本文へ移動します

倉田 陽平

氏 名倉田 陽平クラタ ヨウヘイくらた ようへい 
職 位准教授
所 属首都大学東京都市環境学部 観光科学科
都市環境科学研究科 観光科学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース
都市環境科学研究科 観光科学域
 
専門・研究分野観光情報学・空間情報工学
最終学歴・学位米国Ph.D. (空間情報理工学)
研究テーマ- 人々の非日常空間での行動を情報技術によって支援すること
- 人々の空間的知識の交流を情報技術を用いて活性化させること
- 上の二つにより人々の行動範囲を広げ,豊かなものにすること
研究キーワード旅行プラン作成支援システム,参加型観光情報共有システム,空間関係モデリング, 観光行動分析,観光ゲーミフィケーション
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【主要なもののみ掲載】
倉田陽平(2016)学生企画の観光コースを「仮想ツアー」としてインターネット上で発信可能にするツール「だれでもガイド!」. 第31回日本観光研究学会全国大会, 流山, CD-ROM.
倉田陽平(2016)観光客向け「ご当地アプリ」の現況. 人工知能, 31(6), 839-843, 2016年11月.
倉田陽平(2016)Flickrの大量写真データを用いた『新たな人気スポット』の出現検出. 第25回地理情報システム学会学術大会, 東京, 2016年10月, CD-ROM.
倉田陽平(2016)大量写真データをもとにした観光地内の主要観光ルートの自動抽出の試み -ドロネー三角網の利用による再考-. 観光情報学会第13回全国大会, 和歌山, 79-80, 2016年7月.
Kurata, Y. (2016) Collecting tour plans from potential visitors: A web-based interactive tour-planner and a strategic use of its log data. Egger, R., Gula, I., Walcher, D., (Eds.) Open Tourism, Open Innovation, Crowdsourcing and Collaborative Consumption Challenging the Tourism Industry. Springer, 291-297.
倉田陽平・相尚寿・真田風・池田拓生 (2016) 地域の「仮想ツアー」を誰もが簡単に作成・発信できるツールの開発. 観光科学研究, 9, 103-108, 2016年3月.
Kurata, Y., Shinagawa, Y., Hara, T. (2015) CT-Planner5: a Computer-Aided Tour Planning Service Which Profits Both Tourists and Destinations.Workshop on Tourism Recommender Systems, RecSys15, Wien, Sep. 2015, USB-memory.
倉田陽平 (2015) ゲーミフィケーションと観光. 観光情報学会(編) 観光情報学入門, 近代科学社, 119-134.
倉田陽平 (2015) 自然ツーリズムの基礎としての情報学. 菊地俊夫・有馬貴之(編) よくわかる観光学2 自然ツーリズム学, 朝倉書店, 46-56.
倉田陽平・相尚寿・真田風(2015) 写真共有サイト投稿データを利用した新たな観光マップの構築. 観光科学研究, 8, 151-154. paper
Kurata, Y. and Hara, T.(2014) CT-Planner4: Toward a More User-Friendly Interactive Day-Tour Planner. ENTER 2014 (Information and Communication Technologies in Tourism 2014), 73-86, Dublin, Ireland, Jan. 2014.
倉田陽平(2013) あなだたけの街歩きプランを-対話的旅行プラン作成支援ツールの開発-. システム/制御/情報(システム制御情報学会誌)「システム情報技術と観光の接点」特集号, 57(8) 348-353.
矢部直人・倉田陽平(2013) 東京大都市圏におけるIC乗車券を用いた訪日外国人の観光行動分析. GIS理論と応用 21(1) 35-46.
倉田陽平(2012) 観光ポテンシャルマップ作成のための写真共有サイト投稿写真の自動選別. 観光情報学会第6回研究発表大会, 大阪府泉南郡熊取町, 2012年12月. 研究発表会優秀賞受賞
倉田陽平(2012) ジオキャッシング:現実世界に埋め込まれたゲームとその観光的要素. 情報処理 53(11), 1153-1158.
倉田陽平(2012) ジオキャッシング:無名の人々がゲームを通して発掘・拡張する観光価値. 観光と情報 8: 7-14.
倉田陽平(2012) CT-Planer 3: Web上での対話的な旅行プラン作成支援. 観光科学研究 5, 159-165.
Kurata, Y. (2012) Potential-of-Interest Maps for Mobile Tourist Information Services. ENTER 2012 (Information and Communication Technologies in Tourism 2012), 239-248, Helsingborg, Sweden.
Kurata, Y. (2011) CT-Planner2: More Flexible and Interactive Assistance for Day Tour Planning. ENTER 2011, Information and Communication Technologies in Tourism 2011, 25-37, Innsbruck, Austria, 2011年1月
倉田陽平(2010) 地理情報科学における位相的空間関係の研究と今後の課題, GIS-理論と応用 18(2) 41-51.
Kurata, Y. and Shi, H. (2009) Toward Heterogeneous Cardinal Direction Calculus. KI 2009, Lecture Notes in Artificial Intelligence 5803, 450-457.
Kurata, Y. (2008) The 9+-Intersection: A Universal Framework for Modeling Topological Relations. GIScience 2008, Lecture Notes in Computer Science 5266, 181-198.
Kurata, Y. and Egenhofer, M. (2008) The Arrow-Semantics Interpreter. Spatial Cognition and Computations, 8(4) 306-332.

詳細は↓をご覧下さい.
受 賞G空間EXPO 2015 Geoアクティビティフェスタ 最優秀賞(倉田研究室として)
G空間EXPO 2014 Geoアクティビティフェスタ 最優秀賞(倉田研究室+東京大学 原研究室として)
KI-2009(ドイツ人工知能学会) 最優秀論文賞
GIScience 2008 最優秀論文賞
メーン大学工学部 2006年度最優秀院生リサーチアシスタント
主な学会活動観光情報学会(理事)
地理情報システム学会
IFITT
情報処理学会
サービス学会
観光研究学会
社会等との関わり2015 観光庁 ICTを活用した訪日外国人観光動態調査検討委員会 委員
2014- JST RISTEX 研究開発成果実装支援プログラム
※この支援フレームのもとで、旅行プラン作成支援ツールCT-Plannerを Japan Highlights Travel (JR東海ほか), Keio Shinjuku Central Japan Travel Information Center(京王電鉄ほか), e-Tab*(ミライト), Japan Concierge(まちづくりプラットフォーム)に提供
2013- 観光情報学会 理事
2012-2014 新島村商工会 商業利便度調査研究事業(受託研究)
2010-2013 日本科学技術振興機構(JST) 問題解決型サービス科学研究開発プログラム(東大・JTBとの共同研究)
2010-2011 観光庁 観光経営マネジメント教育推進のための産学共同研究及びケース教材作成(JR東日本との共同研究)
2010- GIS Day in 東京 講師(毎年実施の市民講座)
個人のURL
担当科目
  • Tourism theories and practice
  • 観光地理情報学特論
  • 観光情報学特論
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅰ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅲ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅳ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅴ
  • 自然・文化ツーリズム特別研究Ⅵ
  • Tourism theories and practice
オフィスアワー原則として木曜3限(メールで確認のこと)
研究室9号館475号室
内線番号内線4365
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成30年度
researchmap
取組成果
ページトップへ