本文へ移動します

板倉 孝信

氏 名板倉 孝信イタクラ タカノブいたくら たかのぶ 
職 位准教授
所 属東京都立大学大学教育センター
 
専門・研究分野西洋政治史(近代英国政治財政史)
最終学歴・学位早稲田大学 大学院政治学研究科 政治学コース 博士後期課程 満期退学
博士(政治学)[早稲田大学/甲第5500号]
研究テーマ学部ゼミ時代より一貫して、18世紀末葉~19世紀初頭の英国政治史を財政的な側面から研究してきました。特に「長い18世紀」(1688~1815年)にフランスと第二次百年戦争を展開した英国が、「遅い19世紀」(1815~1914年)には一転して、欧州協調に基づく現状維持を重視した背景に関心を抱いています。博士論文では、英国の対外政策が大きく転換した要因を反革命戦争期(1792~1815年)の戦時増税に対する納税者の不満増大に求め、その過程を丹念に追跡しました。2018年度から、主専攻である博士論文の研究を発展させつつ、副専攻として高大接続と入試改革の研究も進めています。
研究キーワード西洋史、近代史、政治史、国際関係史、イギリス史、財政史、社会史、外交史、軍事史、政治学、高大連携、入学者選抜
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
【著書】
1.板倉孝信(単著),『ポスト財政=軍事国家としての近代英国』,晃洋書房,全312ページ.2020年3月.
2.大嶋えり子・小泉勇人・茂木謙之介 編著,『遠隔でつくる人文社会学知―2020年度前期の授業実践報告―』,雷音学術出版;板倉孝信(分担)「新潟大学「歴史学 V」(全学部・全学年対象)授業実践報告」,49ページ,2020年10月.

【論文】
1.板倉孝信(単著),「パクス=ブリタニカ前半期のイギリスにおける『財政=外交ジレンマ』(1816-54年)」,早稲田大学 大学院政治学研究科(修士学位論文),2010年3月.
2.板倉孝信(単著),「カスルレーとカニングによる外相と下院指導者の兼任(1) 」,『早稲田政治公法研究』第99号,早稲田大学 大学院政治学研究科,2012年4月,43-57ページ.
3.板倉孝信(単著),「カスルレーとカニングによる外相と下院指導者の兼任(2) 」,『早稲田政治公法研究』第101号,早稲田大学 大学院政治学研究科,2013年1月,35-49ページ.
4.板倉孝信(単著),「小ピット政権初期 (1783-92年) における財政改革の再検討 (1)」,『早稲田政治公法研究』第103号,早稲田大学 大学院政治学研究科,2013年8月,25-39ページ.
5.板倉孝信(単著),「カスルレーとカニングによる外相と下院指導者の兼任(3・完)」,『早稲田政治公法研究』第105号,早稲田大学 大学院政治学研究科,2014年4月,35-50ページ.
6.板倉孝信(単著),「世紀転換期の英国における請願者としての『アッパーミドル』」,『西洋史論叢』第36号,早稲田大学史学会 西洋史部会,2014年12月,143-160ページ.
7.板倉孝信(単著),「反革命戦争前後の英国における財政請願運動の比較分析-議会における請願紹介とそれに対する主要閣僚の対応」,『早稻田政治經濟學雜誌』第388号,政治經濟學會,2015年6月,25-42ページ.
8.板倉孝信(単著),「反革命戦争終結期の英国における所得税論争―1815年論争と1816年論争の比較分析」,『敎養諸學研究』第140号,早稲田大學 政治經濟學部 教養諸學研究會,2016年3月,1-31ページ.
9.板倉孝信(単著),「英国における所得税廃止論争(1816年)の再検討―麦芽税廃止論争との関連性を中心に」,『年報政治学』2016年度・第Ⅱ号,木鐸社/日本政治学会,2016年12月,285-311ページ.
10.板倉孝信(単著),「反革命戦争中期の英国戦時財政に対する請願運動の展開」,『相関社会科学』第26号,東京大学 大学院総合文化研究科,2017年3月,35-55ページ.
11.板倉孝信(単著),「反革命戦争期の英国における財政請願運動の階層・地域的拡大」,『世界史研究論叢』第7号,世界史研究会,2017年12月,45-65ページ.
12.板倉孝信(単著),「反革命戦争期の英国における財政請願運動―戦時増税に対する納税者の不満蓄積」,早稲田大学 大学院政治学研究科(博士学位論文),2018年4月.

