教員イメージ
NUMATA Shinya
教授

沼田 真也 ヌマタ シンヤ ぬまた しんや

プロフィール

所属

東京都立大学都市環境学部 観光科学科
都市環境科学研究科 観光科学域

最終学歴・学位

博士(理学)

専門・研究分野

熱帯生物学、都市生態学、保護地域管理

研究

研究テーマ

生態学を中心に、社会科学等も含めた複数のアプローチを用いて人と自然の関係の解明を進め、そのあるべき姿を模索しています。具体的には、様々な生態系、自然環境を対象としたツーリズム、自然保護地域の管理や経営などをテーマにした研究活動を行っています。
具体的には、東南アジア熱帯雨林の生態、熱帯雨林における野生生物観光、都市の生物多様性保全・管理のあるべき姿、世界自然遺産地域における研究活動と観光の関係、その他自然ツーリズムに関する現象について調査・研究を行っています。

研究キーワード

自然ツーリズム、保護地域(自然公園)、熱帯雨林、里山(二次的自然)、都市生態系、野生生物観光

研究イメージ
研究紹介

詳細情報

【最近の研究成果の例】
書籍
・沼田真也 (2015) 自然ツーリズムの基礎としての生態学 よく分かる観光学シリーズ2 自然ツーリズム学 朝倉書店 pp22-33
・沼田真也 (2015)  エコツーリズムの見方、考え方 よく分かる観光学シリーズ2 自然ツーリズム学 朝倉書店 pp57-69
・Numata, S. & Hosaka, T. (2018) The Current Status and Prospects for Biodiversity in Tokyo. Tokyo as a global city: New Geographical Perspectives. in T Kikuchi and T. Sugai (eds), Springer Singapore.
・沼田真也・保坂哲朗・髙木悦郎 (2018)  マレーシアの熱帯雨林における自然資源利用とワイルドライフツーリズム 菊地俊夫(編)ツーリズムの地理学 ―観光から考える地域の魅力― 二宮書店

総説
・沼田真也 (2014) 東京の生物多様性とその展望 地学雑誌 123: 497-515

論文(自然ツーリズム、野生生物観光、都市住民と生物多様性、熱帯生物学)
・Hosaka, T., Numata, S., Sugimoto, K. (2018) Relationship between childhood nature play and adulthood participation in nature-based recreation among urban residents in Tokyo area. Landscape and Urban Planning. 180: 1-4.
・沼田真也 (2019) 観光・ツーリズム分野における生物多様性:取り組みと課題 日本生態学会誌. 69: 23-27.
・沼田真也 (2019) マレーシアの農村観光─トレンガヌ州Setiu wetland を事例として─ 農村計画学会. 38: 23-26.
・沼田真也 (2019) 都市の自然環境と生物多様性の保全:東京を事例に グリーン・エージ. 6月号: 4-7.
・Sugiyama, N., T. Hosaka, E. Takagi, S. Numata. (2021) How do childhood nature experiences and negative emotions towards nature influence preferences for outdoor activity among young adults? Landscape and Urban Planning 205: https://doi.org/10.1016/j.landurbplan.2020.103971 .
・Jacobs, M. H., S. Dubois, T. Hosaka, V. Ladanovic, H. F. Mohamad Muslim, K. K Miller, S. Numata, E. Ranaweerage, T. M Straka, M. A Weston, Z. A Zainal Abidin. (2022) Exploring cultural differences in wildlife value orientations using student samples in seven nations. Biodiversity and Conservation. https://doi.org/10.1007/s10531-022-02361-5
・Numata, S., K. Yamaguchi, M. Shimizu, G. Sakurai, A. Morimoto, N. Alias, N. Z. Noor Azman, T. Hosaka, A. Satake (2022) Impacts of climate change on reproductive phenology in tropical rainforests of Southeast Asia. Communications Biology 5, 311 (2022). https://doi.org/10.1038/s42003-022-03245-8
・Jambari, A, M. Nakabayashi, S. Numata, T. Hosaka (2022) Spatio-temporal patterns in the density of active terrestrial leeches in a Malaysian rainforest. Biotropica.https://doi.org/10.1111/btp.13120
・Ngo, K. M., T. Hosaka, S. Numata. (2022) Attitudes and preferences of wildlife and their relationship with childhood nature experience amongst residents in a tropical urban city. Urban Ecosystems.https://doi.org/10.1007/s11252-022-01280-1
日本生態学会
日本森林学会
日本造園学会
都市計画学会
熱帯生物保全学会(ATBC)
・日本生態学会 キャリア支援委員
・文部科学省 科学技術・学術政策研究所 科学技術動向研究センター 専門調査員
・八王子市 環境審議会 (会長)
・多摩市 みどりと環境審議会 (会長)
・八王子市 宮嶽池整備懇談会 (座長)
・八王子市 都市計画マスタープラン改定懇談会委員
・IUCN (International Union for Conservation of Nature)委員
・WCPA (World Commission on Protected Areas)委員
・TAPAS (IUCN WCPA Tourism and Protected Areas Specialist Group)メンバー
  • 自然環境マネジメント概論Ⅱ
  • 自然環境マネジメント概論Ⅰ
  • 生態環境学
  • 観光統計解析Ⅰ
  • 生態地理学
  • 地域環境学野外実習
  • Ecology and Environment
  • 観光科学プロジェクト演習Ⅰ
  • 自然ツーリズム概論Ⅱ
  • 自然ツーリズム概論Ⅰ
  • 環境生態学Ⅱ
  • 観光分析論
  • 生態地理学
  • 自然ツーリズム学プロジェクト演習
  • 地域環境学野外実習
  • 自然・文化ツーリズム課題研究
  • 自然環境管理学
  • Nature- and culture-based tourism science Seminar Ⅰ
  • Environmental Ecology Ⅱ
  • 生態環境学特論
  • 自然環境マネジメント野外実習
  • 観光科学概論
  • 組織再編前旧課程の同時開講科目等が含まれており、掲載されている全ての科目を開講するわけではありません。

関連ニュース

すべて見る

連絡先

研究室

9-333

内線番号

内線4424

メールアドレス

nmt●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)