KOSHI Tomohiko
准教授

越 朋彦 コシ トモヒコ こし ともひこ

プロフィール

所属

東京都立大学人文社会学部 人文学科 英語圏文化論教室
人文科学研究科 文化関係論専攻 英語文化論分野

最終学歴・学位

PhD

専門・研究分野

17世紀イギリス文学

研究

研究テーマ

・初期近代における印刷文化/手稿文化と文学テクストの関連
・トマス・トラハーン(Thomas Traherne)の作品
・イギリス文学における「子ども」の表象

研究キーワード

17世紀イギリス文学、初期近代手稿文化、トマス・トラハーン、子ども表象

詳細情報

越朋彦「「排斥」の論理による子どもらしさの構築ーードリス・レッシング『破壊者ベンの誕生』論」(2022)『人文学報』No. 518-13, pp. 13-24.

越朋彦「「ロマン派的子ども像」の解体ーーイアン・マキューアン『セメント・ガーデン』論」(2022)『人文学報』No. 518-13, pp.1-12.

Tomohiko Koshi, "The Teacher in Print: the "I" of Thomas Traherne's Christian Ethicks" (2020) 『人文学報』No. 516-13, pp.1-24.

マークマン・エリス、リチャード・コールトン、マシュー・メージャー『紅茶の帝国――世界を征服したアジアの葉』越朋彦訳、研究社、2019年。

Tomohiko Koshi, "The Communicative Rhetoric of Thomas Traherne's Select Meditations" (2019),『人文学報』No.515-13, pp.15-36.

越朋彦「トマス・トラハーン『隠遁生活への誘い』とイーヴリン=マッケンジー論争」(2018)『人文学報』514号

越朋彦「原文復元法について」(2018)『首都大学東京教職課程紀要第2集』

アドリアン・フルティガー『図説 サインとシンボル』小泉均監訳、 越朋彦訳、研究社、2015年。

越朋彦「少年たちの悪と堕落――ウィリアム・ゴールディング『蠅の王』を読む」(2015) アウリオン叢書15号『文学と悪』白百合女子大学言語・文学研究センター編

越朋彦「トマス・トラハーンの作品における幼年期の観念(1)ドーベル詩篇を中心に」(2013)『人文学報』479号

越朋彦「異人たちの島――David MitchellのThe Thousand Autumns of Jacob de Zoetにおける<異>なるものをめぐる一考察」(2011)『人文学報』449号

黒澤政子・岩附由香・越朋彦・小林章夫「シンポジウム:学生から社会人へ――それぞれの道」(2010)『ソフィア』233号

越朋彦「サー・フィリップ・シドニー『アストロフィルとステラ』における<解釈>をめぐる問題」(2010)『人文学報』434号

越朋彦(編)「ブルース・チャトウィン年譜」(2010)『老いぼれグリンゴ/パタゴニア』pp. i-vi)

Tomohiko Koshi,“Didactic Rhetoric in Thomas Traherne’s Dobell Sequence”(2009) Metropolitan 53

越朋彦「イギリス大衆紙の言語」(2008)『英語青年』第1920号

越朋彦「Thomas Traherneと手稿文化」(2008)『英語青年』第1917号

越朋彦「“What is writ by hand we reverence more”――Peter Bealの仕事」(2008)『英語青年』第1914号

越朋彦(編)「E.M. フォースター年譜」(2008)(『ハワーズ・エンド』pp. i-vi)

越朋彦「写本メディア論の古典――Harold Loveを偲んで」(2008)『英語青年』第1911号

越朋彦「トマス・トラハーンと写本文化――初期近代写本文化研究のために」(2008)『ソフィア』56巻

越朋彦(編注)『イギリスの新聞を読む――大衆紙から高級紙まで』(2007)

越朋彦「タブロイド・リーディング」『NHK 英語でしゃべらナイト別冊シリーズ できる人の英語勉強法』(2007)

越朋彦「ページ上のふたつの声――トマス・トラハーンのInducements to Retirednessにおけるマージナリアを読む」(2007)

Cedric Brown and Tomohiko Koshi, "Editing the Remains of Thomas Traherne" (2006) Review of English Studies

Tomohiko Koshi, "Some Notes on Collaborative Interventions in Traherne MSS" (2006) Metropolitan 50

Tomohiko Koshi,“The Rhetoric of Instruction, and Manuscript and Print Culture in the Devotional Works of Thomas Traherne”(2004) PhD Thesis, The University of
Reading

Tomohiko Koshi,“The Textual Construction of the ‘I’ and the Communicative Rhetoric in Thomas Traherne’s Centuries of Meditations”(2004) Metropolitan 48

Tomohiko Koshi, "The Surface and the Mask: An Essay on Evelyn Waugh's Surface-Tendency" (1999) New Perspective 169

Tomohiko Koshi, "Caught in the Limbo: A Study of Angela Carter's The Magic Toyshop" (1997) Metropolitan 41

[科研費]
「現代イギリス小説における子どもの表象に関する研究」
2021年度~2023年度
基盤研究C

「トマス・トラハーンと初期近代の手稿文化 」
2011年度〜2012年度
若手研究(B)
  • 実践英語IIa(207)
  • 実践英語IIb(207)
  • 実践英語IIa(307)
  • 実践英語IIb(307)
  • 英語圏文化論A
  • 英語圏文学演習<107>
  • 英語圏文学演習<108>
  • 英語圏文化論A
  • 英語圏文学演習
  • 英語圏文学演習
  • 英語圏文学論研究<103>
  • 英語圏文学論研究<104>
  • 英語圏文学論特論
  • 英語圏文学論特論
  • 英語圏の文化

連絡先

研究室

5号館450号室

オフィスアワー

オフィスアワーは特に設定しませんが、直接質問したい場合は随時受付しますので、事前にtkoshi@tmu.ac.jpまでメールし、アポイントメントをとってください。

メールアドレス

tkoshi●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)