本文へ移動します

下村 芳樹

氏 名下村 芳樹シモムラ ヨシキしもむら よしき 
職 位教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 機械システム工学科
システムデザイン研究科 機械システム工学域
2018年再編前の所属
システムデザイン学部 知能機械システムコース
システムデザイン研究科 知能機械システム学域
 
専門・研究分野サービス工学、ライフサイクル工学、設計学
最終学歴・学位九州工業大学工学部金属工学科卒業(昭和59年3月)・工学博士(東京大学・平成9年6月)
研究テーマサービス工学、Product-Service System、設計工学、ライフサイクル工学、知識工学
研究キーワードサービスCAD、製品サービスシステム、知的設計支援、環境調和型設計、自己修復システム、知的制御
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【H29年度分】

【論文発表】

1.K. Muramatshu, K. Kimita, T. Ishii, Y. Nemoto, E. Tanaka, K. Watanuki, T. Matshui and Y. Shimomura: Ontological descriptions of receiver states for sharing knowledge in learning service design. Journal of Advanced Mechanical Design, Systems, and Manufacturingl, The Japan Society of Mechanical Engineers, Vol. 11, No. 1, pp. 1-13, DOI: 10.1299/jamdsm.2017jamdsm0008, 2017.

2.K. Kimita, T. Sakao and Y. Shimomura: A Failure Analysis Method for Designing Highly Reliable Product-Service Systems. Research in Engineering Design, Vol. 28, Issue XX (ISSN: 0934-9839 (Print) 1435-6066 (Online)), (DOI: 10.1007/s00163-017-0261-8), Springer, 2017.

3.L. H. Shu, J. Duflou, C. Herrman, T. Sakao, Y. Shimomura, Y. D. Bock and J. Srivastava: Design for reduced consumption during the use phase of products. CIRP Annals -Manufacturing Technology, Vol. 66/2, (ISSN 1660-2773, doi 10.1016/j.cirp.2014.03.117), pp. 635-658, 2017.

【学会発表(国内)】

1.木見田康冶, 杉野涼太, 石井隆稔, 村松慶一, 赤倉貴子, 松居辰則, 三宮真智子, 下村芳樹: メタ認知を用いたコンテキスト共有による価値共創型教育サービスの提案, 2017年度サービス学会第5回国内大会講演論文集, CD-ROM, 2017.

2.久保田陽介, 筒井優介, 木見田康治, 下村芳樹: ベイジアンネットワークを用いたPSS設計の支援手法, 2017年度サービス学会第5回国内大会講演論文集, CD-ROM, 2017.

3.出井優駿, 森大樹, 杉野涼太, 木見田康治, 下村芳樹: 価値共創を実現するサービスの設計手法, 2017年度サービス学会第5回国内大会講演論文集, CD-ROM, 2017.

4.三竹祐矢, 湯浅健人, 下村芳樹: 価値共創型サービス設計のためのコンテキストモデリング手法. 第144回ヒューマンインタフェース学会研究会・ユーザエクスペリエンス・サービスデザインおよび一般(SIG-UXSD-05), USB, 2017.

5.出井優駿, 木見田康治, 下村芳樹: 価値共創型サービスの設計手法. 第144回ヒューマンインタフェース学会研究会・ユーザエクスペリエンス・サービスデザインおよび一般(SIG-UXSD-05), USB, 2017.

6.三竹祐矢, 筒井雄介, 下村芳樹: サービス設計における価値共創を支援するコンテキストモデル化手法. 日本機械学会第27回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 17-32, 2017.

7.出井優駿, 湊省吾, 下村芳樹: 製品サービスシステム設計のためのコンテキスト抽出手法. 日本機械学会第27回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 17-32, 2017.

8.叶兵, 湯浅健人, 三竹祐矢, 下村芳樹: ライフサイクルコストモデルを用いた製品サービスシステム設計手法. 日本機械学会第27回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 17-32, 2017.

9.久保田陽介, 湯浅健人, 丹野慎太郎, 戸谷圭子, 下村芳樹: 製造業のサービス化における障壁に関する調査. 日本機械学会第27回設計工学・システム部門講演会講演論文集, No. 17-32, 2017.

10.筒井優介, 三竹祐矢, 下村芳樹: PSSの価値共創支援のためのコンテキスト表現に関する整理と考察, 2017年度精密工学会秋季大会学術講演会論文集, pp. 579-580, CD-ROM, 大阪大学, 大阪, 2017.

11.湯浅健人, 久保田陽介, 丹野慎太郎, 戸谷圭子, 下村芳樹: 製造業のサービス化を実現するための要件と障壁に関する調査, 2017年度精密工学会秋季大会学術講演会論文集, pp. 585-586, CD-ROM, 大阪大学, 大阪, 2017.

12.湊省吾, 出井優駿, 下村芳樹: 製品サービスシステム設計を支援するコンテキスト抽出手法, 2017年度精密工学会秋季大会学術講演会論文集, pp. 601-602, CD-ROM, 大阪大学, 大阪, 2017.

