本文へ移動します

稲垣 佑亮

氏 名稲垣 佑亮イナガキ ユウスケいながき ゆうすけ 
職 位助教
所 属首都大学東京都市環境学部 環境応用化学科
都市環境科学研究科 環境応用化学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 分子応用化学コース
都市環境科学研究科 分子応用化学域
 
専門・研究分野構造有機化学 合成化学 
最終学歴・学位筑波大学 数理物質科学研究科 化学専攻 ・ 博士(理学)
研究テーマ環境調和社会を目指した
新規有機典型元素化合物の設計、合成、性質
研究キーワード有機、合成、ケイ素
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Y. Inagaki, K. Yamaguchi, W. Setaka,
A crystalline molecular gyrotop with germanium junctions between a phenylene rotor and alkyl spokes
RSC Adv., 4, 58624-58630 (2014). doi:10.1039/C4RA11705K
受 賞
主な学会活動日本化学会
ケイ素化学協会
社会等との関わり2014年度 首都大学東京「1日体験化学教室」実験補助、オープンキャンパス補助、学会ポスター賞審査員

2015年度 首都大学東京「1日体験化学教室」実験補助、オープンキャンパス補助、学会ポスター賞審査員

2016年度 首都大学東京「1日体験化学教室」補助、オープンキャンパス補助、招待講演、学会座長、学会運営委員
招待講演:
・第一回有機若手ワークショップ、2016年11月9-10日、京都大学理学研究科セミナーハウス
「結晶中における分子の配向制御と熱運動」
学会の座長:
・日本化学会第97春季年会(2017)、平成29年3月16日-19日、慶應義塾大学 日吉キャンパス
学会の実行委員:
・電気化学会第84回大会、2017年3月25日-27日、首都大学東京
2017年度 首都大学東京「1日体験化学教室」実験補助、学会運営補助、学会ポスター賞審査員
ポスター賞審査:
・日本化学会CSJフェスタ、2017年10月19日、船堀
・第21回ケイ素化学協会シンポジウム、2017年10月27日、宮城蔵王ロイヤルホテル
個人のURL
担当科目
  • 情報リテラシー実践I 54
  • Instrumental Techniques for Material Chemistry
  • Instrumental Techniques for Material Chemistry
オフィスアワー水曜日 午後
研究室先端物質デザイン分野 瀬高研究室
内線番号内線4957
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