教員イメージ
MUROTA Shinichi
准教授

室田 信一 ムロタ シンイチ むろた しんいち

プロフィール

所属

東京都立大学人文社会学部 人間社会学科 社会福祉学教室
人文科学研究科 社会行動学専攻 社会福祉学分野

最終学歴・学位

博士(社会福祉学)

専門・研究分野

社会福祉学

研究

研究テーマ

コミュニティにおける専門職の役割と福祉政策

研究キーワード

地域福祉、コミュニティ・オーガナイジング、アクション・リサーチ、国際比較

研究イメージ
研究紹介

詳細情報

2022年
「コミュニティ・オーガナイジングに関する英語文献のレビュー」(小山宰と共著)『人文学報』518-3,3月,73-91.
「地域共生社会づくりの一環としての共生型サービス」『コミュニティケア』309号,vol. 24 No.5,4月,10-15.

2021年
「コミュニティ・オーガナイジング」日本ソーシャルワーク教育学校連盟編『ソーシャルワークの理論と方法』中央法規,2月1日,327-337.
「具体的な展開」日本ソーシャルワーク教育学校連盟編『地域福祉と包括的支援体制』中央法規,2月21日,182-197.

2020年
「共生社会づくりの根拠と実践」上野谷加代子編著『共生社会創造におけるソーシャルワークの役割−−地域福祉実践の挑戦』ミネルヴァ書房,3月31日,93-104.
「地域活動を支える住民の価値意識−−主体性概念の再検討を通して」(小山宰と共著)『人文学報』No.516-3,3月,1-23.
「地域共生社会の光と影」『季刊福祉労働』169号,12月25日,10-19.

2019年
「コミュニティ・オーガナイザー配置政策とその評価−−イギリスの政策を参考に」『人文学報』No.515,3月29日,55-66.
「アメリカにおける地域福祉の展開」上野谷加代子・松端克文・永田祐編著『新版よくわかる地域福祉』ミネルヴァ書房,4月30日,40-41.
「地域における支え合いと人財育成」市川一宏編著『人生100年時代の地域ケアシステム−−三鷹市の地域ケア実践の検証を通して』ぶんしん出版,5月,178-183.

2018年
「リーダーシップのアクションリサーチ〜コミュニティ・オーガナイジングの実践を参考に」草郷孝好編著『市民自治の育て方〜協働型アクション・リサーチの理論と実践』関西大学出版部,3月20日,117-145.
「地域福祉計画と住民参加の蓄積」日本地域福祉学会研究プロジェクト『地域共生社会の実現にむけた地域福祉の実践・理論課題』オンライン掲載,3月,59-64.
[書評]「高良麻子著『日本におけるソーシャルアクションの実践モデル−「制度からの排除」への対処』」『日本の地域福祉』第31巻,3月31日,109-111.
「地域における包括的支援体制の構築」岡部卓編著『生活困窮者自立支援−支援の考え方・制度解説・支援方法』中央法規,11月30日,175-187.
「生活困窮者自立支援における地域づくり」岡部卓編著『生活困窮者自立支援−支援の考え方・制度解説・支援方法』中央法規,11月30日,189-205.

2017年
「地域住民以上、家族未満の支え合い」『DIO』連合総研レポート,No.322,1月1日,10-13.
「社会福祉におけるソーシャルアクションの位置付け」『社会福祉研究』第129号,7月1日,23-32.
「地域包括ケアと住民活動」『ソーシャルワーク研究』vol.43 No.2(通巻170号),7月31日,24-32.
「地域共生社会とコミュニティ・オーガナイジング」『にじ』No.660(2017年秋号),9月15日,30-39.
「子ども食堂の現状とこれからの可能性」『月刊福祉』第100巻第11号,11月1日,26-31.