13.久保田陽介, 細野繁, 下村芳樹: 製造業のサービス化の視点に基づく事業特性の分析手法, 2018年度精密工学会春季大会学術講演会論文集, pp. 209-210, CD-ROM, 中央大学, 東京, 2018.

14.出井優駿, 湊省吾, 下村芳樹: 価値共創概念に基づくコンテキストの抽出手法, 2018年度精密工学会春季大会学術講演会論文集, pp. 215-216, CD-ROM, 中央大学, 東京, 2018.

15.叶兵, 湯浅健人, 三竹祐矢, 細野繁, 下村芳樹: ライフサイクルコストモデルを用いた製品サービスシステム改善設計支援手法, 2018年度精密工学会春季大会学術講演会論文集, pp. 227-228, CD-ROM, 中央大学, 東京, 2018.

16.三竹祐矢, 筒井優介, 根本裕太郎, 細野繁, 下村芳樹: PSSの価値共創支援のためのコンテキスト表現に関する整理と考察, 2018年度精密工学会春季大会学術講演会論文集, pp. 231-232, CD-ROM, 中央大学, 東京, 2018.

17.阿部俊一郎, 筒井優介, 三竹祐矢, 下村芳樹, 細野繁: PSS設計支援のためのコンテキストモデラの開発, 2018年度精密工学会春季大会学術講演会 第25回学生会員卒業発表講演会論文集, pp. 67-68, CD-ROM, 中央大学, 東京, 2018.

18.平光健志郎, 湊省吾, 出井優駿, 下村芳樹: 広域提供サービスの改善を支援するコンテキスト取得手法, 2018年度精密工学会春季大会学術講演会 第25回学生会員卒業発表講演会論文集, pp. 139-140, CD-ROM, 中央大学, 東京, 2018.

19.倉持航平, 湊省吾, 出井優駿, 三竹祐矢, 細野繁, 下村芳樹: 製品サービスシステムにおける価値共創を支援するコンテキスト可視化手法, 2018年度精密工学会春季大会学術講演会 第25回学生会員卒業発表講演会論文集, pp. 141-142, CD-ROM, 中央大学, 東京, 2018.

20.前園建, 湯浅健人, 久保田陽介, 下村芳樹: PSS理念教育教材用ファシリテーションツールの開発, 2018年度精密工学会春季大会学術講演会 第25回学生会員卒業発表講演会論文集, pp. 41-42, CD-ROM, 中央大学, 東京, 2018.

21.山田奈緒, 筒井優介, 久保田陽介, 下村芳樹: PSSデザインガイドの開発, 2018年度精密工学会春季大会学術講演会 第25回学生会員卒業発表講演会論文集, pp. 51-52, CD-ROM, 中央大学, 東京, 2018.

【学会発表(国際)】

1.S. Hosono and Y. Shimomura: Bridging On-site Practices and Design Principles for Service Development. In Proceedings of CIRP Design Conference 2017, pp. 422-427, CIRP, Cranfield, UK, 2017.

2.Y. Kubota, F. Murakami, K. Kimita and Y. Shimomura: The task to design highly service-oriented Product-Service System. In Proceedings of CIRP Design Conference 2017, pp. 416-421, CIRP, Cranfield, UK, 2017.

3.Y. Mitake, Y. Noto, K. Kimita and Y. Shimomura: A Context Extracting Method for PSS Improvement Design. In Proceedings of CIRP IPS2 Conference 2017, in-printing, CIRP, Copenhagen, Denmark, 2017.

4.K. Kimita, K. Toya, S. Tanno and Y. Shimomura: A Survey of Servitization Barriers in Japanese Manufacturers. In Proceedings of the 5th International Conference on Serviceology - ICServe2017 -, in-printing, CD-ROM, The Society for Serviceology, Vienna, Austria, 2017.

【学会等での招待講演、基調講演(国内)】

1.下村芳樹: サービス工学と製品サービスシステム-サービスの生産性向上と製造業のサービス化事例-, 日本電機工業会 スマートマニュファクチャリング特別委員会, 電設健保険会館, 2017. (招待講演)

2.下村芳樹: 進む製造業によるサービス化-製造業による高付加価値共創-, 日野自動車株式会社 燦和会, 日野自動車本社, 2017. (特別講演)

3.下村芳樹: 製造業による高付加価値共創の課題・手段・実践方法-サービス工学と製品サービスシステム-, 株式会社 東芝, 東京本社, 2017. (特別講演)

4.下村芳樹: トランス・サイエンス型実学教育の奨めーサービス工学と製品サービスシステムー, 関西工学教育協会機械分科会, 大坂大学, 2017. (招待講演)

5.下村芳樹: 製品とサービスのアイムアクシスデザイン -コンテキスト中心設計の時間軸, 日本設計工学会第24回設計フォーラム「タイムアクシスデザインへの期待」講演資料集, 日本設計工学会, pp. 24-45, 千葉工業大学, 2017. (招待講演)

6.Y. Shimomura: Design towards Servitized Society -Service Engineering and Context Centered PSS Design. The 2nd Asian Conference on Ergonomics snd Design, Chiba, Japan, 2017. (keynote presentation)

