本文へ移動します

坂元 尚哉

氏 名坂元 尚哉サカモト ナオヤさかもと なおや 
職 位准教授
所 属東京都立大学システムデザイン学部 機械システム工学科
システムデザイン研究科 機械システム工学域
2018年再編前の所属
システムデザイン学部 知能機械システムコース
システムデザイン研究科 知能機械システム学域
 
専門・研究分野メカノバイオロジー,バイオメカニクス,生体医工学
最終学歴・学位博士(工学)
研究テーマ力学環境に対する細胞応答,細胞の力学応答メカニズム,血管疾患,細胞核メカノバイオロジー
研究キーワードメカノバイオロジ-,細胞バイオメカニクス,生体医工学
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1) S. Tsukamoto, T. Asakawa, S. Kimura, N. Takesue, M.R.K. Mofrad, N. Sakamoto: Intranuclear strain in living cells subjected to substrate stretching: A combined experimental and computational study. Journal of Biomechanics, Vol. 119, 2021.
2) J. Pauty, S. Nakano, R. Usuba, T. Nakajima, Y. Johmura, S. Omori, N. Sakamoto, A. Kikuchi, M. Nakanishi, Y. T. Matsunaga: A 3D tissue model-on-a-chip for studying the effects of human senescent fibroblasts on blood vessels, Biomaterials Science, Vol. 9, pp. 199-211, 2021.
3) X. Han, N. Sakamoto, N. Tomita, H. Meng, M. Sato, M. Ohta: Influence of TGF-β1 expression in endothelial cells on smooth muscle cell phenotypes and MMP prodution under shear stress in a co-culture model, Cytotechnology, Vol. 71 (2), pp. 489-496, 2019.
4) N. Sakamoto, Y. Ueki, M. Oi, T. Kiuchi, M. Sato: Fluid shear stress suppresses ICAM-1-mediated transendothelial migration of leukocytes in coculture model, Biochemical and Biophysical Research Communications, Vol. 502, pp. 403-408, 2018.
5) D. Yoshino, N. Sakamoto, M. Sato: Fluid shear stress combined with shear stress spatial gradients regulate vascular endothelial morphology, Integrative Biology, Vol. 9 (7), pp. 584-594, 2017.
6) N. Sakamoto, M. Ogawa, K. Sadamoto, M. Takeuchi, N. Kataoka: Mechanical role of nesprin-1-mediated nucleus-actin filament binding in cyclic stretch-induced fibroblast elongation. Cellular and Molecular Bioengineering, Vol. 10 (4), pp. 327-338, 2017.
7) X. Han, N. Sakamoto, N. Tomita, H. Meng, M. Sato, M. Ohta: Influence of shear stress on phenotype and MMP production of smooth muscle cells in a co-culture model. Journal of Biorheology, Vol. 31 (2), pp. 50-56, 2017.
8) N. Sakamoto, K. Sadamoto: Effect of low oxygen conditions on matrix metalloproteinase-9 production of macrophages subjected to cyclic stretching: involvement of ERK and Rho kinase pathways. Journal of Biomechanical Science and Engineering, Vol. 12 (1), p. 16-00590, 2017.
受 賞
主な学会活動日本機械学会
日本生体医工学会
日本バイオレオロジー学会
米国生体医工学会(Biomedical Engineering Society)
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • 実習で学ぶバイオメカニクス
  • 基礎ゼミナール
  • バイオエンジニアリング
  • 機械工学実験第一
  • バイオメカニクス
  • 生体理工学ゼミナール
  • 生体機械概論
  • 生体生理工学
  • バイオメカニクス
  • 生体計測工学
  • 生体機械工学演習Ⅰ
  • 生体計測工学
  • バイオメカニクス(SD)
  • 生体理工学ゼミナール
  • 生体機能工学特論
  • 生体理工学ゼミナール
  • 研究室インターンシップ(生体理工学)
  • 研究室インターンシップ(生体理工学)
オフィスアワー
研究室南大沢キャンパス 9号館462室
南大沢キャンパス 生体機械工学研究棟10号館213室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況令和02年度
researchmap
ページトップへ