本文へ移動します

會田 雅樹

氏 名會田 雅樹アイダ マサキあいだ まさき 
職 位教授
所 属首都大学東京システムデザイン学部 情報科学科
システムデザイン研究科 情報科学域
2018年再編前の所属
システムデザイン学部 経営システムデザインコース
システムデザイン研究科 経営システムデザイン学域
 
専門・研究分野情報通信ネットワーク
最終学歴・学位立教大学大学院理学研究科原子物理学専攻了(理学修士)・博士(工学)(東京大学)
研究テーマ複雑システムのネットワーク科学,通信ネットワークのトラヒック制御・管理・設計・性能評価技術,通信品質測定技術,通信トラヒックによる社会構造の分析と応用.
研究キーワード通信ネットワーク,トラヒック制御,自律分散制御,社会ネットワーク分析
研究業績・著書・
論文、その他
それに準じる業績
Chisa Takano and Masaki Aida, ``Revealing of the underlying mechanism of different node centralities based on oscillation dynamics on networks,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E101-B, no. 8, pp. 1820-1832, August 2018.
Masaki Aida, Chisa Takano and Masayuki Murata, ``Oscillation model for describing network dynamics caused by asymmetric node interaction,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E101-B, no. 1, pp. 123-136, January 2018.
会田 雅樹, ``来るべき超ネットワーク化社会を支える新たなネットワーク基礎理論の胎動,'' 電子情報通信学会誌, vol. 100, no. 12, pp. 1379-1384, December 2017.
会田 雅樹, 「情報ネットワークの分散制御と階層構造」, 情報ネットワーク科学シリーズ 第3巻 (コロナ社), 2015. (単著)
村田 正幸, 成瀬 誠 編著, 「情報ネットワーク科学入門」, 情報ネットワーク科学シリーズ 第1巻 (コロナ社), 2015. (共著)
川島 幸之助 監修, 「待ち行列理論の基礎と応用」, 未来へつなぐデジタルシリーズ29 (共立出版), 2014. (共著)
Masaki Aida, ``Concept of chaos-based hierarchical network control and its application to transmission rate control,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E98-B, no. 1, pp. 135-144, January 2015.
Masaki Aida, ``Using a renormalization group to create ideal hierarchical network architecture with time scale dependency,'' IEICE Transactions on Communications, vol. E95-B, no. 5, pp. 1488-1500, May 2012.
会田 雅樹, 高野 知佐, 作元 雄輔, ``動作時間スケールの階層構造を基盤とするネットワークアーキテクチャ,'' 電子情報通信学会誌, 特集 情報爆発時代に向けた新たな通信技術-限界打破への挑戦-, vol. 94, no. 5, pp. 401-406, May 2011.
Masaki Aida and Hideyuki Koto, ``Structure and dynamics of social networks revealed by data analysis of actual communication services,'' Book Chapter in Handbook of Social Network Technologies and Applications, Borko Furht (Ed.), Chapter 2, Springer, pp. 23-43, November 2010.
会田 雅樹, 高野 知佐, 小頭 秀行, 中村 元, ``異なる通信サービスのデータを相補的に利用した社会ネットワークの構造分析,'' 電子情報通信学会論文誌 B, vol. J93-B, no. 10, pp. 1430-1444, October 2010.
Masaki Aida, Naoto Miyoshi and Keisuke Ishibashi, ``A change-of-measure approach to per-flow delay measurement systems combining passive and active methods: On the mathematical formulation of CoMPACT monitor,'' IEEE Transactions on Information Theory, vol. 54, no. 11, pp. 4966-4979, November 2008.
Masaki Aida, Chisa Takano and Shunichi Osawa, ``Minimum underflow routing for stream-type communication services,'' Journal of the Operations Research Society of Japan, vol. 50, no. 4, pp. 428-443, December 2007.
受 賞電子情報通信学会 第17回ネットワークシステム研究賞(2018年3月1日)
電子情報通信学会 創立100周年記念懸賞論文 優秀賞(2017年9月15日)
電子情報通信学会 第11回通信ソサイエティ論文賞 (Best Paper Award)(2016年5月13日)
電子情報通信学会 通信ソサイエティ功労顕彰状(2015年9月9日)
電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞(2014年9月24日)
日本学術振興会 平成25年度科研費審査員表彰(2013年10月31日)
電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞(2013年9月18日)
電子情報通信学会 2012年度インターネットアーキテクチャ研究賞(2013年6月20日)
電子情報通信学会 第8回通信ソサイエティ論文賞 (Best Tutorial Paper Award)(2013年5月14日)
電子情報通信学会 第19回情報ネットワーク研究賞(2013年3月6日)
電子情報通信学会 第18回情報ネットワーク研究賞(2012年3月7日)
IEEE INCoS-2011 Certificate of Appreciation(2011年12月2日)
電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労感謝状(2011年9月14日)
IEEE ISADS 2011 Certificate of Appreciation(2011年3月23日)
電子情報通信学会 第10回ネットワークシステム研究賞(2011年3月2日)
電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労感謝状(2009年9月16日)
主な学会活動電子情報通信学会 情報ネットワーク科学時限研究専門委員会 委員長(2013年5月~2015年5月)
電子情報通信学会 通信ソサイエティ 副編集長(2012年5月~2014年5月)
電子情報通信学会 情報ネットワーク科学時限研究専門委員会 副委員長(2011年7月~2013年3月)
電子情報通信学会 通信行動工学時限研究専門委員会 専門委員(2011年4月~現在)
IEICE Transactions on Communications, Editor (編集副委員長) (2009年5月~2011年5月)
電子情報通信学会 情報ネットワーク研究専門委員会 専門委員(2002年5月~現在)
社会等との関わり放送大学 非常勤講師(2018年4月~現在)
広島市立大学大学院 非常勤講師(2010年4月~2012年3月)
早稲田大学 非常勤講師(2006年4月~現在)
株式会社情報工房 顧問(2006年4月~2008年3月)
個人のURL
担当科目
  • 基礎ゼミナール
  • プログラミング基礎演習Ⅰ(情報科学科)
  • 情報数学Ⅰ(情報科学科)
  • 情報数学Ⅰ(電子情報システム工学科)
  • 情報通信数学第一
  • プログラミング基礎第一
  • 社会システム工学概論
  • 経営システム実験III
  • 経営システムデザインプログラミング実習II
  • 通信トラヒック論
  • 社会情報ネットワーク論
  • 社会情報ネットワーク論演習
  • 情報ネットワーク科学特論
  • 情報ネットワークデザイン特論
  • 社会システム工学特別講義
オフィスアワー事前にメールで連絡して日時を調整すること.空いていればいつでも歓迎です.気軽にどうぞ.
研究室1号館226号室
内線番号内線8627
メールアドレス変換画像
(メールを送信される場合は●を@に変換してください)
研究室サイト等
取組状況平成29年度
researchmap
取組成果
ページトップへ