本文へ移動します

沼田 真也

氏 名沼田 真也ヌマタ シンヤぬまた しんや
職 位教授
所 属首都大学東京都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース
都市環境科学研究科 観光科学域
H30再編後の所属
都市環境学部 観光科学科
都市環境科学研究科 観光科学域
 
専門・研究分野熱帯生物学、都市生態学、保護地域と観光、科学技術政策
最終学歴・学位博士(理学)
研究テーマ・東南アジアに見られる一斉開花現象の解明  
・都市域の生物多様性保全に関する研究
・Wildlife tourism(野生生物観光)
・自然豊かな地域における外来種の侵入メカニズムの解明
・研究資源を活用したリサーチ・ツーリズム(研究観光) 
・研究活動と観光が両立するための条件:国内の世界自然遺産地域を事例に
研究キーワード東南アジア熱帯雨林生態系、都市の生物多様性保全・管理、東南アジアの二次的自然、世界自然遺産地域における研究活動と観光の関係
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【最近の研究成果の例】
・沼田真也、可知直毅、保坂哲朗 (2016) 研究活動は観光資源になり得るか?日本の世界自然遺産地における学術研究活動の役割 観光科学研究 9: 121-126.
・Aihara, Y., Hosaka, T., Yasuda, M., Hashim, M. and Numata, S. (2016) Mammalian wildlife tourism in Southeast Asian tropical rainforests: the case of Endau Rompin National Park, Malaysia. Journal of Tropical Forest Science. 28: 172-186.
・Hosaka, T., Y. Yumoto, Y. Y. Chen, I. F. Sun, S. J. Wright, S. Numata, Nur Supardi MN (2016) Sequential flowering of dipterocarps and pre-dispersal seed predation; which is better, early or late flowering. Biotropica. doi: 10.1111/btp.12371
・Azmy, M., T. Hosaka, S. Numata. (2016) Responses of four hornet species to the level of urban greenness in Nagoya city, Japan- implications for ecosystem disservices of urban green spaces. Urban Forestry & Urban Greening. 18:117-125.
・Widiyatno, M. Na'iem, S. Indrioko, K. Uchiyama, S. Numata, A. Matsumoto, and Y. Tsumura (2016) Effects of different silvicultural systems on the genetic diversity of Shorea parvifolia populations in the tropical rainforest of Southeast Asia. Tree Genetics & Genomes. 12: 73. doi:10.1007/s11295-016-1030-y
・Hosaka, T. Numata, S. (2016) Spatiotemporal dynamics of urban green spaces and human-wildlife conflicts in Tokyo. Scientific Reports. 6: 30911; doi: 10.1038/srep30911.
・Tani, N., Lee, S. L., Lee C. T., Ng, K. K. S., Muhammad, N., Niiyama, K., Yaghihashi, T., Otani, T., Kondo, T., Numata, S., Nishimura, S., Fukasawa, K., Pakkad, G., Okuda, T., Kasshim, A. R., Musa, S., Tsumura, Y.(2016)Selective logging simulation and male fecundity variation support different forest management criteria among groups of dipterocarp species. Journal of Tropical Forest Science. 28:369-381.
・Azmy, M. M., Hashim, M., Numata, S., Hosaka, T., Md. Noor, N. S., and Fletcher, C. D. (2016) Satellite-based characterization of climatic conditions before large-scale general flowering events in Peninsular Malaysia.. Scientific Reports. 6: 32329; doi: 10.1038/srep32329.
・Hosaka, T., Kurimoto, M. & Numata, S. (2016) An overview of insect-related events in modern Japan ―extent and characteristics. American Entomologist. 62: 228-234.
受 賞
主な学会活動日本生態学会、日本森林学会、日本造園学会、日本景観生態学会、日本都市計画学会
社会等との関わり・Malaysian Journal of Remote Sensing 誌 (Malaysian Remote Senisng Scociety) Editorial Board
・日本生態学会 キャリア支援専門委員会 委員
・文部科学省科学技術・学術政策研究所・科学技術動向研究センター専門調査員
・地方公共団体人事委員会技術専門問題作成委員
・多摩市みどりと環境審議会委員・会長
・国分寺市 環境アドバイザー
個人のURL
担当科目
  • 自然・文化ツーリズム入門
  • 自然ツーリズム学の見方・考え方
  • 自然ツーリズム概論Ⅱ
  • 自然ツーリズム概論Ⅰ
  • 安全管理・野外救急救命法
  • 環境生態学Ⅰ
  • 環境生態学Ⅱ
  • 生態地理学
  • 森林生物学
  • 環境生態学演習Ⅰ
  • 環境生態学演習Ⅱ
  • 自然ツーリズム学プロジェクト演習
  • 環境生態学野外実習
  • 自然ツーリズム実験
  • 自然・文化ツーリズム学ゼミナールⅠ
  • 自然・文化ツーリズム学ゼミナールⅡ
  • 自然・文化ツーリズム基礎課題研究
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅰ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅱ
  • インターンシップⅠ
  • インターンシップⅡ
  • 自然環境管理学
  • ECO‐TOPインターンシップⅠ
  • ECO‐TOPインターンシップⅡ
  • Nature- and culture-based tourism science Seminar Ⅰ
  • Environmental Ecology Ⅱ
  • 東南アジア地誌
  • 環境生態学特論I
  • 環境生態学特論II
  • 自然・文化ツーリズム学野外実習I
  • 自然・文化ツーリズム学野外実習III
  • 自然ツーリズム学セミナーI
  • 自然ツーリズム学セミナーII
  • 自然・文化ツーリズム学特別セミナーI
  • 自然・文化ツーリズム学特別セミナーII
  • 自然・文化ツーリズム学特別講義I
  • インターンシップⅠ
  • 自然・文化ツーリズム学特別講義Ⅲ
  • 自然・文化ツーリズム学特別セミナーⅢ
  • 自然・文化ツーリズム学特別セミナーⅣ
  • 自然ツーリズム学セミナーⅢ
  • 自然ツーリズム学セミナーⅣ
  • 自然・文化ツーリズム学特別講義Ⅱ
  • インターンシップⅡ
  • 自然・文化ツーリズム学特別講義Ⅴ
  • 自然・文化ツーリズム学特別講義Ⅵ
  • 自然・文化ツーリズム講究Ⅰ
  • 自然・文化ツーリズム講究Ⅱ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅰ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅱ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅲ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅳ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅴ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅵ
  • 自然・文化ツーリズムセミナーⅠ
  • 自然・文化ツーリズムセミナーⅡ
  • 自然・文化ツーリズムセミナーⅢ
  • 自然・文化ツーリズムセミナーⅣ
  • 自然・文化ツーリズムセミナーⅤ
  • 自然・文化ツーリズムセミナーⅥ
  • ECO-TOPインターンシップⅠ
  • ECO-TOPインターンシップⅡ
  • 自然・文化ツーリズム入門
  • 自然ツーリズム学の見方・考え方
  • 多摩の里山学
オフィスアワー
研究室9号館333号室
内線番号内線4424
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成28年度
researchmap
取組成果
ページトップへ