本文へ移動します

藺牟田 洋美

氏 名藺牟田 洋美イムタ ヒロミいむた ひろみ 
職 位准教授
所 属首都大学東京健康福祉学部 作業療法学科
人間健康科学研究科 作業療法科学域
2018年再編前の所属
健康福祉学部 作業療法学科
人間健康科学研究科 作業療法科学域
 
専門・研究分野高齢者心理学・老人保健・行動科学
最終学歴・学位千葉大学大学院文学研究科1991年修了・博士(医学) 1999年9月30日取得
研究テーマライフレビューを活用した閉じこもり高齢者への心理的支援の効果と保健医療専門職への普及
高齢者の社会的孤立と居場所感の関係について
高齢者の話を聴くことによる高齢者自身および聴き手への効果
研究キーワード閉じこもり,高齢者,自己効力感,ライフレビュー,心理
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
1.閉じこもり高齢者の外出阻害要因(1) 秋田A町の社会環境阻害要因の解明と支援、第77回日本公衆衛生学会総会、2018年10月
2.閉じこもり高齢者の外出阻害要因(2)外出に対する心理的バリアの抽出、第77回日本公衆衛生学会総会、2018年10月
3.青壮年期のメタボリックシンドローム予防の自己効力感尺度の内容妥当性、第77回日本公衆衛生学会総会、2018年10月
4.大会シンポジウム5 サルコペニア・フレイルの診療ガイドからの展望 4.社会的フレイルの指標-研究者は社会的フレイルから何をみているのだろうか、第5回日本サルコペニア・フレイル学会、2018年11月 (Therapeuitic Research Vol.40, 28-30, .2019)
5.公募シンポジウム エイジレス就労の実態から高齢者の<老い方=生き方>モデルを考える、日本生命倫理学会第30回年次大会、2018年12月

看護を学ぶ人のための心理学 ヒューマン・ケアを科学する(担当:分担執筆, 範囲:第8章 ライフサイクルと心の発達④ 転換期の中年期、円熟・総括期としての高齢期)、藺牟田洋美、弘文堂 2019年2月
講座・臨床発達心理学2 臨床発達支援の専門性 第Ⅱ部 生涯発達における臨床発達支援、西本絹子・藤崎真知代編著 第9章 成人期以降における支援、藺牟田洋美(分担)、ミネルヴァ書房、2018年2月 
受 賞平成17年度日本公衆衛生学会奨励賞
主な学会活動日本心理学会 日本発達心理学会 日本健康心理学会、日本公衆衛生学会 日本老年社会科学学会 日本老年医学学会 日本保健科学学会
社会等との関わり1.【臨床発達心理士会関係:講師および副支部長】
2.【評議員・査読委員】日本老年社会科学会の論文賞評価委員・査読委員。評議員等。
3.日本公衆衛生学会認定専門家(第0232号)
4.日本保健科学学会誌の副編集長
5.【行政専門職向け研究啓発活動】訪問型短期予防サービス従事者研修の講師など。
6.【荒川区ボランティア組織運営への支援】サロン首都大学の運営のサポート。
                荒川区社会福祉協議会ボランティアサークル:傾聴グループダンボの会の運営に関するアドバイサー。
7.【住民向け講演・講義】
8.ニュース映画による回想の意義の解説および、回想法を活用した配信用コンテンツの監修。
9.毎日が発見4月号(3月28日発行)インタビュー記事掲載。
10.前川ヒトづくり財団主催の企画に専門的立場から企業経営者・人事担当者向けの講演等。
個人のURL
担当科目
  • 人間発達学
  • 社会心理学
  • 保健医療臨床心理学
  • カウンセリング論
  • 臨床心理学演習
  • 作業療法科学特別研究a
  • 老年心理行動分析学特論
  • 老年心理行動分析学特論
  • 老年心理行動分析学特論演習
  • 老年心理行動分析学特論演習
  • 作業療法科学特別研究a
  • 作業療法科学特別研究b
  • 作業療法科学特別研究b
  • 作業療法学研究法特論演習
  • 心身機能作業療法科学特論
  • 心身機能作業療法科学特論
  • 老年心理行動分析学特講
  • 老年心理行動分析学特講
  • 老年心理行動分析学特講演習
  • 老年心理行動分析学特講演習
  • 人間発達学
オフィスアワー
研究室校舎棟584号室
内線番号内線417
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況
researchmap
取組成果
ページトップへ