2016年
「教育の不利」圷洋一・金子充・室田信一著『問いからはじめる社会福祉学〜不安・不利・不信に挑む』有斐閣,1月10日,85-104.
「健康の不利」圷洋一・金子充・室田信一著『問いからはじめる社会福祉学〜不安・不利・不信に挑む』有斐閣,1月10日,105-125.
「参加の不利」圷洋一・金子充・室田信一著『問いからはじめる社会福祉学〜不安・不利・不信に挑む』有斐閣,1月10日,127-147.
「生活支援サービスと住民活動」『月刊自治研』vol.58, No. 677,2月5日,56-60.
「変革:ミクロからマクロへの戦略―実践家・利用者・住民参加による効果的な支援環境開発の方法:プログラム開発と評価を中心に―」(副田あけみ,山野則子,田尾有樹子,木村容子と共著)『ソーシャルワーク学会誌』32号,6月,53-82.
「子どもの孤独感を埋めるみんなの居場所−「子ども食堂」の広がり」『児童心理』70巻19号,12月5日,89-93.

2015年
[翻訳]「住宅」埋橋孝文・矢野裕俊監訳『イギリス社会政策講義』ミネルヴァ書房,2月10日,277-299.
[翻訳]「世界の中のイギリス」(一部、田中弘美訳)埋橋孝文・矢野裕俊監訳『イギリス社会政策講義』ミネルヴァ書房,2月10日,301-321.
「調査概要と分析の枠組み」(斉藤弥生・所めぐみと共著)上野谷加代子・斉藤弥生編著『福祉ガバナンスとソーシャルワーク』ミネルヴァ書房,2月28日,88-116.
「調査結果と各国の比較」(斉藤弥生・所めぐみ・羅珉京と共著)上野谷加代子・斉藤弥生編著『福祉ガバナンスとソーシャルワーク』ミネルヴァ書房,2月28日,117-182.
[洋書掘り出しコーナー]「Corey S. Shdaimah, et. al.著 “Change Research: A Case Study on Collaborative Methods for Social Workers and Advocates,” Columbia University Press」『ソーシャルワーク研究』vol. 41 No.1,4月30日,80-84.
[書評]「山田宣廣著『住民主導の地域福祉理論』」『福祉社会学研究』12,5月20日,101-104.
「地域のセーフティネットの構築」岡部卓編著『生活困窮者自立支援ハンドブック』中央法規,6月30日,103-117.
「アメリカ」埋橋孝文・矢野裕俊編著『子どもの貧困/不利/困難を考えるⅠー理論的アプローチと各国の取組み』ミネルヴァ書房,8月10日,169-188.
「現場力を地域包括ケアにつなぐために」(座談会:石黒みどり・石川貴美子・大澤由香・橋本敦士・杉浦敦子・井上信宏)『月刊自治研』vol. 57, No. 673,10月5日,16-25.
「地域包括ケアシステムの〈ロジック〉を考える」『月刊自治研』vol.57, No. 674,11月5日,50-58.

2014年
「大阪における2つのコミュニティソーシャルワーク事業」大阪市政調査会編『自治体セーフティネットー地域と自治体ができること』公人社,1月30日,125-150.
「社会的包摂と福祉教育・ボランティア学習」(シンポジウム:津田英二,野尻紀恵,上野谷加代子)『ふくしと教育』16号,2月1日,4−9.
「地域福祉コーディネーター」『社会福祉学習双書』編集委員会編『地域福祉論』全国社会福祉協議会,3月19日,98-105.
「コンフリクトを取り上げた福祉教育の実践は?」上野谷加代子・原田正樹監修『新 福祉教育実践ハンドブック』全国社会福祉協議会,3月25日,110-111.
[書評]「仁科伸子著『包括的コミュニティ開発ー現代アメリカにおけるコミュニティ・ケア』」『日本労働研究雑誌』No. 647,5月25日,85-88.
[書評]「朴姫淑著『地方自治体の福祉ガバナンス』」『週刊社会保障』No. 2777,5月26日,62.
「社会的排除に対するコミュニティソーシャルワークと福祉教育」『日本福祉教育・ボランティア学習学会研究紀要』vol. 23,7月30日,36−45.
「無縁社会に立ち向かうソーシャルワーク」(座談会:中島修,浦田愛,牧里毎治)『ソーシャルワーク研究』vol.40 No. 2,7月31日,16-34.
「日本におけるコミュニティソーシャルワークの現状と課題」『月刊福祉』97巻10号,8月1日,30−34.
「コミュニティ・オーガナイジング・ジャパンの発足とその実践」『同志社社会福祉学』第28号,12月13日,144-154.

