IKEDA Maho
准教授

池田 真歩 イケダ マホ いけだ まほ

プロフィール

所属

東京都立大学人文社会学部 人文学科 歴史学・考古学教室
人文科学研究科 文化基礎論専攻 歴史学・考古学分野

最終学歴・学位

博士(文学)

専門・研究分野

歴史学・日本近現代史

研究

研究テーマ

・近代日本における政党政治と中央ー地方、都市ー農村関係の交錯
・明治日本における弁護士(代言人)の誕生とその活動

研究キーワード

日本近現代史 政治史 都市史 政党 都市ー農村 中央ー地方 東京

詳細情報

著書:
・池田真歩『首都の議会:近代移行期東京の政治秩序と都市改造 』(東京大学出版会、2023年)

論文:
・池田真歩「日清戦後の政党と都市・農村 :「党勢拡張」の季節再考 」(『日本史研究』738、2024年)
・池田真歩「村長と反政党:全国町村長会長・福沢泰江の「地方自治政擁護運動」」(佐藤健太郎・荻山正浩編『公正の遍歴:近代日本の地域と国家』、吉田書店、2022年)
・Ikeda, Maho. "The First Elected Leaders in Japan’s Capital City: Former Shogunal Retainers in the Tokyo Prefectural Assembly.” Journal of Urban History, vol. 48, no. 5, 2022.
・池田真歩「成立期の近代都市と代議制」(『歴史評論』851、2021年)
・池田真歩「地方社会と明治憲法体制:官僚・政党・町村長 」(『アステイオン』90、2019年)
・池田真歩「医は仁術」のゆくえ:一九世紀東京の医師と施療」(佐藤健太郎・荻山正浩・山口道弘編『公正から問う近代日本史』、吉田書店、2019年)
・池田真歩「地方と国家の間の首都計画:市区改正取調の開始と東京府庁」(『史学雑誌』126-3、2017年)

史料編纂:
・池田真歩・袁甲幸(翻刻・編集)【資料編】翻刻「木山竹治旧蔵資料 松田道之関係文書」(『没後140年 鳥取が生んだ名知事 松田道之』、鳥取市歴史博物館、2022年)

訳書:
・ジョルダン・サンド著・池田真歩訳『東京ヴァナキュラー:モニュメントなき都市の歴史と記憶』(新曜社、2021年)
第45回サントリー学芸賞(思想・歴史部門):『首都の議会』 (2023年)
第49回藤田賞<奨励賞>:『首都の議会』(2023年)
第3回東京大学而立賞(東京大学学術成果刊行助成)(2022年)
史学会、首都圏形成史研究会、政治経済学・経済史研究会、日本史学会、Modern Japan History Association
  • 日本史学特殊講義Ⅲ<102>
  • 日本史学演習Ⅲ<105>
  • 日本史学演習Ⅲ<106>
  • 日本史学演習Ⅲ<107>
  • 日本史学演習Ⅲ<108>
  • 日本史学特殊講義Ⅲ<102>
  • 日本史学演習Ⅲ
  • 日本史学演習Ⅲ
  • 日本史学演習Ⅲ
  • 日本史学演習Ⅲ
  • 近代史研究第一<103>
  • 近代史研究演習第一<203>
  • 近代史特論第一
  • 近代史特論演習第一
  • 日本の歴史と社会・文化
  • 組織再編前旧課程の同時開講科目等が含まれており、掲載されている全ての科目を開講するわけではありません。

連絡先

メールアドレス

maho_ikeda●tmu.ac.jp
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)