7.下村芳樹: 文脈中心設計入門 -文脈価値の創り方, 首都大学東京オープンユニバーシティ PRIシリーズ, 首都大学東京飯田橋キャンパス, 2017. (特別講座)

8.下村芳樹: サービス工学と文脈中心設計入門, 首都大学東京・都産技研共催セミナー, 中小企業振興公社タイ事務所後援, Bangkok, Thai, 2018 (招待講演)

9.下村芳樹: 中小企業によるIoT事業開発を加速する設計戦略, 平成29年度 第3回IoTセミナー, 東京都立産業技術研究センター/東京都中小企業振興公社, 東京都立産業技術研究センター, 2017. (基調講演)

【総説・解説等】

1.下村芳樹, 根本裕太郎: 製品サービスシステムのタイムアクシスデザイン, 特集:タイムアクシスデザイン, 設計工学, Vol. 53, No. 2, pp. 134-141, 日本設計工学会, 2018. (解説記事)
受 賞[1] 機械学会設計工学・システム部門2010年度部門賞業績賞(機械学会設計工学・システム部門)(2010)
[2] Outstanding Paper Award (Emerald Literati Network)(2009)
[3] 第53回注目発明(科学技術庁)(1993)
[4] The 8th Innovative Application of Artificial Intelligence(AAAI)(1994)
[5] 第73期機械学会部門表彰(機械学会 情報・知能・精密機器部門)(1995)
[4] 2010 Outstanding Paper Award (Emerald Literati Network)(2009)
[5] 機械学会設計工学・システム部門2010年度部門賞業績賞(機械学会設計工学・システム部門)(2010)
主な学会活動[1] (社)日本機械学会 第12回設計工学・システム部門講演会 実行委員 (2002年4月-2003年3月)
[2] (社)機械学会 第20回設計シンポジウム幹事委員 (2001年11月-2002年7月)
[3] (社)日本機械学会 設計工学・システム部門運営委員 (1998年4月-)
[4] (社)日本機械学会 設計工学・システム部門 第12技術委員会副委員長 (2000年4月-)
[5] (社)日本機械学会 設計工学・システム部門 第14技術委員会副委員 (2000年4月-)
[6] (社)日本機械学会 情報・知能・精密機器部門運営委員 (1996年4月?1998年3月)
[7] (社)日本機械学会 設計工学・システム部門 P-SC328製品開発・設計技術に関する分科会委員 (2000年4月-2001年3月)
[8] (社)日本機械学会 出版部会校閲委員会委員(1999年4月-)
[9] (社)精密工学会 ライフサイクルエンジニアリング分科会運営委員 (1999年度-2001年度)
[10] (社)精密工学会 人と機械の協調のための情報統合環境分科会(1999年-2000年)
[11] (社)精密工学会 評議委員(2008年4月?)
[12] (社)精密工学会 出版部会校閲委員会委員(2009年4月?)
[13] (社)精密工学会 論文賞選考委員(2009年11月?)
[14] (社)日本機械学会 設計工学・システム部門 88期副部門長(2010年4月?2011年3月)
[15] (社)日本機械学会 学会誌編修委員(2010年4月?2012年3月)
[16] (社)日本機械学会 設計工学・システム部門 88期技術委員会委員長(2010年4月?2011年3月)
[17] (社)日本機械学会 設計工学・システム部門 89期部門長(2011年4月?2012年3月)
[18] (社)日本機械学会 メカライフ編修委員会委員長(2012年4月?2014年3月)
[19] (社)日本機械学会 学会誌編修委員(2013年4月〜2014年3月)
社会等との関わり[1] 新エネルギー・産業技術総合開発機構 インバーステクノロジー委員会 委員(2003年1月?)
[2] (社)人間生活工学研究センター オンデマンドサービス製造技術調査委員会 委員 (2002年10月?)
[3] 経済産業省サービス産業生産性向上調査事業委員(2009年11月?2010年3月)
[4] 財団法人製造科学技術センター 平成22年度ものづくり技術戦略マップ検討委員会委員 (2010年4月?2011年3月)
[5] 経済産業省・関東経済産業局 平成22年度地域新成長産業創出促進事業審査委員(2010年5月?2011年3月)
[6] 経済産業省・関東経済産業局 平成23年度地域新成長産業創出促進事業審査委員 (2011年4月?2012年3月)
[7] 独立行政法人科学技術振興機構 震災関連研究を対象とした「国際緊急共同研究・調査支援プログラム」に関する推進委員 (2011年4月?2012年3月)
[8] 財団法人製造科学技術センター 平成23年度ものづくり技術戦略マップ検討委員会委員 (2011年4月?2012年3月)
[9] 独立行政法人科学技術振興機構 国際科学技術協力推進委員 (2013年7月〜2015年3月)
個人のURL
担当科目
  • ライフサイクル設計論
  • 基礎設計工学
  • 知能機械概論
  • システム工学演習
  • 応用設計工学
  • 設計製図(IMS)
  • ライフサイクルデザイン特論
  • ライフサイクルデザイン特論
  • 人工物のテクノロジー
オフィスアワー
研究室日野キャンパス2号館 706号室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