【学術記事】
1.板倉孝信(単著),「反革命戦争期の英国における財政=軍事政策の転換―財政請願提出者としての『アッパーミドル』の範囲規定」,『西洋近現代史研究会会報』第28号,世界史研究会,2014年7月,18-22ページ.
2.板倉孝信(単著),「バーミンガム留学記―二極化された新旧要素との邂逅」,『西洋近現代史研究会会報』第30号,世界史研究会,2016年10月,24-25ページ.
3.板倉孝信(単著),「反革命戦争期の英国における財政請願運動の階層・地域的拡大」,『西洋近現代史研究会会報』第31号,世界史研究会,2017年10月,22-25ページ.
4.板倉孝信・吉田章人・並川努・坂本信(共著・筆頭),「進学相談会の対応記録に関する傾向分析―志願者確保の改善に資する一試論」,『大学入試研究ジャーナル』第30号,大学入試センター,2020年3月,221-227ページ.
5.吉田章人・並川努・板倉孝信・坂本信(共著),「新潟大学におけるアドミッション・ポリシーの再検討」,『大学入試研究ジャーナル』第30号,大学入試センター,2020年3月,192-198ページ.
6.板倉孝信(単著),「2019年の歴史学界―回顧と展望―/近代・イギリス(後半)」,『史学雑誌』129編5号,史学会,2020年6月,340-344ページ.

