本文へ移動します

柴田 祐樹

氏 名柴田 祐樹シバタ ヒロキしばた ひろき 
職 位助教
所 属東京都立大学システムデザイン学部 情報科学科
システムデザイン研究科 情報科学域
2018年再編前の所属
システムデザイン学部 情報通信システムコース
システムデザイン研究科 情報通信システム学域
 
専門・研究分野最適化,確率模型の標本抽出法
最終学歴・学位2019年春,首都大学東京(現東京都立大学)情報通信システム学域博士後期課程修了.博士(工学)
研究テーマ不確定要素を考慮するための確率模型による経路推薦の研究と,Boltzmann Machine の性質に関する研究
研究キーワードMonte Carlo 法,Markov Chain, Optimization, Big-data, Recommendation, Interactive recommendation
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
- H. Shibata, L. H. Chen, Y. Takama, “Application of Exchanging Monte Carlo Method to Sample Deep Boltzmann Machines ," International Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, 2020.
- H. Shibata, H. Sato, L. H. Chen, Y. Takama, “Introduction of Boolean Operation into Context Search Engine," International Symposium on Community-centric Systems, 2020.
- H. Shibata, Y. Takama, “Improvements on Probability Model for Sightseeing Route Recommendation Method Employing Generalized Formulation in terms of Edges," International Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence, 2019.
- 柴田祐樹, 高間康史, 辺ベクトルを用いた経路推薦問題の解法における目的関数の改善に関する提案,第21回インタラクティブ情報アクセスと可視化マイニング研究会, 2019. (研究会奨励賞)
- H. Shibata, Y. Takama, “Index-based Notation for Random Variable and Probability Space,” Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 23, No. 4, 2019.
- H. Shibata, H. Ishikawa, Y. Takama, “Crystalizing Effect of Simulated Annealing on Boltzmann Machine,” Journal of Advanced Computational Intelligence and Intelligent Informatics, Vol. 23, No. 3, 2019. (Best paper award 2020)
- 柴田祐樹,高間康史,辺ベクトルを用いた観光経路推薦問題の定式化と焼きなまし法による解法の提案,知能と情報,Vol. 31, No. 1, 2019. (2020年度論文賞)
- H. Shibata, Y. Takama, “Consideration on Crystalizing Simulated Annealing for Boltzmann Machine,” Proceedings of the 10th International Conference on Management of Digital EcoSystems, pp. 87-93, 2018.
- 柴田祐樹,高間康史,辺ベクトルを用いた定式化による経路推薦手法の提案,第32回人工知能学会全国大会,IE2-02, 2018.
- 柴田祐樹,高間康史,スポット推薦を伴う経路推薦手法の提案,第18回 SIGAM 研究会,SIG-AM-18-07, 2018.
- H. Shibata, Y. Takama, “Behavior Analysis of RBM for Estimating Latent Factor Vector from Rating Matrix,” Proceedings of the 6th International Conference on Informatics, Electronics &Vision & 7th International Symposium in Computational Medical and Health Technology, No. 15, 2017.
- 柴田祐樹,高間康史,評価値行列からの潜在因子推定における制限ボルツマンマシンの挙動解析,第10回WI2研究会,WI2-2017-2, pp. 7-12, 2017.- 柴田祐樹,安西洋平,田川 俊夫, 移動物体を伴う気液二相流の三次元数値計算, 日本混相流学会 混相流シンポジウム, 2016.
受 賞JACIII,Best paper award 2020
知能と情報2020年度論文賞
主な学会活動ARG 「Webインテリジェンスとインタラクション」研究会運営委員
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 情報リテラシー実践I 61
  • プログラミング基礎演習Ⅰ(CS)
  • プログラミング基礎演習Ⅱ(CS)
  • データ構造とアルゴリズム演習(CS)
  • システムプログラミング実験
  • 応用プログラミング実験
  • 情報工学演習
  • プログラミング基礎第二
  • プログラミング基礎第一
  • 情報通信基礎実験
オフィスアワー日野キャンパス2号館103,12時-14時
研究室Web Intelligence 研究室(高間研究室)
内線番号内線4215
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況令和02年度
researchmap
ページトップへ