryosuke TAO

Current Positions
・Professor, Department of Law & Politics, Tokyo Metropolitan University, 2023 April – present

Previous Positions
・Associate Professor, Department of Law and Politics, Tokyo Metropolitan University, 2016 April – 2023 March
・Assistant Professor, Department of Law, Rikkyo University (Japan), 2013 April – 2016 March
・Researcher, Institute of Administrative Management (Japan), 2012 April – 2013 March
・Lecturer, National Graduate Institute for Policy Studies (Japan), 2010 January – 2012 March
・Research fellow, Japan Society for the Promotion of Science, 2007 April – 2009 March

Education
・Ph.D. in Law, Special Excellence Award, The University of Tokyo, 2014
・MA in Public Policy, Best Student Award, The University of Tokyo, 2006
・BA in Law, The University of Tokyo, 2004

Research Interests
・Administrative Law, Environmental Law, Land Use Law, and Urban Law
・Local Government Law
・Public Finance Law and Tax Law
・Information Law and FOIA

Selected Publications (All of them are in Japanese except one)
・”Power of the Purse” in the U.S. Congress, Horitsu-Jihou, Vol. 95, No. 6, 2023
・An Introductory Study of Non-Tax Funded States: Business Improvement Districts in the U.S. and Germany, and beneficiary burden in Japan, Zaiseihou-sousyo, Vol. 36, 2023
・Non-Tax Funded States (1) (2) (3): A Comparative Study of Business Improvement Districts (BID) in the U.S., the U.K., Germany and Japan, Journal of Law and Politics (Tokyo Metropolitan University), Vol. 62, No. 1, Vol. 62, No. 2, Vol. 63, No. 1, 2021-2022
・Deregulation of Floor-area ratio and Public Contribution: Bargaining between Governments and Private Parties, Public Administration Review Quarterly, No. 175, 2021
・The Costs of the Olympic Games for Host Cities, Hogaku-Seminar, No. 787, 2020
・Local Governments from Perspective of Public Finance Law: Focusing on the Local Finance Plan and Subsidies, Horitsu-Jiho, Vol. 91, No. 12, 2019
・Changes and Abolitions of Plans, in State Redress Act (Katsuya Uga and Junko Obata ed.), 2019
・An Exploring of Legislative Purpose in Congress, Hogaku-Kyoshitsu, Vol. 447, 2017
・Administrative Complaint Review Procedure, in Cases on Administrative Law (Mitsuo Kobayakawa et al. ed.), 2017
・Contract and Unilateral Decision in Administrative Law: In the Case of France, in Structure and Development of Modern Administrative Law, Festschrift of Prof. Mitsuo Kobayakawa (Katsuya Uga and Hisashi Koketsu ed.), 2016
・Procedures for Consultations, Horitsu-Jihou, Vol. 87, No. 1, 2015
・Consensus-based Government: Focusing on the Area of Urban Law, Doctoral dissertation, The University of Tokyo, 2014
・Negotiation, Agreement and Collaboration: An Introductory Study on Development Agreements in the U.S., Review of Administrative Law (Katsuya Uga ed.), No. 2, 2013
・Public Sector Accounting, Journal of Public Policy (Policy Research Institute, Ministry of Finance, Japan), Vol. 8, No. 1, 2012 (English ver.)

Book Reviews
・Tomi Tuominen, The Euro Crisis and Constitutional Pluralism: Fiscal Stability but Constitutional Inequality, Journal of the Association of Political and Social Sciences, Vol. 135, No. 9=10, 2022
・Mitsuaki Usui, A Research on Administrative Complaint Review Organizations, Public Administration Review Quarterly, No. 158, 2017
・Nina Jarass Cohen, Vergaberecht und stadtebauliche Kooperation: Ein Anwendungsfall der Urban Governance, Journal of the Association of Political and Social Sciences, Vol. 128, No. 3=4, 2015
・Daniel P. Selmi, The Contract Transformation in Land Use Regulation, 63 Stanford Law Review 591, American Law, Vol. 2012-1, 2012
・Lee Anne Fennell, The Unbounded Home: Property Values Beyond Property Lines, Journal of the Association of Political and Social Sciences, Vol. 124, No. 9=10, 2011
・Marie-Aimee Latournerie, Point de vue sur le domaine public, Journal of the Association of Political and Social Sciences, Vol. 122, No. 7=8, 2009

Grants (All of them are as a Project Leader except one)
・Grant-in-Aid for Scientific Research (B), “A comparative study toward the reconstruction of modern public finance law,” 2024-2027, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS) (Project Leader: Naoto Katagiri)
・Grant-in-Aid for Scientific Research (C), “Research on the basic theory and developmental issues of administrative contracts,” 2023-2025, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
・Grant-in-Aid for Scientific Research (C), “Research on methods of realizing common regional benefits using assessments other than taxes,” 2020-2022, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
・Grant-in-Aid for Scientific Research (C), “A study of cost-sharing of urban administration in a sustainable and shrinking society,” 2017-2019, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
・Grant-in-Aid for Early-Career Scientist (B), “Consensus-based governments: Focusing on the area of urban law,” 2014-2016, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
・Grant-in-Aid for Early-Career Scientist (B), “A legal study on consultation procedure and agreements in the land use regulation,” 2012-2013, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
・Grant-in-Aid for Research Activity Start-up, “A legal study on the concept of “Area Management” in Japan,” 2010-2011, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
・Grant-in-Aid for JSPS Fellows, “Research on the legal system for securing financial resources for cities,” 2007-2008, Japan Society for the Promotion of Science (JSPS)
・東京大学博士論文特別優秀賞
・東京大学公共政策大学院特別優秀賞
・JSPS人文学・社会科学データインフラストラクチャー構築推進事業運営委員会専門委員
・東京都墨田区入札等外部審査委員会委員
・総務省&自治総合センター「21世紀地方自治制度調査研究会」
・三菱地所&東大社研「災害時自立生活圏・公共貢献研究会」
・成蹊大学法学部「地方自治法」
・立教大学法学部「行政法2」

連絡先

オフィスアワー

火曜・5限

メールアドレス

r-tao●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)