【研究発表】
1.板倉孝信(単独),「小ピット政権初期(1783-92年)における財政改革の再検討」,政治経済学会 第4回研究大会,口頭発表,2013年3月.
2.板倉孝信(単独),「反革命戦争期の英国における財政=軍事政策の転換―戦時財政に対するアッパーミドルの請願提出を中心に」,社会経済史学会 関東部会 2013年度第2回研究会,口頭発表,2013年9月.
3.板倉孝信(単独),「カスルレーとカニングによる外相と下院指導者の兼任―ウィーン体制形成期の英国における財政=外交政策」,近世イギリス史研究会 2013年度例会,口頭発表,2013年10月.
4.板倉孝信(単独),「反革命戦争期の英国における財政=軍事政策の転換―財政請願提出者としてのアッパーミドルの範囲規定」,西洋近現代史研究会 2014年1月例会,口頭発表,2014年1月.
5.板倉孝信(単独),「反革命戦争前後の英国における財政請願運動の比較分析―議会における請願紹介とそれに対する主要閣僚の対応」,政治経済学会 第5回研究大会,口頭発表,2014年3月.
6.板倉孝信(単独),「反革命戦争初期の英国における戦時財政と請願運動―国債危機の発生と戦時所得税の導入」,社会経済史学会 第83回全国大会,口頭発表,2014年5月.
7.板倉孝信(単独),「英国における百日天下の戦費調達と戦時所得税の廃止」, 第64回日本西洋史学会大会,ポスター発表,2014年6月.
8.板倉孝信(単独),「反革命戦争中期の英国戦時財政に対する請願運動の展開」,日本政治学会 2014年度研究大会,口頭発表,2014年10月.
9.板倉孝信(単独),「英国における所得税廃止論争(1816年)の再検討」,政治経済学会 第6回研究大会,口頭発表,2015年3月.
10.板倉孝信(単独),「19 世紀中葉の英国における派閥移動と保守=自由二大政党の成立過程―ジェイムズ=グレアムを中心に」,日本西洋史学会 第65回大会,口頭発表,2015年5月.
11.板倉孝信(単独),「フランス革命=ナポレオン戦争末期の英国における戦時財政と請願運動」,社会経済史学会 第84回全国大会,口頭発表,2015年5月.
12.板倉孝信(単独),「反革命戦争終結前後の英国における所得税論争―存続と廃止をめぐる与野党攻防の長期化」,政治経済学会 第7回研究大会,口頭発表,2016年3月.
13.板倉孝信(単独),「反革命戦争期の英国における納税者の増税批判―所得税帳簿から見る徴税過程の実態」,日本政治学会 2016年度研究大会,口頭発表,2016年10月.
14.板倉孝信(単独),「反革命戦争期の英国における財政請願運動の地域・階層的拡大」,西洋近現代史研究会 2017年1月例会,口頭発表,2017年1月.
15.板倉孝信(単独),「財政=軍事国家から財政=外交国家へ―Nicholas Vansittartと転換期の英国財政政策」,日本西洋史学会 第67回大会,口頭発表,2017年5月.
16.板倉孝信(単独),「反革命戦争期の英国における財政請願運動の階層・地域的拡大」,世界史研究会 2017年度合評会・総会,口頭発表,2018年3月.
17.板倉孝信(単独),「リヴァプール内閣期における英国の財政=外交ジレンマ」,2018年度 ヨーロッパ近現代史若手研究会,口頭発表,2019年3月.
18.板倉孝信・吉田章人・並川努・坂本信(共同・筆頭),「進学相談会の対応記録に関する傾向分析―志願者確保の改善に資する一試論―」,令和元年度 全国大学入学者選抜研究連絡協議会,口頭発表,2019年5月.
19.吉田章人・並川努・板倉孝信・坂本信(共同),「新潟大学におけるアドミッション・ポリシーの再検討」,令和元年度 全国大学入学者選抜研究連絡協議会,口頭発表,2019年5月.
20.板倉孝信(単独),’Why was “the first modern income tax” repealed? ? An empirical analysis on the division lists of the House of Commons in Britain during the 1810s’, 日本政治学会 2019年度研究大会,口頭発表,2019年10月.
21.板倉孝信・吉田章人・並川努・坂本信(共同・筆頭),「イギリスの大学における志願者確保対策―大学ウェブサイトから見た魅力の伝え方―」,令和二年度 全国大学入学者選抜研究連絡協議会,口頭発表,2020年6月.
22.吉田章人・並川努・板倉孝信・坂本信(共同),「高校教員に向けた入試広報活動-新潟大学の取組-」,令和二年度 全国大学入学者選抜研究連絡協議会,口頭発表,2020年6月.
23.中村武司・薩摩真介・辻本諭・石橋悠人・古谷大輔・板倉孝信(共同),「小シンポジウムⅢ 財政軍事国家論を再考する」,第70回 日本西洋史学会大会,コメント,2020年12月.
24.板倉孝信(単独),「ポスト財政=軍事国家としての近代英国」,西洋近現代史研究会 2021年9月例会・書評会,リプライ,2021年9月.
25.板倉孝信(単独),「ポスト財政=軍事国家としての近代英国―戦時増税に対する納税者の不満蓄積と請願運動」,近世イギリス史研究会 2021年度例会,口頭発表,2021年9月.
26.板倉孝信(単独),「1830年代の英国における財政=外交ジレンマの激化 」,政治経済学・経済史学会 2021年度秋季学術大会,口頭発表,2021年10月.
27.板倉孝信(単独),「1840年代の英国における財政=外交ジレンマの緩和 」,第119回 史学会大会 西洋史部会,口頭発表,2021年11月.

