本文へ移動します

金子 新

氏 名金子 新カネコ アラタかねこ あらた 
職 位准教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 機械システム工学科
システムデザイン研究科 機械システム工学域
2018年再編前の所属
システムデザイン学部 知能機械システムコース
システムデザイン研究科 知能機械システム学域
 
専門・研究分野マイクロ・ナノ加工とその応用
最終学歴・学位東京都立大学大学院工学研究科・博士(工学)
研究テーマトランスファプリントを応用した微細構造作製とMEMS応用
微細構造による細胞の接着・成長の制御
導電性ポリマーを用いたマイクロアクチュエータ作製
表面力評価手法の開発
研究キーワードナノ・マイクロ加工,トランスファプリント,薄膜,MEMS,微細構造,表面力,細胞
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
A. Kaneko, Y. Miyazaki, T. Goto, Transfer-print of CNTs and Its Application to Cell Scaffold, International Journal ofAutomation Technology, 11, 6, (2017), 941-946.

A. Kaneko, I. Takeda, Textured Surface of Self-Assembled Particles as a Scaffold for Selective Cell Adhesion and Growth ,International Journal of Automation Technology, Vol. 10, (2016) 62-68.

A. Kaneko, I. Takeda, Textured Surface of Self-Assembled Particles as a Scaffold for Selective CellAdhesion and Growth, International Journal of Automation Technology, 10, 1 (2016) 62-68.

I. Takeda, M. Kawanabe, A. Kaneko, An investigation of cell adhesion and growth on micro/nano-scalestructured surface -Self-assembled micro particles as a scaffold, Precision Engineering, 43 (2016) 294-298.

I. Takeda, M. Kawanabe, A. Kaneko, Autonomous Patterning of Cells on Microstructured Fine Particles,Materials Science and Engineering C, 50, (2015), 173-178.

村上大宙, 吉野健作, 金子新, トランスファプリントを応用した微小機械要素作製に関する研究, 精密工学会誌,81, 4, (2015), 344-348.

A. Kaneko, H. Murakami, T. Yamashita, Effect of Surface Property on Transfer-Print of Au Thin-Film onMicro-Structured Substrate, International Journal of Automation Technology, 9, 4, (2015), 411-417.
受 賞平成20年3月 精密工学会沼田記念論文賞
主な学会活動精密工学会,応用物理学会,日本機械学会,トライボロジー学会
社会等との関わり
個人のURL
担当科目
  • ものづくり機械工学
  • 生体機械概論
  • 材料と先端加工
  • 加工工学演習
  • 知能機械システム応用実験
  • ものづくり機械工学
  • インターンシップ(IMS)1
  • インターンシップ(IMS)2
  • 知能機械システム工場見学1
  • 知能機械システム特別研究1
  • 知能機械システムゼミナール
  • 知能機械システム工場見学2
  • 知能機械システム特別研究2
  • 知能機械システム基礎実験
  • 表面の構造と制御
  • 表面構造材料特論
オフィスアワー質問がある場合にはメール(kaneko-arata@tmu.ac.jp)にて随時受け付けます.
研究室1号館255号室
内線番号内線
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