本文へ移動します

伊藤 史子

氏 名伊藤 史子イトウ フミコいとう ふみこ 
職 位教授
所 属東京都立大学都市環境学部 都市政策科学科
都市環境科学研究科 都市政策科学域
2018年再編前の所属
都市環境学部 建築都市コース
都市環境科学研究科 都市システム科学域
 
専門・研究分野都市・地域解析、都市計画
最終学歴・学位東京大学大学院・博士(工学)
研究テーマ都市・地域解析、都市・地域・環境の経済評価。
都市・地域の公共投資・社会資本・環境の評価や最適化に関する研究、不動産(とくに住宅や宅地)の需給に関する研究。
研究キーワード都市・地域解析、社会資本・環境の評価と最適化、不動産(住宅等)の需要と供給
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Shoko Nishio, Fumiko Ito(2019), 'Statistical validation of utility of head-mounted display projection-based experimental impression evaluation for sequential streetscapes', "Environment and Planning B: Urban Analytics and City Science".

川瀬純也 ・ 伊藤史子(2017)「配列アライメント手法を用いた時空間行動分析の有用性と課題点―既存手法のまとめとインデルペナルティの変更に着目して―」『観光と情報』Vol.13,No.1,pp.69-82.

川瀬純也・伊藤史子 ・ 倉田陽平(2016)「時空間行動を表す複数の説明変数を用いた観覧行動推定 -多摩動物公園におけるGPS調査実験をもとに- 」『GIS-理論と応用,2016』、Vol.24 N0.1,1-11.

土屋依子・伊藤史子・田頭直人・池谷知彦・馬場健司(2016)「自家用車の利用実態からみた電気自動車の地域別普及可能性-関東圏を対象としてー」『都市計画論文集』,Vol.51,No.1,46-57.

土屋依子・田頭直人・池谷和彦・馬場健司・伊藤史子(2016)「電気自動車の自宅での充電環境の確保に関する一考察」『交通工学論文集』,B48第2巻,第3号,1-10.

西尾尚子・伊藤史子(2015)「天空率およびその変化が街並みの印象に及ぼす影響について -歩行移動時の印象評価実験をもとに-」『日本建築学会計画系論文集』 vol80, No710, 907‐914.

Manabe,R.,Aiba,S and Ito,F.(2013), "Keikan-Brain,"a Device that Builds Knowledge and Consciousness about a Townscape', PROCEEDINGS OF CUPUM 2013(CD-ROM)

Tsuchiya,Y.,Ito,F.,Tagashira,N.,Baba,K and Ikeya,T.(2013), 'Analysis of Purchase Preferences for Electric Vehicles and Its Determinant Factors', "20th ITS WORLD CONGRESS TOKYO 2013", 84.

伊藤史子・藤木悦史(2013), 「街路ネットワークの複雑性と街路景観の印象評価の関連性」, 『日本都市計画学会学術研究論文集』,Vol.48-No.3,327-332.

Manabe,R.,Aiba,S and Ito,F. (2013), ' "Keikan-Brain,"a Device that Builds Knowledge and Consciousness about a Townscape', PROCEEDINGS OF CUPUM 2013(CD-ROM).

布川悠介・伊藤史子(2010), 市街地におけるグラフィティ分布の空間分析- 高円寺駅周辺を対象として-, 『日本都市計画学会学術研究論文集』,Vol.45,589-594.

鈴木綾子・伊藤史子(2010), 個人嗜好を考慮した訪問エリア選択支援システムの基礎的研究―越後妻有大地の芸術祭を題材として―, 『日本建築学会計画系論文集』,Vol.75,No651,1169-1174.

Y. Asami and T. Ishikawa eds., (2009), "New Frontiers in Urban Analysis", Taylor and Francis.First Author of Chapter 5: ‘Artificial Neural Network Model Estimation Land Use Change in the Southwestern Part of Nagareyama City’ (Fumiko Ito and Akiko Murata)

玉川英則編(2008)『コンパクトシティ再考:理論的検証から都市像の探求へ』, 学芸出版。
第7章「広域合併とコンパクトシティ―新・新潟市の区割りと区役所位置の検討」の主著者(p190-208,伊藤史子・堀川知子・中東雅樹)

岡部篤行他編著(2006), 『GISで空間分析―ソフトウエア活用術』古今書院.
受 賞日本不動産学会論文奨励賞「住宅選択行動に関する一連の解析的研究(総合題目)」 受賞(H9.5)
(社)日本不動産学会著作賞『住環境-評価方法と理論-』(東大出版) 共著者連名受賞(H14.5)
日本都市住宅学会著作賞『住環境-評価方法と理論-』(東大出版) 共著者連名受賞(H15.5)
主な学会活動建築学会、都市計画学会、地理情報システム学会、不動産学会、他
社会等との関わり八王子市まちづくり審議会委員(H19-H27)
さいたま市都市計画審議会委員(H25‐現在) 等
個人のURL
担当科目
  • GIS演習
  • 都市環境計画論
  • 都市政策科学の学び
  • 都市統計解析法
  • 実習 都市統計解析
  • 公共政策評価論Ⅱ
  • プロジェクト型総合研究
  • 卒業研究Ⅰ
  • 卒業研究Ⅱ
  • 卒業研究Ⅲ
  • 都市政策科学の現場
  • 課題別総合研究
  • GIS演習
  • 都市環境計画論
  • 都市住居論特論
  • 都市政策科学特別研究A
  • 都市政策科学特別研究B
  • 都市政策科学特別研究C
  • 都市政策科学特別研究D
  • 都市政策科学特別研究E
  • 都市政策科学特別研究F
  • GIS特別演習
  • 都市環境計画特論
  • 都市環境計画演習
  • 都市政策科学概論
  • 都市政策科学セミナーA
  • 都市政策科学セミナーB
  • 都市政策科学セミナーC
  • 都市政策科学セミナーD
  • 都市環境計画特殊研究A
  • 都市環境計画特殊研究B
  • 都市環境計画特殊研究C
  • 都市環境計画特殊研究D
  • 都市環境計画特殊研究E
  • 都市環境計画特殊研究F
  • GIS特別演習
オフィスアワー
研究室
内線番号内線
メールアドレス
研究室サイト等
取組状況平成30年度
researchmap
取組成果
ページトップへ