【競争的資金】
1.板倉孝信(代表),「18-19世紀のイギリスにおける財政=軍事政策の転換」,公益財団法人 日本法制学会 財政・金融・金融法制研究基金 研究助成金(ロ),総額30万円,2011年度.
2.板倉孝信(代表),「反革命戦争期の英国における財政=軍事政策の転換」,公益財団法人 日本法制学会 財政・金融・金融法制研究基金 研究助成金(ロ),総額25万円,2014年度.
3.板倉孝信(代表),「英国における所得税廃止論争(1816年)の再検討―請願運動の参加者分析を中心に」,早稲田大学 特定課題研究助成費 新任の教員等,総額18万円,2015年度.
4.板倉孝信(代表),「英国における所得税廃止論争(1816年)の再検討―地方都市での請願文書の作成過程」,早稲田大学 特定課題研究助成費 基礎助成,総額21万円,2016年度.
5.板倉孝信(代表),「反革命戦争期の英国における財政請願運動の展開―戦時増税に対する国民の不満蓄積」,早稲田大学 特定課題研究助成費 科研費連動型,総額57万円,2016年度.
6.板倉孝信(代表),「英国における所得税論争(1816 年)の激化 ―非納税者による所得税廃止運動への参加」,早稲田大学 特定課題研究助成費 基礎助成,総額13.7万円,2017年度.
7.板倉孝信(代表),「財政=軍事国家から財政=外交国家への軌跡―英国の内外政策リンケージと財政請願運動」,早稲田大学 特定課題研究助成費 科研費連動型,総額48万円,2017年度.
8.板倉孝信(代表),「19世紀前半の英国における財政=外交ジレンマ―債務不履行の回避と国際的優位の維持」,日本学術振興会 科学研究費 若手研究,総額325万円,2018~2020年度.
9.板倉孝信(代表),「ポスト財政=軍事国家としての近代英国」,公益財団法人 日本証券奨学財団 研究出版助成金,総額100万円,2019年度.
受 賞1.板倉孝信(代表),早稲田大学 小野梓記念奨学金(給付),2006年度.
2.板倉孝信(代表),早稲田大学 小野梓記念奨学金(給付),2007年度.
3.板倉孝信(代表),早稲田大学 若手研究者養成奨学金(給付),2010年度.
4.板倉孝信(代表),早稲田大学 若手研究者養成奨学金(給付),2011年度.
5.板倉孝信(代表),新潟大学 第7回学長賞(若手教員研究奨励),2020年度.
主な学会活動1.日本政治学会(+欧米政治研究会)
2.日本西洋史学会
3.日本財政学会
4.史学会
5.社会経済史学会(+関東部会)
6.政治経済学・経済史学会(+関東部会)
7.政治経済学会
8.早稲田大学史学会
9.現代史研究会
10.世界史研究会
11.「歴史と人間」研究会
12.西洋近現代史研究会
13.イギリス革命史研究会
14.近世イギリス史研究会
15.イギリス帝国史研究会
16.ヨーロッパ近現代史若手研究会
17.早稲田大学西洋史研究会
社会等との関わり【学会活動】
1.西洋近現代史研究会 委員,2014年6月~2018年6月.
2.世界史研究会 運営委員,2018年3月~現在.
3.歴史教科書比較調査プロジェクト 編集委員,2019年4月~現在.
4.世界史研究論叢 編集長,2021年9月~現在.

【社会活動】
1.神奈川県立小田原高等学校 先輩と語る進路学習会 出前授業講師(早稲田大学),2010年6月.
2.日本政策学生会議 国際分科会 最終論文審査員・コメンテーター(早稲田大学),2017年12月.
3.ビエント高崎 大学・短大進学ガイダンス 出前授業講師(新潟大学),2018年7月.
4.国立六大学連携事業 高校トライアル 面接試験官(新潟大学),2018年9月~2020年12月.
5.酒田東高校 最終課題研究発表会 審査員(新潟大学),2019年2月~2020年2月.
6.新潟県教育委員会 大学ガイダンスセミナーⅠ パネリスト(新潟大学),2019年8月.
7.酒田東高校 大学夏期研修 コーディネーター(新潟大学),2019年8月.
8.新潟西高校 大学体験講義 コーディネーター(新潟大学),2019年10月.
9.科学技術振興機構 女子中高生の理系進路選択支援プログラム コーディネーター(新潟大学),2019年11月~2021年3月.
10.オンライン進学相談会・入試説明会 コーディネーター(新潟大学),2020年4月~2021年3月.
11.アドミッション・センター 高大連携室 サポーター(東京都立大学),2021年4月~現在.
12.東京都立南多摩中等教育学校 探究学習論文指導 (東京都立大学),2021年6月~現在.
13.神奈川県立相模原高等学校 課題探究発表会 コメンテーター (東京都立大学),2021年7月~現在.
14.神奈川県立相模原高等学校 SSH運営指導委員会 オブザーバー (東京都立大学),2021年10月~現在.

【取材対応】
1.NSGアカデミー 新入試まるわかりセミナー 新聞取材対応(にいがた経済新聞・新潟日報),2019年10月19日.
2.新潟大学 オンライン進学相談会 テレビ取材対応(NHK新潟放送局・BSN新潟放送),2020年5月20日.
個人のURL
担当科目
  • 総合ゼミナール
オフィスアワー特になし(面会希望の方は事前にメールでご予約下さい)
研究室南大沢キャンパス 5号館112号室
内線番号内線1217
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
ページトップへ