本文へ移動します

大杉 覚

氏 名大杉 覚オオスギ サトルおおすぎ さとる 
職 位教授
所 属首都大学東京法学部 法学科 政治学コース
法学政治学研究科 法学政治学専攻
2018年再編前の所属
都市教養学部 法学系 政治学コース
社会科学研究科 法学政治学専攻
 
専門・研究分野行政学、都市行政論
最終学歴・学位東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了,博士(学術)
研究テーマ大都市制度、行政組織・人事制度、自治体政策形成、地域づくり、地域コミュニティに関する研究
研究キーワードガバナンス、地方分権、大都市制度、地域自治
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
『自治体組織と人事制度の改革』(編著)東京法令,2000年
『分権型社会を創る』(共著)ぎょうせい,2001年
『行政改革の新たな潮流』(共著)東京都(政策課題ライブラリー),2001年
『現代行政管理の論点』(共著)(財)行政管理研究センター,2001年
『福祉国家のガヴァナンス』(共著)ミネルヴァ書房,2003年
『地方自治』(共著)日本放送協会学園,2004年
『日本と韓国における政治とガバナンス』(共著) 慶應義塾大学出版会,2004年
『実践まちづくり読本』(共著)公職研,2008年
『シリーズ自治体政策法務講座4 組織・人材育成』(共著)ぎょうせい,2013年
『人口減少時代の地域づくり読本』(共著)公職研、2015年
『交響する都市と農山村』(共著)農文協、2016年
『地方自治』(共著)法律文化社、2018年
受 賞1992年 第18回東京市政調査会藤田賞受賞
主な学会活動日本行政学会,日本政治学会,全国自治体学会
社会等との関わり内閣官房官民データ活用推進基本計画実行委員会オープンデータワーキンググループ構成員、総務省人材育成等専門家派遣事業アドバイザー、自治大学校市場化テスト評価委員会委員、全国知事会地方自治先進政策センター頭脳センター専門委員、(公財)特別区協議会特別区制度懇談会委員、(一財)地域総合整備財団公民連携実務研究会委員、(一財)自治研修協会地方創生の時代における地域コミュニティの担い手育成等に関する研究会委員・座長、横浜市大都市自治研究会委員、中央区情報公開・個人情報保護審査会会長、中央区行政不服審査会会長、日本商工会議所規制・制度改革専門委員会委員、吉川市総合戦略審議会会長、住田町総合計画・住田町人口ビジョン・住田町総合戦略推進委員会委員長、(一財)日本都市センター都市自治体における人工知能の利活用に関する研究会委員・委員長、(一財)日本都市センターアドバイザー会議委員、(一財)地方自治研究機構市区町村におけるAIを活用した業務効率化等に関する調査研究研究会委員・副委員長
個人のURL
担当科目
  • 都市行政論
  • 法律学政治学演習(地方自治の基礎)
  • 法律学政治学演習(地域づくり政策)
  • 都市行政論
  • 法律学政治学演習(地方自治の基礎)
  • 法律学政治学演習(地域づくり政策)
  • 行政学特殊研究Ⅰ
  • 行政学特殊研究Ⅱ
  • 行政学特殊研究Ⅱ
  • 行政学特殊研究Ⅰ
  • 行政学特殊研究Ⅱ
  • 行政学特殊研究Ⅱ
  • 政治学特別演習
  • 政治学特別演習
  • 行政学特殊研究Ⅰ
  • 行政学特殊研究Ⅰ
  • 行政学特殊研究Ⅰ
  • 行政学特殊研究Ⅱ
  • 行政学特殊研究Ⅱ
  • 行政学特殊研究Ⅰ
  • 行政学特殊研究Ⅱ
  • 行政学特殊研究Ⅱ
  • 政治学特別演習
  • 政治学特別演習
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成30年度
researchmap
取組成果
ページトップへ