2013年
「アメリカの社会福祉教育とマクロ実践のコンピテンシー」『人文学報』No. 469,3月29日,309-336.
「地域社会の捉え方」吉田忠彦・守本友美編『ボランティアの今を考える』ミネルヴァ書房,5月30日,57-70.
「手元のデータを事業の評価と政策に結びつける―実践者と研究者のチームプレイ」笠原千絵・永田祐編『地域の〈実践〉を変える社会福祉調査入門』春秋社,10月30日,215-237.
[書評]「永田祐著『住民と創る地域包括ケアシステムー名張式自治とケアをつなぐ総合相談の展開』」『同志社社会福祉学』第27号,12月14日,137-140.
Association for Community Organization and Social Administration(ACOSA)
日本地域福祉学会
日本社会福祉学会
福祉社会学会
社会政策学会
日本福祉教育・ボランティア学習学会
同志社社会福祉学会
寝屋川市民たすけあいの会,外部理事
三島コミュニティ・アクションネットワーク,監事
調布市社会福祉協議会,調布市地域福祉活動支援事業検討評価委員会,委員
調布市生活支援体制整備事業,アドバイザー
東京都立大学ボランティアセンター,アドバイザー
多摩市地域福祉計画推進委員会,副委員長
内閣府子供の未来応援基金事業審査委員会,委員
日本社会福祉学会,理事(財務担当)
東京都社会福祉審議会,委員
東京都地域福祉支援計画推進委員会,委員
  • 社会福祉援助技術論Ⅰ
  • ソーシャルワーク論Ⅰ
  • 社会福祉援助技術論Ⅰ
  • 地域福祉論
  • (カ)社会福祉援助技術演習Ⅰ
  • (カ)ソーシャルワーク演習Ⅰ
  • (カ)社会福祉援助技術演習Ⅱ
  • (カ)ソーシャルワーク演習Ⅱ
  • (カ)社会福祉援助技術演習Ⅴ
  • (カ)ソーシャルワーク演習Ⅴ
  • (カ)ソーシャルワーク実習Ⅰ
  • (カ)相談援助実習指導Ⅰ
  • (カ)ソーシャルワーク実習指導Ⅰ
  • (カ)相談援助実習指導Ⅱ
  • (カ)相談援助実習指導Ⅲ
  • 人間社会学科の研究方法
  • 地域福祉論
  • (カ)社会福祉援助技術演習Ⅰ
  • (カ)社会福祉援助技術演習Ⅱ
  • (カ)社会福祉援助技術演習Ⅴ
  • (カ)相談援助実習指導Ⅱ
  • (カ)相談援助実習指導Ⅲ
  • 社会福祉援助論研究Ⅰ
  • 社会福祉援助論特論Ⅰ
  • 社会福祉援助論研究Ⅱ
  • 社会福祉援助論特論Ⅱ
  • 研究室インターンシップ(超高齢社会)
  • 研究室インターンシップ(超高齢社会)
  • 超高齢社会特別講義
  • ボランティアとリーダーシップ
  • 組織再編前旧課程の同時開講科目等が含まれており、掲載されている全ての科目を開講するわけではありません。

連絡先

研究室

5号館267室

オフィスアワー

水曜日、木曜日 午後12時~午後1時

内線番号

内線1333

メールアドレス

shin1●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)