教員イメージ
KUREISHI Wataru
教授

暮石 渉 クレイシ ワタル くれいし わたる

プロフィール

所属

東京都立大学経済経営学部 経済経営学科 経済学コース・経営学コース
経営学研究科 経営学専攻

最終学歴・学位

大阪大学 博士(経済学)

専門・研究分野

応用計量経済学

研究

研究テーマ

・日本の子どもの質と量のトレードオフを検証し、学力競争がトレードオフに影響するかどうかを調べている。子どもの教育の質の指標として、子どもが通う高校偏差値に着目し、親の社会経済的属性や塾や家庭教師の利用との関連を分析している。

・東日本大震災を自然実験として、経済状況の悪化が婚姻関係の解消や世帯内再配分に与える影響を調べている。より強いショックを強く受けた夫婦ほど離婚しにくく、妻から夫への世帯内再配分がみられており、背後にあるメカニズムの解明を行っている。

研究キーワード

家族の経済学(子育て・教育、女性就労、出産)、貯蓄と時間選好、介護・医療、社会保障

詳細情報

Publications (Refereed, in English)
Sakata, Kei, Colin McKenzie, Wataru Kureishi, and Midori Wakabayashi "Birth Order, Gender, and the Parental Investment Gap Among Children" forthcoming in The Singapore Economic Review.

Kureishi, Wataru, et al. "Time preferences over the life cycle and household saving puzzles." Journal of Monetary Economics 124 (2021): 123-139. with Hannah Paule-Paludkiewicz, Hitoshi Tsujiyama, Midori Wakabayashi

Kureishi, Wataru, et al. "Does a Mother's Early Return to Work after Childbirth Improve Her Future Employment Status?." Asian Economic Journal 35.3 (2021): 215-245. with Colin McKenzie, Kei Sakata, Midori Wakabayashi

Kureishi, Wataru, and Midori Wakabayashi. "COMMITMENT DEVICES IN MARRIAGE FOR SAVINGS: EVIDENCE FROM JAPAN." The Singapore Economic Review (2019): 1950038.

Wakabayashi, Midori, and Wataru Kureishi. "Differences in the effects of informal family caregiving on health and life satisfaction between wives and husbands as caregivers." Review of Development Economics 22.3 (2018): 1063-1080.

Kureishi, Wataru, and Midori Wakabayashi. "What motivates single women to save? The case of Japan." Review of Economics of the Household 11.4 (2013): 681-704.

Kureishi, Wataru, and Keiko Yoshida. "Does viewing television affect the academic performance of children?." Social Science Japan Journal 16.1 (2013): 87-105.

Kureishi, Wataru, and Midori Wakabayashi. "Son preference in Japan." Journal of Population Economics 24.3 (2011): 873-893.

Kureishi, Wataru, and Midori Wakabayashi. "Why do first-born children live together with parents?." Japan and the World Economy 22.3 (2010): 159-172.

Kureishi, Wataru. "Partial vaccination programs and the eradication of infectious diseases." Economics Bulletin 29.4 (2009): 2758-2769.

Kureishi, Wataru, and Midori Wakabayashi. "Taxing the stork." National Tax Journal 61.2 (2008): 167-187.

Kureishi, Wataru, and Ken Tabata. "Migration, medical aid and welfare." Australian Economic Papers 46.4 (2007): 329-347.

Kureishi, Wataru, and Hideki Mizukami. "Equal probability for the best and the assignment of identical indivisible objects." Economics Bulletin 4.8 (2007): 1-10.



Publications (in Japanese)
暮石渉. "借り入れ制約とお金の援助で頼る人:『生活と支え合いに関する調査 (2017 年)』 を使って (特集 人々の生活実態・困難の多面的分析)." 社会保障研究 4.3 (2019): 287-299.

暮石渉, 藤間公太, 黒田有志弥, 西村幸満, 泉田信行."「生活と支え合いに関する調査」 結果の概要について" 厚生の指標 65.13 (2018), 46-51

暮石渉, and 若林緑. "子どものいる世帯の貧困の持続性の検証 (特集 小さな世帯の増加と社会保障)." 社会保障研究 2.1 (2017): 90-106.

若林緑, and 暮石渉. "家族介護は介護者の健康を悪化させるのか?: 配偶者の親の要介護度を操作変数に使って (特集 データ分析から見る家計行動の変化)." 個人金融 11.1 (2016): 56-65.

暮石渉. "国民年金の未加入・未納と社会的つながり (特集 所得保障と 2025 年: ここ四半世紀の社会・経済の変化と少子高齢化の影響の考察)." 社会保障研究, 1.2 (2016): 308-322.

暮石渉 and 殷婷. "退職後の消費支出の低下についての一考察 (特集 リタイアメント)." 家計経済研究 105 (2015), 13-25

暮石渉. "退職者における予期しない出来事が生活水準と暮らし向きに与える影響 (特集 人々の暮らしと共助・自助・公助の実態--「社会保障実態調査」 を使った分析)." 季刊社会保障研究 46.4 (2011): 368-381.



著書分担執筆
「いざという時のお金の援助で頼る人の存在と支出の変化:氷河期世代に注目して」、田辺国昭監修 西村幸満 監修 国立社会保障・人口問題研究所 編『生活不安の実態と社会保障 新しいセーフティーネットの構築に向けて』(2022年04月)第4章 

「乳幼児のいる世帯の貧困について」、若林緑と共著、法政大学比較経済研究所 濱秋純哉 編『法政大学比較経済研究所 研究シリーズ34 少子高齢社会における世代間移転と家族』(2020年3月)、第5章

「独身女性は予備的貯蓄をなぜ積み増すのか」、若林緑と共著、井堀利宏・金子能宏・野口晴子編『新たなリスクと社会保障 生涯を通じた支援策の構築』(2012年)、149-167

「早期退職と生活水準」、西村周三監修 国立社会保障・人口問題研究所編『日本社会の生活不安 自助・共助・公助の新たなかたち』 (2012年)、127-153



Working Papers
The Quantity-Quality Trade-Off for Japanese Children(with コリン・マッケンジー氏、坂田圭氏、若林緑氏、日本経済学会2022春にて報告)
大阪大学社会経済研究所・森口賞入選(第5回2002年度)
  • 計量経済学1
  • 計量経済学2
  • 演習(暮石)
  • 演習(暮石)
  • 計量経済学1
  • 計量経済学2
  • 演習(暮石)
  • 演習(暮石)
  • 経済学特別演習(計量経済学)
  • ミクロ計量経済学
  • 研究指導(暮石)
  • 研究指導(暮石)
  • 計量経済学特殊研究
  • 計量経済学特殊演習
  • 計量経済学特別研究
  • 計量経済学特別演習
  • 特別研究(暮石)
  • 特別研究(暮石)
  • 統計学Ⅰ
  • 組織再編前旧課程の同時開講科目等が含まれており、掲載されている全ての科目を開講するわけではありません。

連絡先

研究室

南大沢キャンパス3号館226号室

オフィスアワー

特に設定していません。メール等で予約してください。

メールアドレス

kureishi-wataru●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)